Um8ujoaihhazchxet4et

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

グアムの水族館アンダーウォーターワールド完全攻略3【2018年度版】

2018.09.11

グアムの中心地であるタモン街には、観光名所にもなっている水族館があります。トンネルアクアリウムでさまざまな海洋生物を見ることができ、サメの餌付けショーやレストランも楽しむことができます。今回はそんなグアムの水族館「アンダーウォーター」をご紹介します。

  1. グアムの水族館アンダーウォーターワールドとは
  2. グアムの水族館アンダーウォーターワールド①水族館探検を満喫する
  3. グアムの水族館アンダーウォーターワールド②サメの餌付けショーを見る
  4. グアムの水族館アンダーウォーターワールド③ レストランでディナーを楽しむ
  5. まとめ
グアム随一の繁華街であるタモン街。この中心にあるのが、水族館・アンダーウォーターワールドです。全長100メートルの長いトンネルアクアリウムで、100種類四千匹以上の海洋生物がいます。
アンダーウォーターワールドのコンセプトは、3「E」(Explore ・Experience ・Escape)で、水族館の見学やお宝探し、サメの餌付けショーや館内レストランでのディナーをまとめて楽しめます。
アンダーウォーターワールドはトンネル型の水族館になっています。100メートルもあるトンネルの横や上を魚たちが泳いで行く様子を見ながら歩きます。大きな水族館ではありませんが、大きなハタやサメ、ウミガメ、エイなど大きな魚をはじめとして、四千種類以上が泳ぐ様子を楽しめます。クマノミやタツノオトシゴ、ペンギンやアシカなど、水族館の人気者や、イグアナやフラミンゴといった変わり種もおり、日本では珍しい海洋生物も見られます。
「Behind The Sea」といったバックヤードツアーも開催しています。飼育員の方の話や研究成果も聞くことができるので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。午前11時、午後1時、午後3時の1日3回開催されており、事前予約は不要ですが、「オーシャンサファリ」のチケットが必要です。
毎日午後2時から20分間、サメの餌付けが見られます。水・金・日曜日は水中での餌付け。それ以外の曜日は水面からの餌付けです。この時間帯を狙ってサメの餌付けを見るのもおすすめです。
スキューバダイビングのライセンスを持っている方限定ですが、「Dive with The Shark」というプランがあります。水着さえ自分で用意すれば、ダイビングの器材は一式を貸してもらえます。水に入って、泳いでいる魚たちと直接触れ合えます。ウミガメやサメといった珍しい海洋生物も確実に目の前を横切ったりするので、スキューバダイビングのライセンスをお持ちの方にはぜひ参加していただきたいプランです。
アンダーウォーターワールドは、午後6時30分を過ぎると「ディナー・アンダー・ザ・シー」というレストランになります。ライトに照らされる水槽に囲まれながら、ディナーを楽しめます。このプランを楽しむには、3日間パスとディナーコース料理が付いたチケットを購入しましょう。
こちらのレストランでのディナーメニューはマグロのサラダや肉料理、デザートやバーガーなど。キッズメニューもあるので、子連れでも安心ですね。レストランでディナーを楽しんだあとは「海底ラウンジ」というバータイムを楽しめるプランもあります。お酒が好きな方にはこちらのプランもおすすめです。
<住所>Pantai Cenang, Mukim Kedawang, 07000 Pantai Cenang<電話番号>604-955-6100<入場料>大人38RM/子供28RM/シニア22RM<営業時間>通常10am-6pm/スクールホリデー9:30am-6:30pm
いかがでしたか。アンダーウォーターワールドはたくさんの楽しみ方ができる水族館になっています。グアムに行った際には、ぜひ海の生き物たちを近くで見ながら食事を味わう貴重な経験をしてみましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/rE3uIaEKEU/?tagged=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89