D0rfawbpfid07jlbspgh

台湾

CATEGORY | 台湾

台湾の夜市へ行こう!2018年版・おすすめのスポット&グルメをチェック!

2018.09.03

日本からわずか3~4時間で行けるアジア人気観光地の【台湾】。台湾行ったら絶対に行くべきスポットの夜市はあちこちにたくさん!そこで首都台北を中心に定番のスポットから地元の人々が集う穴場までを、人気B級グルメと一緒に13選ご紹介していきます。

  1. 台湾のおすすめ夜市◆夜市とは?
  2. 台湾のおすすめ夜市◆営業時間
  3. 台湾のおすすめ夜市◆あると便利なアイテム
  4. 台湾のおすすめ夜市◆ホテル選び
  5. 台湾のおすすめ夜市◆台北のホテル事情
  6. 台湾のおすすめ夜市◆台北の見どころ
  7. 台湾のおすすめ夜市①士林夜市/台北
  8. 台湾のおすすめ夜市②寧夏路夜市/台北
  9. 台湾のおすすめ夜市③饒河街観光夜市/台北
  10. 台湾のおすすめ夜市④師大夜市/台北
  11. 台湾のおすすめ夜市⑤臨江街観光夜市/台北
  12. 台湾のおすすめ夜市⑥華西街観光夜市/台北
  13. 台湾のおすすめ夜市⑦南機場夜市/台北
  14. 台湾のおすすめ夜市⑧遼寧街夜市/台北
  15. 台湾のおすすめ夜市⑨雙城夜市/台北
  16. 台湾のおすすめ夜市⑩公館夜市/台北
  17. 台湾のおすすめ夜市⑪六合二路夜市/高雄
  18. 台湾のおすすめ夜市⑫花園夜市/台南
  19. 台湾のおすすめ夜市⑬基隆夜市 (廟口夜市) / 基隆
  20. おわりに
東南アジアや中華圏などの、亜熱帯・熱帯気候の地域を中心として発展している夜市。明るい昼間の時間帯は暑く外出もできるだけ避け、日が落ちる夕方から夜中にかけて屋台や露天がお店を開けるため、快適な環境で外出が楽しめるスタイルになっています。とりわけ台湾では、共働きの家庭が多く外食の文化が根付いており、夜市は生活の一部となっています。食事をするだけではなく、日用品の買い物をしたり、子供が露天でゲームをしたり、大人も子供も楽しめるスポットとなり地元の人々から親しまれています。
日暮れ時になると街には灯りが灯り始め、やがて賑やかになっていきます。日本ではお祭りの時ぐらいしか見られない光景ですが、お店や屋台の数、人の数はケタ違いにすごいです!夜市の始まる時間帯は、午後6時頃から徐々に人が増え始め、ピークとなる時間帯は10時頃です。だいたいのお店が深夜0時過ぎまで営業しているので、ゆっくり過ごす事ができます。台湾観光名物の夜市は元気いっぱいの活気あふれるマーケット!

・ウェットティッシュ

夜市へ出かける際は、「ウェットティッシュ」を持って行きましょう。手を洗う設備は少なく、お手拭きに、口の汚れ落としにも何かと便利です。

・ビニール袋

ビニール袋もあった方がいいですね。食べれなかった料理を入れて持ち帰ったり、ゴミを入れたりできますのでおすすめします。

・食べたいB級グルメの写真

他には、お目当てのB級グルメがあれば、その写真があるととても役立つと思います。売っている屋台を見つけられるならいいですが、お店の人に聞く時に写真が重宝しますので、参考になさってください。
初めて台湾を訪れる場合は、やはり台北を拠点にされるといいと思います。台湾の首都である「台北」は観光スポットも夜市もたくさん集まっている楽しい街でもあり、観光にも便利な場所です。そこでもし台北に宿泊する際は、「台北駅周辺」をおすすめします。旅館やビジネスホテル、ゲストハウスなどの様々な宿泊施設が揃っていますので、金額や条件に合った場所を見つけていただけます。
格安で宿泊できるドミトリースタイルのホステルや、ミシュランの星が付くレストランが入るシティホテルなど、ホテルのクラスも幅広く建ち並んでいます。少し値の張るハイクラスホテルは、ショッピングモール「台北101」周辺に集まっており、お部屋からの眺望、夜には夜景もきれいに眺められ至福の時を過ごしていただけることと思います。
台北観光において外せない観光スポットとしては、国宝が展示されている「国立故宮博物院」、また「中正紀念堂」では衛兵交代が見られる人気スポットとなっています。台北最古とされる「龍山寺」も必見のパワースポットとして有名です。ノスタルジックな街並みの「九分」へ足を伸ばすのもおすすめします。バスや電車を使っても約2時間のアクセスですので、ぜひ台北以外の街もお楽しみください。
【士林夜市】台北における最大級の大きさを誇る夜市。2011年には慈誠宮前に新たな施設も建てられ、より一層華やかに賑わいを見せている場所です。MRT劍潭駅から基河路をまっすぐ歩いていくと見えてきて、夜市へ向かう標識も出ていますので迷うことはないでしょう。新しい施設の1階部分にはゲームやTシャツ、生活雑貨が販売されており、地下にはたくさんの飲食店が入っています。行列のできているお店は並んで見るのも良い方法ですね、きっと美味しいB級グルメなんだと思います。
洋服や水着、雑貨にコスメと格安に購入でき、お土産屋ショッピングもおすすめです。飲食店やファッション関係など数百店舗にも上るお店が軒を連ねていますので、時間は多めに取っておくとしっかり見て回る事ができると思います。エレベーターやエスカレーター、授乳室も完備され近代的な造りになった士林夜市はアクセスの良さも含め、夜市はじめての方にもおすすめしたいスポットです。
「豪大大雞排」のドでかいフライドチキン。人間の顔の大きさに等しいドでかさはインパクト大!ジューシーでスパイシーな味付けに地元の人も行列をつくります。「辛発亭」ではふわっふわに削られたかき氷がいただけます。「原上海生煎包」の美味しい焼き小籠包も人気。「チーズポテト」ベーコンやブロッコリー、バラエティーに富んだトッピングが魅力です。
台北市士林区・営業時間:17:00頃~深夜1:00頃・旧正月前後休業
【寧夏路夜市】食べ物屋台がたくさん軒を連ね、高い評判を得ているB級グルメが揃っており、まさに台北の夜市!という雰囲気を楽しめるスポットです。先述しました士林夜市よりも規模は小さく、その分気楽に回ることができ、食事するテーブルもたくさん用意されていますので、食べ歩きもいいですが座ってしっかり食事できます。地下鉄の駅からのアクセスもよく、気軽に立ち寄れるロケーションですので、台北の夜市ならではの絶品グルメをぜひお試しください。
「蚵仔煎大王」の牡蠣オムレツが人気です。ふわとろの生地にぷりっぷりの牡蠣がゴロゴロと、ピリ辛味のタレと一緒にいただくと、台湾ビールが止まりません!「方家」の鶏肉飯もジューシーでやさしい味付けと人気を集めています。「旺来蛋糕」はシフォンケーキ専門屋台で、食後のデザートにもいいですし、お腹がいっぱいでしたら、翌朝の朝用に買って帰るといいですね。
台北市大同区寧夏路・営業時間:18:00頃~深夜3:00頃・無休
【饒河街観光夜市】MRT松山駅からアクセスも徒歩4分と、すぐのところに位置し、片道約400mの長い一本道の屋台街には、B級グルメの他に洋服や生活雑貨、なども楽しめお値段も全体的にお手頃価格が嬉しい夜市。伝統的な小吃店(屋台でいただく中華料理の一品)がたくさん並び、毎晩がお祭りのように賑わい、台湾らしい雰囲気を満喫できます。士林夜市と二大夜市とも言われ、台北観光には外せないスポットの一つです。
「福州世祖胡椒餅」の胡椒餅は、代表する人気グルメの一つです。パリッパリの生地の中には、ピリッとコショウの効いた豚肉とネギがたっぷり入り食べた瞬間に肉汁が溢れる、やみつきグルメです。「巷口亭豆花」はこちらの夜市で20年以上もの歴史をもち、台湾においてかき氷の老舗店としてとても人気を集めています。変わった種類のメニューにも注目です!
台北市松山区饒河街・営業時間:18:00頃~1:00頃・無休
【師大夜市】近くに大学があることから、若者とファッションのお店が豊富に見られる夜市。洋服やアクセサリー、飲食の店舗としてはB級グルメの他にクレープやスイーツ、イタリアンなメニューが楽しめるのも師大夜市ならでは魅力です。台北の夜市の中でも規模は小さい方ですが、観光客も多すぎず歩きやすいです。若者に人気のかわいい洋服や雑貨屋さんも見応えがあり、さらにどれも良心的な金額なので要チェックです!
「好好味」にはいつも行列ができており、大人気”パイナップルパン”の専門店です。パンの上部分はクッキー生地のようにサクッとしており、日本で言うメロンパン。中に入る具材を選べ、チーズやバターなど、美味しいパンであること間違いありません。「許記生煎包」の焼き小龍包は食べ歩きにも最適です。小ぶりで食べやすく、どんどん進みます。
台北市大安区龍泉街付近・営業時間:18:00頃~1:00頃・無休
【臨江街観光夜市】こちらの近くにはオフィス街があり、旅行者から地元のサラリーマンやOLさんも通う場所です。またショッピングモール「台北101」に近い位置にあるため、仕事帰りの人々から、洋服や雑貨を取り扱うお店もとても充実した内容になっており、飲食のお店も長年の歴史あるグルメ屋台が多く並んでいるのも特徴です。ショッピングモールの台北101に比べ安価で様々なものが手に入るこちらの夜市で、ご自身の買い物やお土産を購入するのも良い考えですね。
「上海生煎包」は毎日行列が絶えない焼き小龍包のお店。もっちもちの皮で包まれた小籠包は美味しいと評判です。スイーツの屋台も充実しているのも魅力の一つ、食事の後に散歩しながらいかがでしょうか?
台北市大安区臨江街・営業時間:18:00頃~1:00頃・無休
【華西街観光夜市】MRT龍山寺駅より徒歩7分に位置する個性的な夜市。外観は台湾らしいきれいな装飾がされたアーケードの中にお店が並んでいるのですが、そのお店が蛇やスッポンなどのゲテモノを取り扱う店舗が多く、ここの夜市の特徴でもありメディアにもよく取り上げられています。ガラスケースには巨大な蛇がいたり、蛇料理やスッポン料理とグルメも異色。
こちらで美味しい食事をというよりは、観光の一部として散策されるには面白い光景が見られると思います。かつては色街だったそうで独特な怪しい雰囲気が漂う夜市です。
「吉利字画」では、中国伝統芸術の花文字(花鳥字画)を書いていただけます。花文字とは、縁起のよい絵柄と模様を使い文字を表現する文字画です。夜市の記念に好きな文字でお願いして、お土産にしたり、ご自身用に持ち帰るのも素敵ですね。色鮮やかな模様で文字が作られていく光景は見応えのある瞬間です。
台北市萬華区華西街・営業時間:16:00頃~・無休
【南機場夜市】MRT龍山寺駅より徒歩約20分の、台北郊外に位置する夜市。周辺で生活する地元の住民の利用が多く、ローカル色が強い穴場のスポットです。規模としてもあまり大きくなく、気軽に回れる感覚で、飲食の屋台が多い印象です。水餃子ストリートと言われるエリアには、たくさんの餃子屋さんが集まっていますので是非食べ比べしてみてください。
「来来水餃」の水餃子が人気グルメとして話題です。もっちもちの皮の中には具材がギュッと入り、なんと言ってもジューシーです。地元の皆さんがテイクアウトで買っていかれるのも納得の逸品です。そして台湾夜市といえば、「臭豆腐」でも知られていますが、こちらでは蒸した臭豆腐がいただけます。なかなかの辛さがありますので、注文の際に控えめにした方がより堪能していただけると思います。
台北市中正区中華路2段307巷~315巷・営業時間:お昼ごろ~深夜0:00頃・無休
【遼寧街夜市】MRT南京復興駅より徒歩7分の距離に位置する、海鮮料理を楽しめる夜市です。こちらの夜市も、観光客で賑やかというより地元の人々が集う小規模な場所。メニューはどれもリーズナブルな金額なので、色々な料理を頼んでみんなで分け合って食べるスタイルもきっと楽しいかと。
「鵝肉城活海鮮」では、生け簀に入っている魚介類の中から好きな物を選び、調理してもえます。台湾夜市にとって欠かせない料理「魯肉飯(ルーロー飯:煮込み豚肉かけ飯)」の台北市内のコンテストにおいて、入賞したお店も入っています!海鮮料理が名物の夜市ですが、他にガチョウ料理でも有名な場所ですので、あれもこれも是非挑戦してみてください。
台北市大安区遼寧街・営業時間:17:00頃~1:00頃・無休
【雙城夜市】昼間から楽しめる貴重な夜市です!なんと朝の5時から屋台がオープンし、ランチタイムには周辺で働く地元の人々で賑わいます。フレッシュジュースや台湾名物の臭豆腐なども揃い、夜に出歩くことに抵抗がある方には最適なスポットですね。もちろん夕方からは本格的に夜市が始まり、お昼とは違う雰囲気を味わえます。比較的小さい場所ですが、リーズナブルな嬉しい値段で、ほとんどの名物料理をいただけますので、気楽に見て回る事ができます。
台湾台北市中山区中山北路二段・営業時間:17:00頃~1:00頃・無休
【公館夜市】MRT公館駅より徒歩5分の距離に位置するアクセスバツグンな夜市。近くには台湾大学があることから、若者が多く見られ飲食の屋台ももちろん充実していますが、食事というよりもショッピングを楽しむのにおすすめします。台湾らしいカラフルで可愛い財布やポーチなどの雑貨など、見ているだけで楽しくなるものばかりです!
こちらの夜市でも名物の臭豆腐、牛肉麺が美味しいお店やお好み焼きのような葱蛋餅も人気グルメとして揃っています。噂の「タピオカミルク」でぜひ喉を潤してください。お土産を選んだり、ご自身の旅の記念にショッピングされる時はぜひお立ち寄りください。
台湾台北中正區羅斯福路三段・営業時間:17:00頃~1:00頃・旧正月前後休業
【六合二路夜市】台湾の南部に位置する高雄市の夜市です。高尾で最も有名な夜市としても、台湾リピーターからも注目されている人気スポット。MRT美麗島駅からすぐの距離にありアクセス抜群なロケーション。高雄駅からですとタクシー使って約5分の場所です。港町でもある高雄では、海鮮グルメが豊富に並んでいるのが特徴で、程よい規模の夜市としても行きやすい所ではないでしょうか。食べたい海鮮を選んで、焼く、煮る、刺し身と調理法を選び注文完了です。
「荘記海産粥」は美味しい海鮮粥がいただけるお店として有名です。「鄭老牌木瓜牛奶」はフレッシュジュースの屋台、特にぜひ飲んでいただきたいのがパパイヤミルクです。いつも行列ができており、その人気は伺い知れますが進む速度が速いので時間はそんなにかからないと思います。
高雄市新興区六合二路・営業時間:18:00頃~2:00頃・無休
【花園夜市】台湾の南部に位置し、台湾の古都とも称され日本でいう京都のような街、台南。その特徴として、台北の夜市とは対称的に露店の屋台が基本となって並んでいます。そして台南における最大級を誇る夜市がこちらの花園夜市。もちろんグルメや雑貨の屋台に加え、昔からあるようなゲームの露天がぎっしりと集まっているので、毎晩が縁日のような賑わいです。また、台南夜市には定休日がありますので、事前に確認をお忘れなく。
人気グルメは鉄板にステーキと目玉焼きに麺が乗ったB級グルメ。見た目からすぐにボリューム感はどっしりあります。フレッシュなマンゴーシェイクも食後にピッタリ。お腹いっぱい食事を楽しんた後は、子供たちに混ざってゲームするのも楽しいです!大人もみんなで楽しく夢中に場所もぜひ覗いてみてください。
台南市海安路と和韓路の交差点付近・営業時間:18:00頃~0:00頃・営業日:木、土、日
【基隆夜市 (廟口夜市)】台湾の北部に位置する港街の基隆。「千と千尋の神隠し」の世界観、懐かしい雰囲気が人気を呼んでいる観光地「九分」の近くにあたります。ずっと続く黄色の提灯に照らされながら、屋台が並ぶ夜市を歩くのもココならではの光景です。
ガイドブックなどでも基隆夜市おすすめB級グルメとしてよく目にする「天麩羅」は日本でいただくものとは全く違います。魚肉を使用したさつま揚げに近いものに甘い味のタレをかけていただきます。またこれが美味しいです!クセになります。「呉記螃蟹羹」は、メニューが中華おこわと蟹のとろみスープのみで勝負している屋台です。間違いなく美味しい絶品グルメ。その他「營養三明治」の揚げパンに具材たっぷり入ったサンドイッチも押さえておくべきB級グルメです。
基隆市基隆区仁三路、愛四路・営業時間:17:00~深夜・無休
ここまで台湾でのおすすめする夜市を13ヶ所ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?それぞれの夜市で、そこならではの雰囲気や特徴、名物にグルメなど全てが違う魅力を持っています。観光スポットや場所、目的に合った夜市を見つけてみてください。今回の内容が台湾へ行かれる際の参考になれば幸いです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bm9D95fgwIX/?tagged=%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E5%A4%9C%E5%B8%82