Djj3rp2bmkqosphiesyj

台湾

CATEGORY | 台湾

台湾のケンティンに行こう2018年版・ビーチリゾートを満喫!

2018.09.21

台湾といえば、台北と高雄はすぐに思い浮かぶ有名な都市ですが、墾丁(ケンティン)は日本ではまだまだ知らない人が多いと思います。そこで今回は、友人につい自慢したくなる台湾のビーチリゾート“ケンティン”旅行の魅力についてご紹介したいと思います。

  1. 台湾のビーチリゾート“ケンティン”①:ケンティンはどんなところ?
  2. 台湾のビーチリゾート“ケンティン”②:アクセス
  3. 台湾のビーチリゾート“ケンティン”③:散策する際の交通手段
  4. 台湾のビーチリゾート“ケンティン”④:宿泊先
  5. 台湾のビーチリゾート“ケンティン”⑤:マリンアクティビティ
  6. 最後に

台湾にとって、日本の沖縄のような存在であるケンティン!常夏のビーチリゾートへ出かけましょう。

台北から約600km南下した位置にある“ケンティン”は、台湾随一のリゾートとして名高い有名なビーチリゾートです。ケンティンは美しい海や空に囲まれており、ダイビングやサーフィンなどの海のアクティビティはもちろん、広すぎない街のため、のんびりとした散策にも適していますよ。

台北より約4時間でアクセスできる!1泊2日の小旅行にもおすすめですよ。

台北から高雄へ新幹線で約1時間40分。高雄の左營駅から出ている高速バスに乗って約2時間でケンティンへ到着します。乗り換えが1回で済むため難易度も低く、また、所要時間も約4時間と短いため、台湾旅行の目的のひとつとして気軽に行けるビーチリゾートですよ。

広すぎない街のため、バイクや自転車での散策がおすすめです。

せっかく訪れたビーチリゾートで、タクシーやバスでの移動はもったいない!是非、爽快な風を感じながらのバイクや自転車をレンタルして散策してくださいね。ちなみに、レンタルはホテルやレストランの立ち並ぶ墾丁路にあるお店でできますよ。
ケンティンには多くの宿泊施設がありますので、滞在目的や予算に合った宿を選ぶことが可能です。

リゾート感を満喫したい方は、『墾丁凱撒大飯店(シーザーパークホテル墾丁)』

様々なタイプのお部屋やヴィラもある『墾丁凱撒大飯店(シーザーパークホテル墾丁)』は、ゆっくり滞在したい方におすすめのホテルです。また、ビーチや夜市は徒歩圏内なため立地条件も良いですよ。

台湾の民宿に泊まってみたい方は、『MINIMI INN – sailrock beach house』

海沿いに建つ可愛いアメリカンスタイルの宿『MINIMI INN – sailrock beach house』は、前8室の小さな宿ですが、個々のお部屋に特徴があり何度も泊まりに行きたくなります。オーシャンビューのお部屋はもちろん、プライベートプールのあるお部屋もあり、ゆっくり過ごせます。繁華街からは距離があるものの、バス停が目の前にあったりコンビニが近くるため、立地条件も良いですよ。

詳細情報

MINIMI INN – sailrock beach house(https://m.dearbnb.com/bnb/minimi-inn-sailrock-beach-house)◯アクセス:高雄の左營駅発の高速バスに乗車後、“ハワードプラザホテル(福華渡假飯店)”で下車。そこからタクシーで5分程で到着。◯料金:一部屋朝食付き11,400円〜(レートにより変動)

ケンティンは年中気候が安定しているため、マリンアクティビティをするには絶好のロケーションです。

マリンアクティビティのなかでもおすすめなのは、スキューバダイビングです。太平洋・台湾海峡・巴士海峡と三方を海に囲まれているため、ダイビングをするには絶好のスポット。日本人インストラクターがいるダイビングショップもあるので、興味のある方は問い合わせてみてくださいね。

詳細情報

墾丁麗島潜水 lidaodive リーダオダイブ(https://lidaodivejp.jimdo.com/)◯メニュー:体験ダイビング、ファンダイビング、ダイビングスクール◯お休み:不定休(ホームページを要確認)◯言葉:日本語、台湾語、中国語、英語
いかがでしたか?ケンティンに泊まりに行く際に必要な情報をまとめてみました。台湾に3泊ほど旅行する際には是非、ビーチリゾートのケンティンへも行ってみて下さいね。台湾旅行に彩りが増しますよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjFfkuBgdJT