Sguzwpbodrdxwi2ljeo9

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

ポートランドのお土産・ばらまきお土産にぴったりなおすすめ8選

2019.09.13

全米で住みやすい街No.1を獲得したポートランド。実は他の街とは一風違った独自のライフスタイルを沢山持っている街なんです。今回は住民もお土産もハイセンスなポートランドでぜひゲットしたいおすすめの「ばらまき」が出来るお土産をお菓子から雑貨まで8つご紹介します。

この記事に登場する専門家

Vx8wtr5wnxmvbvv2zi6k

高千穂在住ライター

横尾モモコ

旅好きの高千穂在住ライターです。高千穂の歴史と神話と風景に惹かれて住みはじめました。旅行は国内旅行が主ですが最近は東欧や北欧に興味があります。ちょっとだけオーストラリアのメルボルンに住んでいた事もあります。

  1. ちょっぴり風変わりな街ポートランド!
  2. ポートランドのお土産【お菓子】1:JACOBSEN SALTのキャンディー
  3. ポートランドのお土産【お菓子】2:Quinのキャンディー
  4. ポートランドのお土産【お菓子】3:Woodbrockチョコレート
  5. ポートランドのお土産【お菓子】4:ヘーゼルナッツ
  6. ポートランドのお土産【お菓子】5:Bee Localのはちみつ
  7. ポートランドのお土産【雑貨】6:Powell's Booksのグッズ
  8. ポートランドのお土産【雑貨】7:33 Books Co.のテイスティング・ジャーナル
  9. ポートランドのお土産【雑貨】8:CAMAM SOAPのオーガニック石鹸
  10. おわりに

「Keep Portland Weird(風変わりなままでいよう)」をスローガンに掲げるポートランドは、アメリカの中でもちょっぴり変わった雰囲気を持つ街。この街はスローガンの通り個性を大事にする住人達によって独特の流行やライフスタイルが確立されています。

そんなハイセンスな街へ旅に出たらお土産もハイセンスなものを選びたいですよね。今回はそんなポートランドのお土産の中でも職場や友達への“ばらまき”にピッタリなハイセンスお菓子からハイセンス雑貨まで、一挙に紹介して行きます!

はじめに紹介するポートランドでのおすすめお土産は「JACOBSEN SALT」のキャンディーです。JACOBSEN SALTはポートランド出身ベン・ジェイコブセンが立ち上げた塩ブランドです。ベン・ジェイコブセンはアメリカ産の最高の塩を作りたいという信念の元、趣味の塩作りを仕事にしました。JACOBSEN SALTの塩はポートランドの西80マイルに位置するネターツ湾の海水で作られます。

ベン・ジェイコブセンの熱心な塩作りが評価されポートランドのナチュラル系スーパーマーケットなどから商品化のオファーが続々と続き今ではポートランドの地元住民から深く愛される塩ブランドになっています。

そんなポートランドらしいブランドであるJACOBSEN SALTですが、塩はちょっとかさ張って“ばらまき”には向かないかもしれません。しかしそんなブランドからもばらまきの定番であるキャンディーが出ています。

味はキャラメルソルトとリコリスソルトの2種類。パッケージもオシャレな女子に好まれそうなデザインです。職場や学校でちょっとだけお土産を渡したいときにいかがでしょうか?それなりに親しい人が相手であればリコリス味でイタズラするのもアリかもしれません!

引用: http://noren3.com/wp-content/uploads/2015/02/tsubo-quin2.jpg

次に紹介するのは「Quin」のキャンディーです。Quinは2013年に創業された比較的新しいポートランドのキャンディーブランドです。このお店の特徴は原材料にオレゴン州産の果物や塩など、地元産のものを利用して保存料や着色料は用いないという素材へのこだわりです。

奇抜な色や形の食べ物を沢山見かけるアメリカですが、昨今はオーガニックブームによってこのような無添加のお菓子も多くの支持を集めています。このQuinの無添加キャンディーも今や全米各地のレストランや食料品店で取り扱われています。

引用: http://noren3.com/wp-content/uploads/2015/02/tsubo-quin1.jpg

地元で製造されたワインフレーバーのキャンディーや、名産品であるヘーゼルナッツ・はちみつ・塩などを用いたキャンディーはどれも上品で大人の味がする新感覚のキャンディーです。もちろん、甘いフレーバーを選べばお子様にも喜ばれる事間違い無し!

パッケージはどのキャンディーもシンプルでオシャレ、個包装タイプのものでも相手の好みや性別に関係なく配りやすいのでばらまき土産にもってこいのメーカーです。

ただし、実店舗は1店のみ!しかも支払いは現金が使えないので要注意です。キャンディーを1つだけ買うとしてもカードが必要ですので実店舗に行かれる方はカード必須です。

次に紹介するのは「Woodbrockチョコレート」です。Woodbrockチョコレートは焙煎からパッケージまで全てをポートランドで行うポートランドを代表するチョコレートメーカーです。

実店舗ではこじんまりとした雰囲気の中ほのかにチョコレートが香ります。店内ではカカオの産地毎に全く違う味と香りのチョコレートを試食する事ができ、自分好みのチョコレートを探すのがとっても楽しいお店です。

パッケージは様々な種類があってとてもオシャレ!実店舗に行かずとも実はスーパーで売られているのでポートランドでスーパーを見かけたらチョコレートコーナーを探してみてください。「Whole Foods」というアメリカのチェーンスーパーでも売られていますよ!

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31hlnwvYzhL.jpg

次に紹介するポートランドのお土産としておすすめのお菓子はちょっと趣向を変えて「ヘーゼルナッツ」です。

アメリカで生産されているヘーゼルナッツのうち、なんと99%がポートランドが属するオレゴン州で生産されています。現地の家庭でも料理やお菓子作りによく使われており、スーパーで気軽に手に入るためお土産にとてもおすすめです。

少量ずつ包装されているものを選べば、友人たちへのばらまき用土産としても喜ばれます。このような、ちょっと身近な名産品はばらまきながら旅行のお土産話にも花が咲くのでおすすめです。

もちろんちゃんとお菓子になったヘーゼルナッツもポートランドには沢山あります!しかし空港などに売っているチョコレートがあまりにも定番……という方は「MADE IN OREGON」での買い物がおすすめ。

ポートランド産のヘーゼルナッツバターやジャムなどちょっと変わったものも揃っていますよ。

引用: https://c25.future-shop.jp/shop/item/recocochi/design/img03/br_bee-local_790x450.jpg

次に紹介するのはオシャレな健康志向の街ポートランドらしいお土産「Bee Local」のはちみつです。

このはちみつは非加熱、無濾過、無精製で、ミツバチが運ぶ本格的なはちみつに限りなく近い状態で販売されてる生はちみつです。はちみつが生である事のメリットは、精製や加熱などをしない事によって、はちみつが本来持つ栄養素が一切壊される事無く「天然のサプリ」と呼ばれるほどの高い栄養を残す事。そして生はちみつが、Bee Localの生はちみつとして商品化されるにはBee Local独自の養蜂ルールで養われた蜂たちでなければなりません。

Bee Localの商品だからこそ体験できる、贅沢で華やかな味わいをぜひお土産として持ち帰ってみてはいかがでしょうか。

引用: https://shop.r10s.jp/angers/cabinet/item_main0043/145350.jpg

Bee Localで売られているはちみつには、瓶詰めの他にもスティック状の個包装タイプになったものも!ちょっと変わった見た目なので使ってみたい人は多いはず。

職場や学校などへのばらまき用としてだけでなく、みんなでおしゃべりしながら試してみるのも良さそうですね。

ただし、1歳未満の乳児の居る家庭に配るのは要注意!赤ちゃんにははちみつは食べさせられないので他の無添加お菓子などの方が喜ばれるかもしれません。

引用: http://www.powells.com/portals/0/images/locations-burnside-2015.jpg

ポートランドはアメリカの中でもシアトルと1位2位を争う程曇りや雨が多い地域です。そんな土地柄が作用しているのか、ポートランド住民の読書量は全米でもトップレベル。そんな読書好きのポートランド人に愛される書店が「Powell's Books」です。

Powell's Booksはなんと在庫数100万冊以上、ジャンルもかなり多岐に渡り3500を超えると言います。

引用: http://hatchstudioinc.com/wp-content/uploads/2017/02/IMG_0296.jpg

そんなPowell's Booksでは雑貨系のオリジナルグッズも多く販売されており、お土産探しにはもってこい!

お店のロゴが入ったマグカップやエコバック、Tシャツなど、家にいくつあっても困らないタイプの雑貨類は家族や友人だけでなく職場へのお土産にもぴったりです。

また、とてもユニークなお土産として「ポートランドの雨」というものが売っているんだとか。ユニークなものが好きな人へのお土産として喜んでもらえること間違いなしです。

次に紹介するのは「33 Books Co.」から発売されている雑貨、小さなテイスティング・ジャーナルです。

これはポートランド在住のクリエイティブ・ディレクターが売り出した小さな手帳。中には美味しい物を食べた日付、値段、店名など様々な情報を書き込む事が出来ます。

画像はコーヒー用のものですが実は他にもワイン、ビール、スコッチからチョコレートやチーズ、牡蠣、葉巻まで11種類のバリエーションが発売されています。

上で紹介した「Powell's Books」でも購入する事が出来るようです。(2019年9月現在)

実はこのノート、リサイクル紙で作られているのですが、そのリサイクル紙までも出来る限りポートランドで調達するようにしているそう。インクにはワインやコーヒーが混ぜられているらしく、そんなかなりのこだわりっぷりがポートランドの思い出を持ち帰るにはもってこいのお土産です。

様々な種類のノートを持ち帰れば学校や職場でそれぞれに好きな物を選んでもらうと楽しそうです。

自然、オーガニック、無添加などトレンド感を常に先取りしているポートランドでは「CAMAM SOAP」のオーガニック石鹸も最近は定番のお土産雑貨です。

CAMAM SOAPでは小さな工房でひとつひとつ丁寧に手作りされています。凝固剤などの添加物を使わずに昔ながらのコールドプロセス製法を行う事により石鹸内の有効成分が大量生産される機会練りの約10倍にもなるんだそう。

最近はこのCAMAM SOAPがニューヨークやシアトルなどでもオーガニック好きの間で密かなブームを起こしているようで、すっかりポートランドを代表する石鹸ブランドになっています。

引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/000/899/361/4cad50f3a79857ac2526ddd58a7befd4cf6590d7.jpg?1486023204

石鹸を買う際に気になるのはやはり自分の肌との相性。

しかし、CAMAM SOAPからは乾燥肌用、敏感肌用、オイリー肌用などそれぞれの肌に合わせた石鹸が沢山出ています!そして、それだけじゃないのが面白い所。

このブランドからはベビー用もあればなんとペット用石鹸まで出ているのです!

こだわりのある方へのお土産としてももちろん、オーガニックや無添加に対して無頓着な方にも喜ばれそうなオシャレなパッケージと使用感なので、ちょっと気心が知れた仲間へのお土産には喜ばれそうです。ほんのりふわっとハーブが香る所もオシャレですので、お土産として貰うと嬉しくなりそうです。

引用: https://www.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2016/09/28048604796_20d4d60c06_z-640x401.jpg

今回はポートランドのばらまきお土産としておすすめしたいお菓子や雑貨を6つ紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

アメリカ、オレゴン州の中でも他の街とはちょっぴり違った雰囲気を持ち、オーガニックにこだわった健康志向な文化が根強いポートランドは、お土産になりそうなお菓子、雑貨類もオシャレでユニークなものがとても多いです。

みなさんもポートランドへの観光の際は、この土地ならではのスローライフを堪能しながらお土産探しを楽しんでくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.gousa.jp/sites/default/files/styles/hero_m_1300x700/public/images/hero_media_image/2017-04/048df232dcf31e992cb9143f695f416e.jpeg?itok=8AQcj59p