Kvjni4rtwxpmrsvaajvu

沖縄

CATEGORY | 沖縄

石垣島のおすすめダイビングスポット7選【2018年度版】~マンタ情報まで~

2018.09.07

新空港ができ、アクセスも良くなった石垣島、海中にはマンタがゆったりと泳ぎ、絨毯のように広がる美しいサンゴ礁が広がっています。雄大なマンタやカラフルな熱帯魚にダイビングで会いませんか。マンタ情報も含めて石垣島のおすすめダイビングスポットを7選してみました。

  1. 石垣島のおすすめダイビングスポット①川平石崎マンタスクランブル
  2. 石垣島のおすすめダイビングスポット②伊土名ドーム
  3. 石垣島のおすすめダイビングスポット③マンタシティポイント
  4. 石垣島のおすすめダイビングスポット④崎枝迷路
  5. 石垣島のおすすめダイビングスポット⑤ヨナラ水道マンタウェイ
  6. 石垣島のおすすめダイビングスポット⑥石西礁湖
  7. 石垣島のおすすめダイビングスポット⑦ビックドロップオフ
  8. まとめ
石垣島の川平湾は白い砂浜と、青く透明なサンゴ礁の海で有名な沖縄きっての景勝地です。川平石崎マンタスクランブルは、川平湾の北東沖に位置し、マンタに出会える確率が非常に高いスポットとして有名です。また初心者でも安心してダイビングできるのも魅力のひとつになっています。ピークは初夏から秋にかけてで、マンタが10枚以上も旋回する幸運に恵まれるかもしれません。Cカードがなくてもダイビングできる一日コースや半日コースもあるのでショップなどに確認してくださいね。
マンタはダイバーに絶大な人気があります。 正式にはオニイトマキエイと言って大型なエイの仲間です。エイといえば普通砂地を這っているものですが、マンタは違います。4メートル以上もある巨大な体で中層を飛ぶように泳ぎます。そんなマンタに真近に出会えるポイントが石垣島のマンタスクランブルです。

マンタって? 右上のURLをクリックして、ぜひ確認してくださいね。

石垣島の北部にある伊土名ドーム は、水深は5~20mと浅く、流れも弱いので上級者から初級者まで楽しめる人気のダイビングスポットになっています。サンゴの美しさはもちろん、洞窟のある起伏に富んだ地形やカラフルな熱帯魚の観察など魅力たっぷりのポイントです。春先にはコブシメの産卵行動も見られるとのことです。オスがメスに求愛し、そして産卵するという自然の生き物の感動の過程を、実際に目の当たりにできれば嬉しいですよね。
マンタシティポイントは、川平石崎マンタスクランブルから西へ約400m離れた新たなマンタポイントです。ここでは、マンタが回遊する根が1つため、ポイントに停泊できるボートは最大5隻までというルールがあります。従って混雑している場合は、周辺に停泊しながら順番待ちをするようです。もちろん、川平ですから一日コースや半日コースの体験ダイビングも可能です。初心者の方でも安心です。
崎枝迷路は天然のアーチとトンネルが複雑に絡まった地形で、まさしく「迷路」と呼ばれるに相応しいポイントです。クレバスの間を進んでいくと、幻想的なシルエットと光のシャワーが迎えてくれます。リーフに囲まれて流れもほとんどないため、初心者からも人気のポイントになっています。周辺ではクマノミ5種類が生息しており、クマノミファンにもたまらないポイントになっています。
川平石崎マンタスクランブルやマンタシティポイントと並んでマンタの見られる場所がもうひとつ、それがヨナラ水道マンタウェイなんですね。一時期マンタが見られなくなった時期もありましたが、最近では戻ってまたその雄姿を見せてくれているそうです。マンタの場合、サンゴの根の上でのクリーニングシーンを見るのが普通ですが、ヨナラ水道は、真っ白な砂地にマンタがいるので写真撮影にはもってこいのスポットになっています。
浜島周辺に360種を超える造礁サンゴが分布する石西礁湖は日本で最大規模のサンゴ礁域です。その規模は、東西約20km、南北約15kmにも及びます。東側の「トカキンの根」では、イソマグロの遭遇率が高いとのこと、正にダイビングの醍醐味ですね。引き潮の時だけに現れる幻の島・浜島、ここに上陸とコラボした半日プランは、午前と午後に別れ所要時間約3.5時間です。南国の楽園が満喫できますよ。
最後に紹介するのは、中級者から上級者向けのポイント・ビックドロップオフです。一気に40mから50mまで落ち込むダイナミックで巨大なドロップオフが圧巻です。石垣島港からボートで約40分、外洋のため流れが速く変わりやすいので、天気の良い冬場にリクエストするのがおすすめです。イソマグロやロウニンアジ等の回遊魚、マンタやホワイトチップシャークなどの大物が現れることもあります。またハンマーヘッドシャークの目撃例も、すごい場所なんですね。
寒い日でも気温が16度以下になることは滅多にないという石垣島、そんな石垣島のダイビングスポットを独自の切り口で7選紹介しました。初心者から上級者、1日コースから半日コース、またライセンス取得2日~3日間コースなどその人に応じた選択ができるようになっています。これらはショップを通じて申し込みをするわけですが、ショップの傾向を知ることは大事です。ファンダイビングに重きを置いている店、ファンダイビングも体験ダイビングも大丈夫という店、講習を得意としているとか初心者向け専門など、HPをみればそのショップがどのツアーに注力しているか傾向が大体わかります。まずはHPを見て2~3店舗比較してみてください。今回はマンタ情報も3ポイントご紹介しましたが、最近ではもうひとつ「パナリ」というポイントも発見されたようです。本当に石垣島はマンタの宝庫と言っても過言ではありませんね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnV6k-1Bntp/?tagged=%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B3%B6