Fs7bssl31ybrhanfoloh

台湾

CATEGORY | 台湾

台湾の猫空ロープウェイ2018年版・絶景などの見どころをチェック!

2019.01.15

今回ご紹介するのは台湾猫空についてです。台湾というとグルメや夜などに目が行きがちですが猫空というスポットもおすすめの場所です。有名な猫空ロープウェイについてや、乗り方と一緒におすすめの場所を紹介しますので参考にしてください!

  1. 1:台湾猫空ロープウェイとは
  2. 2:台湾猫空ロープウェイの乗り方について
  3. 3:台湾猫空おすすめカフェについて
  4. 4:台湾猫空絶景スポット 指南宮
  5. 最後に

猫空ロープウェイの歴史について

まず最初にご紹介するのは猫空ロープウェイとは何かということです。何かジブリの世界に出てきそうな名前でワクワクしますね。台湾ではマオコンロープウェイと呼ばれています。猫空ロープウェイは動物園駅と猫空駅を結ぶロープウェイのことで、2007年から観光用として使用開始になりました。もともとは猫空というエリアが茶の産地で産業用に使用されていましたが、観光用と併用利用になって以来沢山の観光客が足を運んでいます。全長は約4kmにも渡り、紹介した駅の他に動物園南駅と指南宮駅の計4駅から成り立っています。全行程の所要時間は約17分です。6-8人乗りのゴンドラが約150基あり、最大で2400人の輸送能力があります。

初めての方でも迷うことなく乗ることができます!

続いてご紹介するのは猫空ロープウェイの乗り方についてです。乗り方はとても簡単で電車のように行き先を決めて、書いてある金額をいれるだけです。4駅しかなく、乗る駅から行き先までの金額が大きく表示されているので、その金額を入れるだけで大丈夫です。先程最大収容人数が2400人と紹介しました。とても搬送能力が高いのですが休日になると1-2万人が訪れるので能力オーバーになりかつては大行列ができていました。今では、ディズニーランドのファストパスのように時間指定されたチケットが出てくるのでその時間に行けば、たくさん待つことなく乗車することができます。ただし記載されている時間は10分しかなく、その時間を超えてしまうと再発行になるので注意して下さい。

猫空おすすのカフェをいくつかご紹介!

冒頭に猫空はお茶の生産地として有名とご紹介しました。猫空駅周辺には新鮮なお茶に関連したカフェがあるのでその中から2つおすすめのカフェを紹介します最初におすすめのカフェはTDH猫茶町というカフェこちらではお茶に関連した10種類あるアイスやパフェを日替わりで食べることができます。また、お茶を使用したチョコレートの販売もされており若い方達に人気のお店です。店内は山の上にもかかわらずWiFiが完備されているので快適に過ごすことができます。続いては猫空間というカフェです。こちらはオープンテラス式のカフェになっており猫空から台北の街を一望しながらゆったり過ごすことができます。雨の日はおすすめできませんが晴れの日にぜひ行っていただきたいカフェです。

指南宮について

最後にご紹介するのは猫空ロープウェイの駅の名前にもある指南宮についてです。指南宮はパワースポットとして有名で沢山の観光客が訪れる場所です。指南宮は約120年の歴史がある台湾道教の総本山です。道教以外に仏教、儒教が混在している珍しいお寺で3つの宗教に関わるものが祀られています。建物自体ももちろん綺麗なのですが写真にあるようにロープウェイから見える指南宮は絶景なので見逃さないようにして下さいね!
ここまで台湾猫空ロープウェイについておすすめカフェや絶景スポットを交えてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?猫空ロープウェイはMRT文湖線の終点動物園駅から行くことができます。台北市内からだと出発地点にもよりますが大体30-45分で行くことができるので日帰りで十分満喫できます。ただしロープウェイということもあり天候にとても左右されやすいので行かれる前は猫空ロープウェイの情報をチェックしてから行きましょう。台湾は日本各地から直行便が就航しており気軽に訪れることができるのでおすすめです。ぜひ次回の旅行先の候補の1つに台湾猫空ロープウェイを入れてみてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/117971512@N02/28274493472/sizes/l