Qsasdwdksuk4idjprm0h

関西

CATEGORY | 関西

登山へ行こう!【2018年】日帰りで行ける関西の山5選・冬景色編

2018.09.07

冬の登山は難しく日帰りなんてできないと思っていませんか?登山シーズンは夏場ですが、冬ならではの景色が楽しめる登山は冬もおすすめです。関西には日帰りで登山や冬景色を楽しめる標高の低い山が多くあります。日帰りで電車でも行ける関西の山をご紹介していきます。

  1. 日帰り登山できる関西の山①:【大阪府】金剛山
  2. 日帰り登山できる関西の山②:【大阪府】生駒山
  3. 日帰り登山できる関西の山③:【兵庫県】六甲山
  4. 日帰り登山できる関西の山④:【滋賀県】比叡山
  5. 日帰り登山できる関西の山⑤:【奈良県】高見山
  6. まとめ
最初にご紹介する日帰り登山できる関西の山は、大阪府と奈良県の境にある「金剛山」です。金剛山地の主峰であるこちらの山の標高は1,125mで、都市部からも電車とバスで訪れることができます。大阪を代表する山として知られており、雪景色など四季を通じて楽しむことができます。

整備された登山道

さまざまな登山コースがあり、日帰りで楽しむことができる金剛山は、登山道がしっかりと整備されており歩きやすいコースもあるほか、金剛山ロープウェイというものを利用することできるので、冬の登山に不慣れという方や子供と一緒に登山を楽しみたいファミリーにもおすすめです。
続いてご紹介する日帰り登山できる関西の山は、大阪府と奈良県の境にある「生駒山」です。生駒山地の主峰であるこちらの山の標高は642mと低く、遊園地などもあり世代を問わず楽しめる日帰りが可能な山です。大阪の中心地からも電車で最寄駅まで行くことができます。

初心者にもおすすめの山

生駒山にはハイキングコースや登山道がしっかりと整備されており、関西でも初級レベルに該当する山となっています。ケーブルカーがあるほか、山の中腹には宝山寺、山頂には遊園地もある生駒山は、山道の大部分がコンクリートで整備されています。
続いてご紹介する日帰り登山できる関西の山は、兵庫県にある「六甲山」です。関西のランドマーク的な存在の山として親しまれている六甲山は標高931mで、神戸や大阪の街を眼下に一望できる絶景が楽しめる山として、初心者から上級者まで幅広く楽しめる山です。

登山は3ルート

電車でアクセスしやすい場所にある六甲山は、基本的に定番の芦屋ルート、初心者におすすめの東灘ルート、初心者におすすめの有馬ルートの3ルートがあります。さまざまな難易度のルートがあるので、レベルや難易度に合わせて何度も登りたくなる山です。
続いてご紹介する日帰り登山できる関西の山は、滋賀県と京都府の境にある「比叡山」です。延暦寺で知られている比叡山は、電車で駅からアクセスしやすい日帰り登山が楽しめる、比較的整備されている山です。

静かで落ち着いた登山

比較的穏やかな勾配の比叡山は、滋賀方面からのルート、京都方面からのルートがあります。整備されている道は多くありませんが、山道は分かりやすくなっており、比叡山の四季の空気を感じながら登山を楽しむことができます。下山は年中無休で営業しているケーブルカーがおすすめです。
最後のご紹介する日帰り登山できる関西の山は、奈良県と三重県の境にある「高見山」です。標高1,248mの高見山は、冬になると雪景色が美しい白銀の世界となり、霧氷や樹氷を見ることができる山として人気があります。

冬の装備が必須

霧氷や樹氷が楽しめる高見山は、冬になると雪が降る山としても知られており、通常の登山靴では危険となるため、アイゼンなどが必要となります。また、気象条件が悪い時には、安全のため登山を中止することがおすすめです。
登山へ行こう!ということで、日帰りで行ける関西の山5選をご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。関西には、標高の低い冬でも登山が日帰りで楽しめる山が多くあり、山頂からの雪景色は感動の絶景です。
冬の山は雪が降ることがあり、ご紹介した山を登山する際には、アイゼンなど雪山に対応できる装備が必要となる場合もあるため、事前に確認しておくことがおすすめです。ご紹介した情報が皆さんの参考になれば幸いです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/12/15/14/12/walking-569166_960_720.jpg