H6vx1xyairwb1brjdgwv

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

安心してベトナム観光する方法!ビザについてまとめ【2019年】

2019.04.18

東南アジアの人気観光国、ベトナム。テレビや雑誌でも特集が組まれたり、かわいい雑貨やフォーなどベトナムグルメも最近よく目にしますよね。でも、ただ旅行するだけにビザは必要?不要?そんなベトナム観光のためのビザについて、ビザ取得から延長方法までご紹介していきます。

  1. ビザが必要か不要か、まずは確認しましょう
  2. ベトナム観光ビザが不要で入国できる条件(15日以内なら不要)
  3. ベトナム観光ビザが必要な場合
  4. 30日以内の再入国について
  5. ノービザで入国後のベトナム滞在延長について(観光ビザ特例措置)
  6. ベトナム観光ビザの種類とは?
  7. ベトナム観光ビザの取得方法について
  8. ベトナム観光ビザの新たな試み「e-ビザ」
  9. ベトナム入国後に観光ビザを延長することはできるの?
  10. まとめ
Hrgkwtqqwfote7c8fmyj
引用: https://www.instagram.com/p/BhbmK8LFOLN/?hl=ja&tagged=%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3
「ベトナム観光に行きたい!」そう思っている人はけっこう多いのではないでしょうか?でも、海外旅行に行くときは、どの国でも必ず「ビザは必要なのか、不要なのか」という事を始めに確認しなければなりません。また、ビザが不要の場合でも必ず「期限」などの条件があります。「ではベトナムはどうなの?」ということで、さっそく確認していきましょう。
Soslu82oz4y3frljqaxe
引用: https://www.instagram.com/p/BhUGuB3F22T/?hl=ja&tagged=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88
15日以内の滞在で、ベトナムから出国する航空券を持っている場合はビザは不要となります。また、入国時にパスポートの残存期限が6ヶ月以上必要です。旅行会社などで申し込む一般的なツアーであれば、基本的に15日以内の滞在となるのでビザは必要ないという事になりますね。ただし、パスポートの残存期限については問題ないか、事前にしっかり確認しておきましょう。

ビザ不要の条件についての詳細

Bw0cykfezjp121sdorc7
引用: https://www.instagram.com/p/BhWyGokjQ18/?hl=ja&tagged=boardingpass
1:ベトナム出国日におけるパスポート有効期限が6か月以上あること(入国日ではないので要注意)
2:前回のベトナム出国日から30日以上の期間が経過していること(30日以内の再入国ならビザが必要)
 ※この項目については、のちほど詳しくご説明します。
3:往復の航空券または、第三国への航空券が必要(ベトナムから出国する交通機関の証明が必要)
4:ベトナム入国禁止対象者リストに属しないこと
P6fwulei08gecmhkvok5
引用: https://www.instagram.com/p/Bhb7cKPjb2C/?hl=ja&tagged=vietnamairlines
上記の条件に該当しない場合は、観光であってもビザの取得が必要となります。

ビザが必要な条件についての詳細

Wivijjqaizeriv26neio
引用: https://www.instagram.com/p/Be8f444na7v/?hl=ja&tagged=vietnamvisa
1:15日以上の滞在の場合
2:前回のベトナム出国から30日以内に再入国する場合
Rj7hxaxi2wcmwflarxpx
引用: https://www.instagram.com/p/7ALjqkNQaW/?hl=ja&tagged=%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E5%85%A5%E5%9B%BD
この「30日以内の再入国」についてですが、例えば、ベトナムから他の国へ向けて出国し、再びベトナム入国での期間が30日未満は、ビザを収得しなければなりません。(ベトナム→日本またはタイなどのベトナム近隣国→ベトナムの移動期間が30日以内の場合)
Aik2baw8qaz0hfqmt3rz
引用: https://www.instagram.com/p/BhcCP8mHaBk/?hl=ja&tagged=vietnam
「15日以内の滞在のつもりでベトナムに来たけれど、見どころが多すぎてもう少し滞在を延長したい!」または、「ベトナムの後に中国へ行ったけど、またベトナムに戻って観光したいな」など、もしもそんな状況になった時、条件によって滞在延長などの特例措置を受けることが可能になる場合があります。

①滞在期間延長措置

Qzpahh7pid5ozvou7d1i
引用: https://www.instagram.com/p/BR7drgRDL4o/?hl=ja&taken-at=585084011
15日の滞在許可期間を超えて引き続き観光目的の場合に限り、ベトナムに滞在延長することを希望する場合には、以下の条件によって特例措置を受けることができます。(但し、日本人など、ベトナムの査証免除による入国を認められた者であること)
1)往復の航空券を所持していること(ただし、航空券の有効期間が滞在期間延長に対応可能であること)また、国際旅行業の営業許可を有するベトナムの旅行会社の保証を有すること。さらに、滞在許可期限の3日前までに申請すること。

2)保証旅行社が所在する地を管轄する地方入国管理事務所又は公安省出入国管理局。申請は保証社を通じて行う必要がある。

3)申請を受理した出入国管理官署は保証旅行者に対し、申請受理後3日以内に結果を通知する。延長期間は旅行期間に応じた15日以内の期間であり、1回のみ許可される。

②到着ビザ

Plch8in74eitflmuc5zl
引用: https://www.instagram.com/p/BVw-1FihtRU/?hl=ja&taken-at=497675692
ベトナムにノービザで入国後、ベトナムを出国して第3国(日本以外)を経由し、30日以内に観光目的で再度ベトナムに入国する場合、特別に15日以内1回有効の「到着ビザ」を発給してもらうことができます。ただし、出国先が第3国ではなく日本の場合はこれに該当しません。つまり、「日本→ベトナム→日本→再びベトナム入国」での期間が30日未満は、あらかじめ観光ビザを収得しなければなりません。
Ahtvitd8vhkhgbswrstd
引用: https://www.instagram.com/p/BNUUI5zBQjj/?hl=ja&tagged=vietnamvisa
ビザが必要かどうかが分かったところで、それでは観光ビザの種類について見ていきましょう。

①観光 30日シングル(ビザタイプ:DL)

30日までのベトナム滞在が可能で、一度ベトナムを出国したらビザの有効期限が終了するタイプのビザです。(ビザの期限が残っていても同じビザでの再入国は不可)

②観光 30日マルチプル(ビザタイプ:DL)

30日までのベトナム滞在が可能で、有効期間中は何度でもベトナムに再入国できるタイプのビザです。例えば、30日以内で第3国を周遊してベトナムに再入国する場合に必要となります。

③観光 88日シングル(ビザタイプ:DL)

88日間までのベトナム滞在が可能で、一度ベトナムを出国したらビザの有効期限が終了するタイプのビザです。(ビザの期限が残っていても同じビザでの再入国は不可

④観光 88日マルチプル(ビザタイプ:DL)

88日間までのベトナム滞在が可能で、有効期間中は何度でもベトナムに再入国できるタイプのビザです。例えば、88日以内で第3国の周遊や日本に帰国したり、ベトナムとの再入国を繰り返す場合に必要となります。

パスポートについての注意点

P60kjyalpbx2rsjsufvq
引用: https://www.instagram.com/p/BhODYPxAos7/?hl=ja&tagged=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88
どの種類の観光ビザでもパスポートの残存期間は「ビザ失効日+1ヵ月以上」必要で、パスポートの未使用査証欄が2ページ以上あることも条件となりますので、ビザ申請の際はパスポートも必ず確認しておきましょう。
Nvnj3ofayyr4f8h4i3kw
引用: https://www.instagram.com/p/Bg0zdPdBTNx/?hl=ja&tagged=%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E5%A4%A7%E4%BD%BF%E9%A4%A8
観光ビザを取得する方法は、旅行会社に依頼するのが手間もかからず最も確実な方法だと言えます。ただ、旅行会社に依頼すると高い手数料がかかってしまうのが難点です。では、個人で直接手配することは可能なのでしょうか?実は、とっても簡単に手続きすることができるんです。

ベトナム大使館/領事館へ必要書類を郵送すればOK

Oeqkejldrfbzydjlyo6w
引用: https://www.instagram.com/p/BhYkieGnrK5/?hl=ja&tagged=%E9%83%B5%E4%BE%BF%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88
観光ビザ取得に必要な書類をベトナム大使館または領事館へ郵送するだけで申請可能なんです。家が近いという方は、もちろん直接訪問しても大丈夫。

観光ビザ申請に必要な書類と申請の流れ

観光ビザ申請に必要な書類は、「申請書」「パスポート」「ビザ費用」「証明写真」「返送用住所記入済みの着払送り状」の5つです。「申請書」については、ベトナム外務省公式オンラインビザ申書を利用して作成しましょう。
Mhcbbnlc0gztw6up0ygm
申請書の各項目の入力が完了したらプリントアウトします。あとは、3×4cmの証明写真、申請するビザの費用、パスポート原本と、返送してもらうための返送先を記入した「着払い伝票」をまとめて、近くのベトナム大使館/領事館へ「書留」で郵送するだけです。
Iotx5yw1jil6p9fihcf6
引用: https://www.instagram.com/p/BOlSgZoBqMM/?hl=ja&tagged=vietnamvisa
2017年2月1日より、新たにeビザ(電子ビザ)の発給が試験的に開始されています。ビザ有効期間30日間のシングルビザのみ。オンラインで申請して、ビザ発給後はプリントアウトしたものをベトナム入国時に提出するだけでOK!という実に簡単な方法です。現状まだ試験段階とのことなので、今後種類や手続き方法など変更になるかもしれませんので、直接ベトナム大使館/領事館に確認するのが良いでしょう。
U5dqhx4qelgppbr54trp
ビザ申請費用についてもオンラインで支払い(クレジットカードなど)、3日後にWEB上で発給されたビザをプリントアウトして、あとはベトナム入国時に提出するだけです。
Glgzxbinhbshpfo6kof2
トップページから入ると、各入力項目が出てくるので英語で記入していきましょう。
Pjvlvwl0uzwwfyha7puk
Voxw8n8yih9kzdqq5ies
引用: https://www.instagram.com/p/Bhb0BUoFjeV/?hl=ja&tagged=vietnam
残念ながら、答えは「NO」です。基本的に、ベトナム入国後に観光ビザの有効期間を延長することはできません。また、「観光ビザ」から「就労ビザ」などのビザの種類変更も不可です。観光ビザの有効期限が迫り、もしどうしても滞在期間を延長したい場合やビザの種類変更が必要な場合は、一度出国して再度新たにビザの取得が必要となりますのでご注意ください。
Eijoir7zvdwduhcvrfqo
引用: https://www.instagram.com/p/BhbtNlCAndD/?hl=ja&tagged=vietnam
ベトナム観光15日以内ならビザは不要ですが、長期の旅行になると観光ビザが必要となります。また、観光ビザでの就労などは禁止されていますので、ベトナム出発前にきちんと必要なビザを取得しておきましょう。それでは魅力たっぷりのベトナム旅行を楽しんで来てくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BOFX3JdgTTy/?hl=ja&tagged=%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E5%9B%BD%E6%97%97