Avbobk1fi1rljjwejpwr

大阪

CATEGORY | 大阪

十三の色々なおすすめ5選【2018年度版】~スポットやグルメ~

2018.09.01

十三は大阪梅田を出た阪急の電車が、神戸方面・宝塚方面・京都方面に分かれる交通の要衝です。その十三駅周辺のおすすめの観光スポットやグルメスポットをご紹介します。十三は、B級グルメに恵まれたところで、おすすめのB級グルメディナーもご紹介します。

  1. 十三のおすすめスポット1 「十三渡し跡」
  2. 十三のおすすめスポット2 「トミーワイキャンドル」
  3. 十三のおすすめスポット3 「十三くま」
  4. 十三のおすすめスポット4 「やまもと本店」
  5. 十三のおすすめスポット5 「大衆酒場十三屋」
  6. 素通りするのはもったいない!十三に行こう

観光スポット 十三渡し跡

引用: https://pbs.twimg.com/media/C0HcXFYUsAEoJ_2.jpg
現在の十三は、梅田を出た電車が数分で到着する梅田のすぐ隣にある繁華な街です。江戸時代以前の十三は、距離こそ変わらないものの、淀川という越えなければならない川の対岸にある街でした。淀川に橋が架かったのは、1878年(明治11年)のことで、それ以前は川舟で川を渡っていました。ここでご紹介します「十三渡し跡」は、当時の渡し舟の十三側の乗り場だったところです。対岸の中津側の渡し舟の乗り場は、淀川の拡張工事のため現在は残されていません。そのため「十三渡し跡」は歴史を留める史跡として貴重な観光スポットで、十三という街を理解するために訪れてもらいたいおすすめしたいスポットです。

基本情報

施設名称:十三渡し跡
所在地:大阪府大阪市淀川区新北野1
電話番号:(大阪観光案内所)06-6345-2189
営業時間:見学自由
休業日:無休

観光体験スポット トミーワイキャンドル

キャンドルとはご存知のように、ろうそくのことです。古くから実用的に使われていた日本のろうそくも英訳するとキャンドルになりますが、キャンドルといえばおしゃれでアロマセラピーの香具の一つとして使用されるものや、ガラスの器に入れられ光の演出などに使用されるものを区別することが多いようです。そのキャンドル作りが十三で体験できます。材料も用意されていて、お茶菓子が付いた体験コースから、少し本格的な体験教室までが用意されています。十三観光や十三探索の記念になる観光体験スポットとして、キャンドル作りをおすすめします。

基本情報

施設名称:トミーワイキャンドル
所在地:大阪府大阪市淀川区十三東2-6-23 クレール十三311号
電話番号:06-6476-7511
営業時間:10時00分~17時00分
休業日:不定休

グルメスポット 十三くま

「十三くま」は、阪急十三駅を出て京都線に沿うように約200m先にある、外観も内観も雰囲気の良いカフェでありバーであるお店です。タイルとキャンドルで装飾された店内では、ミートソーススパゲッティ・トマトベーコンピザ・オムライスなどの軽食とビールやチューハイ・ショットなどのお酒が楽しめます。十三の街を観光や散策していて遅くなった時や疲れた時に立ち寄ってみたくなる夜のグルメスポットで、簡単なディナーにもおすすめしたいグルメなスポットです。

基本情報

施設名称:十三くま
所在地:大阪府大阪市淀川区十三東4-11-1
電話番号:06-6476-7387
営業時間:20時00分~1時30分
休業日:不定休

グルメスポット やまもと本店

大阪には粉もの文化があるといわれています。大阪には多くのタコ焼きやお好み焼きの店があり、観光スポットやグルメスポットとなっています。十三にある「やまもと本店」は、ねぎ焼き発祥の店として有名なグルメのお店です。鉄板焼きのお店の雰囲気が漂う店内には20席の客席があり、すべての席がカウンター席となっています。お好み焼き・ねぎ焼き・焼きそばがメニューとして用意されていまますが、「やまもと本店」を訪れるほとんどの人がオーダーするのはねぎ焼きなので、まずはねぎ焼きをオーダーすることをおすすめします。ねぎ焼きでのディナーも楽しめますし、海老・牡蠣・帆立貝などの鉄板焼きディナーも楽しむことができます。十三に行った時は、是非、ねぎ焼き発祥の店「やまもと本店」を訪れて、大阪十三のディナーを味わってみてはいかがでしょうか。十三駅西口から徒歩約3分にあります。

基本情報

施設名称:やまもと本店
所在地:大阪府大阪市淀川区十三本町1-8-4
電話番号:06-6308-4625
営業時間:11時30分~22時00分
休業日:不定休

グルメスポット 大衆酒場十三屋

阪急十三駅西口から徒歩約1分にあるグルメスポットが「十三屋」で、大衆酒場の魅力が詰まった居酒屋といわれています。この「十三屋」があるあたりは、十三でも最も十三らしい雰囲気があるエリアとされていて、十三を知るためにも立ち寄ってほしいお店です。壁に貼り出された定番メニューと、ホワイトボードに書かれたおすすめメニューがあり、メニューの豊富さには定評があります。観光や街散策で十三を訪れた時は、「十三屋」でのB級グルメディナーがおすすめです。

基本情報

施設名称:大衆酒場 十三屋
所在地:大阪府大阪市淀川区十三本町1-2-3
電話番号:06-6309-8816
営業時間:10時00分~22時00分
休業日:不定休
十三の観光スポットやグルメスポットをいろいろな視点でご紹介しました。いかがでしたか。十三は車で巡るのに適していません。車の場合は早めに駐車して徒歩がおすすめです。梅田・神戸・京都から電車で訪れるのもおすすめです。十三に行って知らない十三を散策してみませんか。十三は通過するだけでは勿体ないスポットです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSU_mayomayookonomi_TP_V.jpg