Mbz2e1abdpfbkrt3y7dp

台湾

CATEGORY | 台湾

台湾のビーチリゾート2018年版!海水浴など楽しめるおすすめ10選

2018.09.01

台湾は、島国になっているためビーチリゾートがたくさんあります。さらに、離島もたくさんあり、日本から行くのは少し大変ですが美しい海が点在しています。ここでは、台湾の離島も含めて、海水浴やサーフィンを楽しめるおすすめのビーチリゾートをご紹介します。

  1. 台湾で海水浴などが楽しめるビーチリゾートはたくさん!
  2. 台湾のおすすめビーチリゾート1:墾丁
  3. 台湾のおすすめビーチリゾート2:隘門ビーチ
  4. 台湾のおすすめビーチリゾート3:外澳ビーチ
  5. 台湾のおすすめビーチリゾート4:吉貝
  6. 台湾のおすすめビーチリゾート5:小琉球
  7. 台湾のおすすめビーチリゾート6:七星潭風景区
  8. 台湾のおすすめビーチリゾート7:白沙湾
  9. 台湾のおすすめビーチリゾート8:山水ビーチ
  10. 台湾のおすすめビーチリゾート9:福隆海水浴場
  11. 台湾のおすすめビーチリゾート10:內埤海灘
  12. まとめ
台湾は日本と同じ島国なので、ビーチはもちろんたくさんあります。でも台湾の離島になると飛行機の乗り継ぎやフェリーを利用しなければいけないため日本から訪れる人は少ないです。ここでは、台北から行きやすいビーチから台湾の離島にあるビーチまでおすすめのビーチリゾートをご紹介します。
墾丁(ケンティン)は台湾では有名なビーチリゾートで、高雄から行くことができます。高雄にある左営駅から長距離バスに乗り2時間で到着です。墾丁は、夜市もあるためビーチの後に宿泊するのもおすすめです。墾丁の近くにある恆春に宿泊すれば安く抑えることもできます。台湾は、日本の免許証と中国語翻訳文があればバイクに乗ることができます。
隘門(アイメン)ビーチは澎湖という離島にあるビーチで、澎湖へは台中や高雄などから片道50分ほどで飛行機で行くことができます。隘門ビーチは隣のビーチまで続く3.2kmの長さがあります。ここでは、海水浴やバナナボート、水上スキーを楽しむこともできます。
シャワーやトイレも無料で使えるため、ビーチで遊んだ後にそのまま出かけられるのも嬉しいポイントです。澎湖で有名な海鮮を使ってバーベキューをすることもでき、満足いくまで楽しむことができます。
外澳ビーチは、海水浴もでき遠くに亀山島を見ることができることでも有名です。さらに、サーフィンをすることもできるビーチで、たくさんの人がサーフィンを楽しんでいます。近くには礁渓温泉があるため、サーフィンで疲れた後は温泉で疲れを癒すこともできます。
吉貝も澎湖の島です。北港遊客服務中心の港から20分ほどで到着する吉貝はマリンスポーツが人気の島で、吉貝に来る人はほとんどの人がマリンスポーツに挑戦しています。バナナボートはもちろん、ジェットスキーやゴムカヌー、シュノーケリングなどをすることができます。屋台もあるため好きなだけ楽しむことができるのも魅力のひとつ。
澎湖は他にも魅力のたくさんある島なのでぜひ長めに滞在してみてください。写真をとれるフォトジェニックなスポットもとても多く、女子旅にもおすすめです。澎湖は高雄からも飛行機で行くことができるため、高雄観光と合わせて澎湖に行くのもとてもおすすめです。空港送迎のついているホテルも多いため、空港からのアクセスも気にする必要がないのも嬉しいポイントです。
小琉球は、高雄からバスとフェリーを乗り継いで行くことのできる日本からは少しアクセスの大変な離島です。高雄からはまずバスやタクシーを使って東港へ行きます。そこからフェリーにのって小琉球へ行くことができます。フェリーは30分から1時間おきには出発していて、時間によってスケジュールが決まっているため事前に確認しておくことがおすすめです。フェリーに乗っている時間は30分ほどなので小琉球は意外と近いです。
小琉球はバイクで30分ほどあれば1週できる小さな島です。海水浴ができるビーチもあるため着いたらすぐ海に行くことも可能です。フェリー乗り場周辺にいはレストランもあるためすぐご飯も食べることができます。民宿もたくさんあり、ダイビングやシュノーケリングが好きな人は宿泊もおすすめです。ウミガメと出逢えることもあります。
小琉球といえば有名なのが花瓶岩です。さらに、小琉球では海鮮料理がおすすめで、マグロの刺し身も食べることができます。小琉球は、レンタルバイクのほか、観光周遊バスもあるため、バイクが不安な人でも安心です。
七星潭風景区は、青い海が美しい場所です。黒い石が見えるくらい透き通った海を見るなら午前中にいくのがおすすめです。さらに、日の出をみるなら七星潭に宿泊するととても感動する景色を見ることができます。サイクリングロードもあるため、美しい景色を見ながら走るのもとても爽快で気持ちいい風を感じることができます。
台北から七星潭風景区の最寄り駅である花蓮駅へ行くには電車やバスで行くことができます。電車で行く場合、とても人気のある路線なので事前に予約しておくと安心です。ネットで予約でき、クレジットカード決済画面以外は日本語で表示されるため言葉がわからない人でも安心して予約することができます。
白沙湾は、台北から日帰りで行くことのできるビーチです。台北から行く場合はMRT淡水駅まで行きそこからバスに乗り換えます。862か863のバスに乗れば40分ほどで白沙湾に到着します。ただし、白沙湾のバス停で降りるよりも一つ手前の北観風景区管理処で降りるほうがビーチには近いため注意が必要です。
ビーチに入るのは無料ですが、更衣室と水シャワーは有料です。ライフガードも常駐しているため安心して海水浴を楽しむことができます。ビーチには白い布のテントのようなパラソルがあるため、ゴザをレンタルすれば日陰もあるため安心です。
山水ビーチは澎湖にあるビーチで、澎湖ではとても有名です。山水ビーチ周辺には民宿やBBQができる場所などもあるため宿泊も可能です。さらにサーフショップもあるためサーフィンをすることもできます。澎湖は、見どころもたくさんあるため、バイクをレンタルして島を周遊してみるのもとてもおすすめです。シーフードが有名で、牡蠣食べ放題のお店もあり、日本では考えられない価格で食べることができます。
福隆海水浴場は台北から乗り換えなしで行くことができるおすすめのビーチです。台北駅から台鉄を使い、福隆駅まで1時間半で行くことができ交通費も安いので台北旅行で簡単に行くことができます。福隆海水浴場は入場料が100元かかりますがシャワーや更衣室、トイレはもちろん完備されています。さらにパラソルや浮き輪もレンタルできるため身軽で遊びに行くことができるのも嬉しいポイントです。
福隆駅には有名な駅弁があるため、駅弁を買って海で食べるのもおすすめです。ロッカーもあるため貴重品はロッカーに預けておくと安心して海水浴を楽しむことができます。遊泳範囲は狭いため安全でお子様連れにもおすすめです。
內埤海灘は恋人同士で来ると仲が深まると言われているスポットで、カップルにもおすすめの海です。台北からも1時間で行くことができる便利なエリアです。ただし、ライフガードがいないため、海水浴はあまり奥まで行き過ぎるのは危険です。
海を見渡すことのできるカフェもあるため、海をゆっくり眺めたあとは、カフェで休憩するのもおすすめです。台北からのアクセスもいいので、台北旅行で訪れてみてください。
台湾には、日本人に人気のビーチから日本人にはまだ知られていないビーチまでたくさんのビーチがあります。とくに台湾の離島にあるビーチは日本からは時間がなければ行くことができない場所も多く穴場ビーチがたくさんあります。島に行くと日本語も英語も通じない場所も多いですが、ぜひ台湾の離島のビーチへ行ってみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/photo-572238/