Bb1tzsfj4tpeqymmgkcg

沖縄

CATEGORY | 沖縄

【2018年】沖縄でグランピング!地元民おすすめのスポットTOP8!

2018.09.05

沖縄は本州に比べると夏が長いのでグランピングには最高の場所です。青い海に白い砂浜、心地よい海風が吹き、夜には満天の星空が見えるという最高のロケーションです。今回は沖縄でグランピングができる、地元民おすすめのスポットをご紹介します。

  1. グランピングとは?
  2. 沖縄でグランピング!地元民おすすめのスポットTOP①かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
  3. 沖縄でグランピング!地元民おすすめのスポットTOP②ナンマ ムイ ネイチャー リゾート
  4. 沖縄でグランピング!地元民おすすめのスポットTOP③やんばるロハス
  5. 沖縄でグランピング!地元民おすすめのスポットTOP④ISLAND MAGICSENAGAJIMA
  6. 沖縄でグランピング!地元民おすすめのスポットTOP⑤RESORT MAGICNAHA
  7. 沖縄でグランピング!地元民おすすめのスポットTOP⑥グランピングリゾート ヨーカブシ
  8. 沖縄でグランピング!地元民おすすめのスポットTOP⑦ペンションプルシャンブルー
  9. 沖縄でグランピング!地元民おすすめのスポットTOP⑧グランピング吉本ハウス
  10. 沖縄でグランピング!地元民おすすめのスポットまとめ
最近よく耳にするようになりましたが、そもそもグランピングとは何でしょうか?グランピングとは、グラマラスな(魅力的な・豪華な)キャンプのことで一種の造語です。キャンプとなるとテントを張ったり、寝袋で寝たり、トイレが夜暗くて怖い、お風呂がないなど、楽しいですが好きになれない要素があります。その問題点を解消したのがグランピングです。大自然の中にいながらも、ホテル並みの快適なサービスを受けアウトドアを満喫するというものです。冷暖房が完備されており、おしゃれなテントにはベッドがセッテイングされ、トイレやお風呂もきれいなことから、アウトドアが苦手な女性にも人気となっています。基本的にはキャンプで体験するテント泊やバーベキューなどが含まれていることが大前提となります。
沖縄初のビーチでのグランピングはこのホテルが最初です。オフシーズンとなる10月から3月にかけてビーチに大型のグランピング用キャビンが現れます。ビーチスタイル、琉球スタイル、バリスタイルの3種類から選ぶことができ宿泊できます。夕食には専属シェフが海の幸バーベキューを調理してくれ、ホテルでのディナーとなんら変わらない高級感を味わえます。グランピングで宿泊していても客室に宿泊しているのと変わらず、ホテル内の施設は利用できます。この内容でしたら料金は安いと言えるでしょう。
沖縄本島北部の名護市にある「ナンマ ムイ ネイチャー リゾート」はやんばるの大自然を体感できるところです。約3000坪もある敷地には8つのテントが張られています。テントには檜でできたシャワールームも完備されています。他にも一軒家タイプとホテルタイプもありますので人数等にあわせて選ぶことができます。また、一人用の小さなテントもあるので女子一人旅でグランピングを楽しみたい方におすすめです。夜になると360度の天然プラネタリウムが頭上に広がり、まさに圧巻です。非日常的な空間で宿泊できる割には料金は安いと言えます。
沖縄本島北部の東村にある「やんばるロハス」は豊かな森と海に囲まれたプライベートリゾートです。しかも料金が比較的安いですので予約が取りにくい施設でもあります。グランピングの他にもプライベートヴィラとルームたましだというリーズナブルな客室も地元民にも人気です。敷地内にはロハスカフェというレストランがあり、オーガニック野菜を中心に飼われている鶏の卵を使用しヘルシーな食事がいただけます。店内だけでなくテラスデッキや海が見える表庭でも食べることができますので、日帰り昼食のみのお客様も多くみえます。お気に入りの場所を見つけてこころゆくまでくつろげるところです。
那覇空港から近い瀬長島にある「ISLAND MAGICSENAGAJIMA」は通常のキャンプや味わうことのできない優雅で快適な体験を楽しめます。バーベキューは本場アメリカの味が楽しめ、宿泊はキャンプ好きにはたまらない憧れのトレーラーです。見た目も内装もおしゃれで冷暖房完備ですので快適に過ごせます。施設内にはファイヤピットエリアがあり、焚火を眺めながら飲み物片手に語らえます。さらに最近ではインスタ映えするということで女性にも大人気です。値段も一人6000円と安いですので、気軽にグランピングを始められます。
「RESORT MAGICNAHA」は日帰りで気軽にグランピングを体験できるところです。場所も那覇空港に近いため観光客の利用も多く、青い海と白い砂浜をみながら、手ぶらでバーベキューを味わえるのが魅力です。西洋風のあずまやガゼボサイト、かまくらのようなセルフドームサイト、ソファー付きのシーサイドサイトの3つより選べます。どのサイトもラグジュアリー感があり、特にシーサイドは人気ですから早めに予約を入れておきましょう。宿泊なしのバーベキューのみですから安いですが、通常のバーベキュー会場とは全然違いますので、一度体験してみて下さい。
石垣島にある「グランピングリゾート ヨーカブシ」は島で初めてできた本格的なグランピングができる場所です。太平洋側の海が見渡せるので心が晴れるような日の出も見ることができます。また、夜にはバーベキューを味わいながら満天の星空も見れますので最高な気分になれます。ペットも一緒に宿泊できますので人気となっています。周辺には原生林や牧場もありますので散策にも最適です。夏はもちろん海遊びやマリンアクティビティもできますので、石垣島を満喫することができます。石垣島のリゾートホテルに宿泊するよりは安いでしょう。
「ペンションプルシャンブルー」は宮古島のちょうど真ん中くらいにあります。広大な敷地には庭園と農場があります。豪華なログコテージもあり、ハンモックなども設置されているので癒されます。テント内はベッドのみとなります。トイレとお風呂は共用となってしまいますが清潔に保たれていますので女性や子供でも安心です。ログコテージは冷暖房も完備され、ホテル並みの快適さです。もちろん庭園内にバーベキュー施設がありますので、星空を見ながらバーベキューを楽しむことができます。決して安い料金ではありませんが、とにかく夜星空が綺麗だと口コミで広がり人気となっています。
沖縄本島の中部、浜比嘉島に有形文化財・吉本家はありました。しかし残念なことに火事で母屋が全焼してしまい有形文化財ではなくなってしまいました。昔からの石積み壁や約100年前の豚小屋は残った為、「グランピング吉本ハウス」として2017年にオープンしました。夜ライトアップされると神秘的な雰囲気です。庭付きの別荘タイプになっており、バーベキューもできますし、Wifiも完備されています。決して安い訳ではありませんが最大32名まで利用できますので人数が多ければ多いほど安い料金になりますのでワイワイみんなで楽しみたい方におすすめです。
いかがでしたか?沖縄でグランピングがしたくなりましたか?ロケーション的にも海、星空、自然と満足間違いなしです。今回ご紹介したのをまとめますと「かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」「ナンマ ムイ ネイチャー リゾート」「やんばるロハス」「ISLAND MAGICSENAGAJIMA」「RESORT MAGICNAHA」「グランピングリゾート ヨーカブシ」「ペンションプルシャンブルー」「グランピング吉本ハウス」とどれも魅力的な施設ばかりです。ぜひ体験してみましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTBE8NF2iSu4mH8tFebvX1ThI4iziH-toHUDj4y1CO70kFcLydsUQ