Hc2pzmowsbrndfhpe5uf

ロシア

CATEGORY | ロシア

ロシアの物価情報まとめ!コーラは幾ら?知っておきたい9つのこと【2019年版】

2019.12.23

ロシア旅行に行きたいと思っている方、ロシアってどれくらいの物価なのか気になりますよね? ロシアで滞在するときに食費は?交通費は?観光箇所の入場料は?コーラ1本いくら?などロシア旅行に行く前に知っておくべきロシアの物価情報をご案内します

  1. ロシアの物価情報:ロシアの通貨
  2. ロシアの物価情報:クレジットカード
  3. ロシアの物価情報:ホテル代
  4. ロシアの物価情報:レストランでの食事代
  5. ロシアの物価情報:交通費(公共交通機関)
  6. ロシアの物価情報:日用品
  7. ロシアの物価情報:スーパーでの食品
  8. ロシアの物価情報:観光地での入場料
  9. ロシアの物価情報:医療費
  10. まとめ
ロシアの通貨はルーブルです。そして1ロシアルーブルは日本円で1.64円です。【2018年9月5日現在】 ロシアでは法律で、すべての決済はルーブルで行わなければならないというものがあります。 「えっ?レストランでユーロが使えたよ!!」ってことも多いですが、これは実は違法行為なのです。
ではロシア旅行に行くときに、ルーブルにどこで両替すべきかをご案内します。
通常、外国通貨に両替するのに、両替所、銀行、郵便局、空港の順番で為替レートや手数料が悪くなるというのが一般的です。 日本の空港でも日本円からルーブルに両替することは可能です。現地の空港で日本円からルーブルに両替することはできないので、日本語も通じて安心なことからついいつ両替してしまいそうです。
でもちょっと待ってください。
空港での両替は為替レートも手数料も高いのでおすすめできません。 おすすめの方法は、日本で一般的な米ドルかユーロに両替していくことです。 そしてロシアに着いたら街の両替所でルーブルに両替しましょう。モスクワやサンクトペテルブルグなど大都市には町中のいたるところに両替所があります。
ではロシアに旅行に行ったときにクレジットカードはどれぐらい使えるかをご案内します。
ロシアもクレジットカード社会です。モスクワやサンクトペテルブルクなどの大都市ではクレジットカードが使えるお店や食事するレストランも増えてきました。 MasterCardやVISAが一般的ですが最近はアメックス、JCB、ダイナースなどのカードも使えるようになってきたようです。
そしてクレジットカード利用可能と書いてあるお店でもカード払いを拒否されることもあるそうです。 そんなときは現金での支払いになります。
2018年ロシアワールドカップでホテル代が54倍にも跳ね上がったホテルもあるロシアのホテル事情ですが、一般的には下記の料金がモスクワの相場のようです。
■2つ星ホテル(1泊):3,000円~■4つ星、3つ星ホテル:6,500円~■5つ星ホテル:15,000円~
ちなみにトリップアドバイザーで調べると、モスクワの1泊・1部屋(2名で利用)のおすすめホテルの最低料金は下記のようでした。

ホステル・ゲストハウス

■Hostel Multifruit:1,264円■Hostel len Inn Luxe:1,399円■Retro Moscow Hotel:2,114円■

イン・ゲストハウス

■South Port:5,682円■Stolichnaya Hotel:5,186円■Pogosti Na Alekseyevskoi:6,128円

4つ星・3つ星ホテル

■オクサナ ホテル:7,112円■Hotel Petrovka 17:7,079円■Hampton by Hilton Moscow Strogino:8,149円

5つ星ホテル

■インターコンチネンタル モスクワ トヴェルスカヤ:16,800円■スイソテル クラースニエ ホールミ:33,025円
などです。ちなみに最高級ホテルのヒルトン モスクワ レニングラードスカヤは115,654円でした。
ロシアでのレストランでの食事代はほとんど日本と変わりません。ホテルでの食事は比較的高いし、街角の安いレストランですと一食1,000円以下で食べれます。
中級レストランでコースメニューの場合では一人3,000円ぐらいなのでこれも日本で食べるのと同じぐらいの価格です。
もともと食事の際、チップの習慣がロシアにはなかったのですが、最近は求めてくるウェイターもいて、相場はだいたい10%ぐらいです。
ちなみにレストランで食べなくても、節約のために日本にもあるファーストフードのお店で食事を済ませるのも手だと思います。日本にもあるマクドナルド、ケンタッキー・フライド・チキン、スターバックスなども日本と同じぐらいの価格です。
モスクワ観光する際によく利用するのは、トランバーイ(路面電車)やメトロ(地下鉄)が便利で使いやすいです。 メトロの駅は豪華な作りで、特に5号線は宮殿のような作りで必見です。 そして荷物は有料なので注意が必要です。
ちなみに各種交通機関の値段は下記のようです。 ■マルシュルートカ(乗り合いバス):約75円■普通のバス:50円■タクシー(初乗り)163円■メトロ(地下鉄):50円■トランバーイ(路面電車):32円■エレクトリーチカ(郊外列車):行き先による
日用品はほぼ日本と同じぐらいの金額です。もし日本から持ってくるのを忘れてロシアのスーパーで購入しなければならなくなったら参考にしてください。
■シャンプー:320円■歯ブラシ:80円■歯磨き粉:150円■髭剃り:44円■生理用品:160円
ちなみにトイレットペーパーは40円ぐらいです。
現地で節約するために、スーパーで食料品などを買ってきてホテルの部屋で食事を済ませる方もいると思います。そのためにスーパーで購入する場合の食料品などの物価をご案内します。
■トマト(1㎏):248円■リンゴ(1㎏):310円■バナナ(1㎏):258円■オレンジ(1㎏):266円■ハム(100g)110円■パン(1斤):71円■カップヌードル:131円■ジャム(1瓶):234円■水(1.5リットル):104円■牛乳(1リットル):152円■コカ・コーラ(500ミリリットル):106円■ビール(500ミリリットル):96円
ハムなどは安いので、部屋でハムを食べながらビールを飲むのもいいのではないでしょうか(笑)
ロシアの主な観光場所の入場料をご案内します。
■クレムリン【モスクワ】:573円■エルミタージュ国立美術館【サンクトペテルブルク 】:1147円■赤の広場【モスクワ】:無料■聖ワシリイ大聖堂【モスクワ】:1,638円■ハリストス復活大聖堂 (血の上の教会)【サンクトペテルブルグ】:410円■クレムリン【モスクワ】819円■エカテリーナ宮殿【サンクトペテルブルク 】:524円■ウスペンスキー大聖堂【モスクワ】:無料■カザン聖堂【サンクトペテルブルグ】:無料■宮殿広場【サンクトペテルブルク 】:無料
主な観光地の有名な人気観光場所の入場料をご案内しました。参考にしてくださいね
ロシアへの旅行中に病気になるかもしれません。 そんな時にロシアでの治療費を知っておくと何かがあったときに安心です。 ロシアでの主な病気の治療費は下記のとおりです。
■盲腸手術:約60万円■病院部屋代 (1日当たり);相部屋5.1万円・個室7.2万円・ICU7万円■骨折時の治療費;2.8万円
いかがでしたか? ロシア旅行に行くのに、ロシアの交通機関や入場料、スーパーでの食品の値段を知ることにより大体の滞在費のめどが立ったと思います。
ぜひロシアの物価から現地ではどれぐらいかかるのかを知って、いくら持っていけばいいかの目安にしてください。
では気をつけて、ロシア旅行を楽しんでくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjzdWcfg7oK/?