W4kqmzwtlg3llgsk561i

インド

CATEGORY | インド

インド旅行【2018年】チップは渡すの?街やホテルでの応対方法

2019.01.12

旅人の憧れの地インド!魅力的な観光地も多く、ツアーで訪れることも多いですよね!そんなインドはチップ制度なのでしょうか。インドでチップを払う時の相場から、実際にベッドメイクをしてもらった際やレストランで食事をした際のチップの渡し方などを紹介します!

  1. インドではチップを渡すの?
  2. インドで払うチップの相場①ホテル
  3. インドで払うチップの相場②タクシー
  4. インドで払うチップの相場③レストラン
  5. インドで払うチップの相場④観光ガイド
  6. インドのチップ制度まとめ

インドのチップは絶対ではない

引用: https://www.instagram.com/p/BnJ7W-QA2VW/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89
インドでは元々チップを渡す文化はありませんでした。しかし欧米からの旅行者が増え、チップ文化が広がり一般的になってきました。その為、チップを要求される場面に出くわすこともありますが、必ず渡さなければいけない訳ではありません。満足したサービスに対して支払うようにしましょう。

インドの通貨

引用: https://www.instagram.com/p/BV2aWr6jDZP/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%BC
インドの通貨はルピーです。1ルピー1.5円〜1.6円程度と覚えておきましょう!(2018年9月現在)通貨も異なり、物価も異なり、日本では馴染みのないチップ。実際にいくら払えばいいのかわからないですよね。

ホテルでチップを払うとき①ポーター

引用: https://www.instagram.com/p/BfiD_m1DIFm/?tagged=indiahotel
ホテルでチップを払うのは、まず荷物を運んでもらったときです。荷物を運んでもらった時には、20〜50ルピー程度(30円〜75円)渡しましょう。これはホテルのグレードに合わせます。また同じように空港で荷物を運んでもらった時にも50ルピー程度渡しましょう。

ホテルでチップを払うとき②ベッドメイク

引用: https://www.instagram.com/p/BnLT62pFMnt/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89
ホテルでベッドメイキングをしてもらった際には、チップを渡しましょう。この時には10〜20ルピー程度(15円〜30円)が相場です。これは人数に合わせて支払うようにしましょう。ベッド脇のサイドテーブルか、枕の上の分かりやすい位置に置いておきましょう。

ホテルでチップを払うとき③ルームサービス

引用: https://www.instagram.com/p/BkAMmKbFomM/?tagged=indiahotel
ルームサービスを頼んだ時には、チップを渡しましょう。20〜40ルピー程度(30円〜60円)、これもホテルのグレードに合わせましょう。ルームサービス以外にもホテルマンに頼みごとをした時には、20ルピー程度渡しましょう。

1日観光

引用: https://www.instagram.com/p/BnIAfwxFodY/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89
1日観光のドライバーには1人あたり300ルピー程度(450円)渡しましょう。しかしツアーの際のドライバーやガイドには必ずしも渡す必要はありません。

送迎のみ

引用: https://www.instagram.com/p/BnK835MHx4r/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89
オートリキシャやタクシーので送迎のみの場合は、50〜100ルピー程度(75円〜150円)渡しましょう。ただインドのタクシーやリキシャーはほとんど金額を交渉して乗ります。その為多めに要求されているときは渡す必要はありません。チップ代が含まれていると考えましょう。

ツアーで訪れた場合

引用: https://www.instagram.com/p/BnKvyd8BkXw/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89
ツアーや団体で訪れた際には、サービス料が元々含まれていることが多いです。その為その場で改めて渡す必要はありません。嬉しいサービスをしてもらったと感じた時に渡すといいでしょう!

個人で訪れた場合

引用: https://www.instagram.com/p/BnDomcPhcgm/?tagged=indiafood
個人で訪れた場合は、食事した代金の5〜10%程度をチップとして渡すように計算してみましょう。1000ルピーの食事の場合は、合計で1050〜1100ルピー渡してスマートに会計を済ませるのがおすすめです!ローカルのお店では、お釣りをそのまま渡す程度で、金額にはあまりこだわらなくていいです。

日本語ガイド

引用: https://www.instagram.com/p/BmJPJnZhP_9/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BA%BA
1日日本語で観光ガイドを行ってくれた場合には、1人あたり350ルピー程度(525円)渡しましょう。これはツアー内容や人数に合わせましょう!途中でお土産ショップに寄った場合にお土産を購入すると、お店からガイドへマージンが入っていることもあるので、チップを払う必要がないですが、あまり計算して考えずに心地よく過ごせるように対応するのがおすすめです。

英語ガイド

1日英語で観光ガイドを行ってくれた場合には、1人あたり150〜200ルピー程度(225円〜300円)渡しましょう。日本語ガイド同様、人数やツアー内容に合わせて渡しましょう。考え方としては、日本語ガイドの半額くらいの金額で対応してください。
引用: https://www.instagram.com/p/BnKbEF8hSj5/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89
引用: https://www.instagram.com/p/BnK-bLzh-wt/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89
インドのチップ制度について分かりましたか?日本では馴染みのないチップですが、渡すとより良いサービスを受けることができ、渡した側ももらった側もお互いに気持ちよく過ごすことができます。日本円で考えたら少額でも喜んでもらえるので、スマートに手渡してみてくださいね。チップとも上手に関わり、素敵なインド旅行にしてくださいね!