Jke0giu7by4wjninz1wb

台湾

CATEGORY | 台湾

台湾旅行での雨の日の過ごし方2018年版・観光スポットや服装など

2018.09.14

お手頃価格で行けて、なおかつ女の子の好きなものがたっぷり詰まった国、台湾。グルメでお洒落なので、初めての海外旅行に選ぶ方も多いのではないでしょうか。そんな台湾は、雨の多い国。台湾でもし雨にふられてしまった時の服装や過ごし方をまとめました。

  1. たとえ雨でも楽しい!そんな台湾へのアクセスは?
  2. 意外と多い台湾の雨
  3. 台湾旅行中の雨の日は服装にも注意
  4. 雨の日の台湾のおすすめの過ごし方
  5. まとめ

直行便もたくさん!行きやすくてリーズナブル!

台湾といえば亜熱帯の気候に、温厚で親日な人々、美味しいお料理と格安スパに、女の子なら誰でも1度は行く大人気の渡航先です。物価も安く、日本からは直行便が多く出ており、約4時間ほどのフライトで到着します。基本的に治安も良く、時差もマイナス1時間なので、体の負担も少なくたくさん楽しめます。

亜熱帯気候の台湾には雨季がある!

同じアジア人で、共通点も多い台湾ですが、日本との大きな違いの1つに、亜熱帯気候という点が挙げられます。日本でいうと沖縄と似たような気候ですが、台湾では四季は無く、雨季と乾季になります。その間に台風到来シーズンと、真冬の12月から3月にかけては季節風が吹くので最低気温が13度前後になることも。暖かい国と思って行くと風邪を引いてしまうので注意が必要です。

突然の土砂降りに注意!

さっきまで晴れていたのに…突然の雨!そんなことが多く起こる台湾での過ごし方ですが、服装にも注意してみると、より一層旅を楽しむことができます。まずは基本的に折り畳み傘を持ち歩くことがおすすめです。日中、日差しが厳しいことも多いので、雨晴れ兼用だとなお便利です。台湾ならではの気候によって、雨が降った後とても蒸し蒸しします。なので、通気性の良いお洋服や、乾きやすいものを選ぶのがおすすめ。白っぽいパンツやフレアスカートは、風に舞ったり、跳ね水もあるのであまりおすすめできません。現地の人の過ごし方はショートパンツにビーチサンダルが多いので、似たような服が1番ベストです。濡れた時用のタオルはもちろん、室内は冷房が効きすぎていることも多いので、羽織るものが一枚あると良いです。

おすすめの過ごし方1 じっくりと博物館で歴史に浸ろう

台湾といえば故宮博物館は誰もが知る、超絶な美術品を数多く収蔵した世界的に有名な博物館です。北京の紫禁城から持ち出された、巧妙な造りの数々の美品には、驚かされるものがたくさん。職人が3世代に渡って120年の歳月をかけて作った象牙の透し彫りの彫刻や葉脈まで彫られた本物そっくりの翡翠の白菜、角煮の石などは、小さいながらも一見の価値があります。また、故宮博物館にしかないと言われている珍しい絵画などもずらりとありますので、中国の超絶な技に古代ロマンを感じることができます。

おすすめの過ごし方2 やっぱりショッピングが1番

台湾のシンボルとも言える「台北101」では、地下にはリーズナブルでおしゃれなフードコートがたくさん。美味しいタピオカミルクティーもここで買うことができます。また、1Fにはカジュアルブランド、2Fには台湾オリジナルブランド、5F、6Fは世界のハイブランドのお店もあります。2009年にオープンした「Qスクエア」では、台北駅から直結で行けるデパートです。7つに別れたフロアにはカジュアルファッションや台湾雑貨、アジア料理のレストランやカフェが集まるおしゃれスポットです。

おすすめの過ごし方3 スパで贅沢にリラックスのひと時

土砂降りの雨で優れない気分を一新してくれるのがスパです。道沿いにも多くの足ツボマッサージやスパが立ち並んでいますが、ちょっと贅沢にするならホテルのスパがおすすめ。90分のフルコースで約8000円前後というお手軽さに、オリエンタルな雰囲気と心地よいアロマの香りに、日頃の疲れも吹き飛ぶこと間違いなしです。きちんとしたセラピストが在ちゅしているのも、ホテルの高級スパの醍醐味です。
急な雨に、せっかくの旅行が台無しと思う事もあるかもしれませんが、台湾でしたら、お天気が悪くてもしっかり楽しめるスポットが満載です。ぜひこの過ごし方を参考にして雨の日の台湾旅行をより楽しんでください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://photopin.com/download/aHR0cHM6Ly9mYXJtMS5zdGF0aWNmbGlja3IuY29tLzg1MS80MjAzMzkzMjcz%0AMF8wZDA5NWI4ZmE0LmpwZw==%0A?photo_id=42033932730&search_term=taiwan