Kvoscv0oot0jrholuydo

モロッコ

CATEGORY | モロッコ

モロッコのお土産に最適!失敗しない13選を紹介!【2019年版】

2019.09.27

モロッコは北アフリカに位置する国で、あの有名な映画「カサブランカ」の舞台として知られています。アラブ文化とヨーロッパの文化が融合している国であり、有名な観光地の他、お土産にぴったりな雑貨が多くあります。その中で、モロッコの人気お土産を13個厳選して紹介します!

この記事に登場する専門家

Dbqjql344iugvjsgqr1g

青森在住の駆け出しライター

小川 真紀

青森県全体・岩手県北の観光グルメ・ドライブコースなどおまかせください。

  1. 美しすぎるモロッコの魅力は?
  2. モロッコの人気お土産①ジェラバ
  3. モロッコの人気お土産②ティーグラス
  4. モロッコの人気お土産③アルガンオイル
  5. モロッコの人気お土産④モロッコの絨毯
  6. モロッコの人気お土産⑤バブーシュ
  7. モロッコの人気お土産⑥タジン鍋
  8. モロッコの人気お土産⑦モロッコビール
  9. モロッコの人気お土産⑧モロッコランプ
  10. モロッコの人気お土産⑨ガスール
  11. モロッコの人気お土産⑩モロッコ食器
  12. モロッコの人気お土産⑪癒し天然植物由来 ローズウォーター
  13. モロッコの人気お土産⑫椅子のようなクッション プフ
  14. モロッコの人気お土産⑬イスラム女子の必須アイテム ヒジャブ
  15. モロッコの人気お土産 まとめ

モロッコとは、大西洋と地中海に面した場所に位置し、正式には北アフリカの国の一つです。ここはアフリカとヨーロッパの文化が融合され、相互の魅力を取り入れた文化や歴史を残す場所。また、中世の名残のある地区もあり、有名な観光スポットでもあります。他にも安心「青い街(市場)」では、陶芸品や金属アクセサリー、モロッコの素材で作ったクリエイターさんたちのハンドメイドなど多々あるバラエティーに富んだ市場はとても有名。海を見下ろすような美しい景勝地モロッコで、いろいろ文化に触れて楽しんできてくださいね。

ジェラバはモロッコ女性たちのオシャレの原点といえるほど、モロッコ女性には欠かせない、モロッコの民族衣装です。

ジェラバとはモロッコの民族衣装であり、極力肌の露出を控えた服です。どうしてそのような形かというと、モロッコがイスラム教圏であるからです。

イスラム教では女性は極力肌を見せないのが好ましいですから、それに配慮した民族衣装なのです。

体全体を覆うようになっていますから、気軽に着られる服として、部屋着とかにしてもいいですよね!フードが付き、カラーバリエーションが豊富であったりしますから、自分用のお土産にもいいですよ!

Q5xcrnma6rf7z7s8zh6c
引用: https://www.instagram.com/p/BiXFCdmFAVX/?tagged=%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%90

ちなみに、モロッコでは男の人も着用しています。男の人が着てもカッコいいですから、いろんな友人の方へのお土産にできますよ!市場にいろんな種類のジェラバが売っています。

モロッコでは綺麗でカラフルなグラスを使って、ミントティーを飲みます。実はミントティーって、モロッコでは日常的に飲まれている飲み物なんです!

紅茶と言うとイギリスを思い浮かべますが、モロッコのミントティーはイギリス商人が中国のお茶を伝えたことから、モロッコのミントを合わせて作られたらしいです。

すっきりした飲み物かと思えば、お砂糖たっぷり入れるので、モロッコのミントティーはかなり甘いミントティーです。

そんなミントティーを入れるティーグラスは、どれにしようか迷うくらい美しく可愛いグラスばかりです!せっかくなので、モロッコのミントティーのセットと一緒にご購入してはいかが?

皆さん、アルガンオイルって聞いたことありませんか? 美容オイルとして結構有名になっていますよね。実はそのアルガンオイル、モロッコ原産なんです!

アルガンオイルはアルガンという植物の木の実から採れるオイルであり、美容成分が豊富なほか、食用にも使えます。コレステロールを低下させてくれる効果があるそうです。

そんな美容や健康に良いアルガンオイル。実はとっても高価なものです。スーパーか専門店かで違いますが、150ℓで約2000円くらいします。お土産として買うときや自分用に買うときは注意が必要です!

質の良いアルガンオイルは「少し黄色に濁っているが透明な液体」です!また、アルガンオイルは光に弱いため、帰国するまで管理が難しいですが、ガラス容器に入れて暗い場所に保管しましょう。

シェバラと一緒で、モロッコの絨毯もお土産として良いですよ!まずそのカラーバリエーション!いろんな色があって目移りします。

モロッコの絨毯はかつてモロッコの帝都であったマラケシュの市場でよく見かけます。この記事で紹介している他のお土産自体が経済発展著しいマラケシュで見かけます。その中で絨毯は店頭によくつってあります。

カラーバリエーションは絨毯らしい茶色やオレンジなどの色の他、明るめの色を混ぜたカラフルな絨毯が多いです。

また、独特で繊細なモロッコ刺繍がしてあり、それでオシャレ度がぐっと上がります!そして、一つひとつ手作りで作られているため、普通の絨毯とはまた違う手触りかもしれません。

バブーシュは伝統的なモロッコの履物です。バブーシュもカラーバリエーションが豊富で、いろいろな模様のものが市場にあります。

バブーシュは踵がないというか、踵を踏みつけたような作りになっています。それは、イスラム教徒の方が毎日欠かさず行うお祈りの時、すぐ脱げるようにするためらしいです。

つま先が尖っているタイプや丸みを帯びたタイプと形態が違ったりして、自分に合う方を選択できます。ヒールみたいに高くなく、フラットな室内履きみたいで、使い勝手が良いですよ!ご友人用と自分用に数足づつ買われるのがオススメです!

日本でも流行りましたよね、タジン鍋!モロッコはその本場です!日本より、安くて可愛いタジン鍋がたくさんあります!

少量の水で調理ができるタジン鍋。手軽な調理が可能ですから、一人暮らしの人へのお土産にはぴったりです!また、日本で売られていたものと違い、小さなタイプもあります!

どのタイプも可愛い模様が入っていますから、こちらも選ぶのが苦労しますよ!本場のタジン鍋を是非お土産として持って帰りましょう!

モロッコビールで有名なのは、やはり「カサブランカビール」です。映画「カサブランカ」の舞台となった街であり、モロッコ屈指の商業都市です。

そんなカサブランカの街で生まれた「カサブランカビール」は、創業が1919年というビールメーカーが作っています。

モロッコはイスラム教圏なため、ほとんどアルコールを飲む人はいません。しかし、観光地や高級リゾート地では外国人の方がいますから、「カサブランカビール」は人気です。

あなたも「カサブランカビール」を飲んで、映画「カサブランカ」の世界に浸ってみてはいかがでしょうか?モロッコ名物のお土産としてぴったりです。

「モロッコの人はどうやってこんな繊細なものが作れるのか…」と感動してしまうほど見事な品が、「モロッコランプ」です!

網模様が素敵なモロッコランプは、カラーバリエーションが豊富なほか、いろんな形をしたものがあります。

布張りのタイプやメタルフレームのタイプといろんな種類があり、灯をつけたら貼ったガラスの色に反射してとても綺麗です。市場にいろんな種類が売っていますから、のぞいてみましょう!

お部屋のインテリアとして、自分好みのものを選び、日本のご自分の部屋でモロッコ気分を味わってみてはいかがでしょうか?

モロッコでは14世紀あたりからすでに使われていた、美容用品ガスール。モロッコでは日本でいう石鹸のように使われてきました。

ガスールとはモロッコで採れるミネラルがたっぷり含まれる粘土のことです。泥を乾かして、表面のみを取ったものが売られています。

髪、顔、全身に使用できます。吸着力が強く、肌の汚れをきれいに取ってくれます。また、ミネラルが豊富なため髪がしっとり洗いあがります。

日本でも注目されつつあるガスール。洗髪、全身洗浄、パック、洗顔と万能です。現地では、スーパーで一個100円くらいですから、ばらまき用のお土産にオススメです!

モロッコは食器もオシャレなんです!何度も言っていますが、本当にカラーバリエーションが豊富で模様も繊細なものが多いです。

「フェズ柄」と「マラケシュ柄」があり、「フェズ柄」はホワイト、「マラケシュ柄」はブラウンを基調としています。

お皿やコップ、どれも目移りしてしまうほど美しい模様が施してあります。料理の盛りつけが楽しみになってきますよ!市場のお店によって違うので、いろんなお店へ行ってみましょう!

実際使うのもいいですが、インテリアとして部屋に飾っておくというのもいいですよ!

モロッコ女子に大人気「ローズウォーター」。モロッコにはダデス渓谷とう観光地に行く途中の街「ケレアメグーナ」があり、ここは街全体がバラの香りが漂う癒しの場所として有名。

ここはバラの生産地なのでしょう、いろんな各所にバラの庭園がいっぱいあります。そんなバラの天然植物由来の成分を、ローズオイルやローズウォーターなど、コスメやボディケアとして女性へのお土産に人気です。

ちなみにバラの見ごろは4月下旬から5月上旬くらいだそうで、その時期に訪れた時はぜひ足を運んでみてください。ローズウォーターなどは通年販売しているのでお土産に買って帰りましょう!

モロッコ人気のお土産の一つ「プフ」。これは革製でできたクッションのこと。日本にもいろんなクッションがありますが、革製で作られうえ、高さがあり、クッションというよりも椅子に近いかも!?

お土産なので、こんな大きなものは日本に買って帰れないという人。もちろんクッションカバーだけでも販売しているのでご安心を!画像のようにいろんな革カバーがあるため、高級感があり、お部屋の雰囲気などによってデザインを選べるのがうれしいですね!

クッションカバーなら老若男女、あるいはシーン別に色や模様を選ぶのも良いかも!特に彼女へのお土産は淡いピンク系がおすすめ。彼氏へのお土産なら渋いブラウン系がおすすめ。もちろんお好みで選んでくださいね。モロッコの雑貨屋さんなら購入できます。ぜひ見かけたらゲットしましょう。

モロッコ土産に「ヒジャブ」はいかがですか?アラブ系の女性たちが覆っている布のこと。(ヒジャブとは覆うという意味)主にイスラム教の多いモロッコの女性は、「美しい部分は人に見せてはいけない」という教えに基づいた催し物で刑法で定められています。

日本人はほとんど仏教の割合を占めているので、イスラム教のように日常茶飯事にヒジャブを身につける習慣がないですよね?だからこそモロッコのお土産としてヒジャブがおすすめ。いろんデザインがあるので、ファッションアイテムとして使うのもおしゃれかも!?

モロッコでは市場などで取扱っているお店がたくさんあります。たくさんのマネキンを使い、ヒジャブが展示されているのもモロッコの魅力ですね。現地の女性たちの唯一のファッションアイテム。とにかく色の定めがないのがメリットかも。

また、高級ショッピング街のショウウィンドウに、ヒジャブがマネキンを用いて展示されています。これはまさに日本ではあり得ない光景ではないでしょうか。ヒジャブは毎日使うものだからこそ、生地がしっかりしているので、日本でも何か新たなファッションアイテムとして取り入れてみるのもおもしろいかも!モロッコのヒジャブをぜひ日本へ持ち帰りましょう!

いかがでしたでしょうか?モロッコはアラブ文化とヨーロッパの文化が融合しているからか、独特で素晴らしい雑貨類がたくさんあります。

モロッコのお土産は意外と日常使いができる雑貨類が多いため、お土産選びには時間がかかりそうです。また、価格が安いため、ばらまき用のお土産選びが他の国より選びやすいかもしれません!

モロッコの人気お土産10選を参考に、時間に余裕があれば他のお土産もいろいろと見てみましょう。この記事が皆さんのモロッコのお土産を選ぶことに、役に立てば嬉しいです!