Fd22sostyfrlcsguwbe9

スペイン

CATEGORY | スペイン

スペインのクリスマス!スペイン人おすすめの過ごし方をご紹介!

2019.12.10

クリスマスシーズンにスペイン旅行したいけど、どこが人気?お店は開いてる?どのように過ごす?日本とは事情が違いますので、疑問はたくさんありますよね。そこで今回はクリスマスから年明けにかけて、スペインでの過ごし方やおすすめする観光地をご紹介していきます。

  1. スペインのクリスマス◆期間は12月24~1月6日
  2. スペインのクリスマス◆スペイン人の過ごし方
  3. スペインのクリスマス◆観光や買い物がしたい方は都心部へ
  4. スペインのクリスマス◆静かに過ごしたい方はパラドールへ
  5. スペインのクリスマス◆スペイン流年の越し方
  6. まとめ
スペインはカトリック教による影響がとても強く、クリスマスに関してもその伝統や習慣は守られています。1月6日までというのもカトリックの伝統に従っての事です。ベツレヘムの地で誕生したイエス・キリストのところへ、東方より三賢人が訪れ贈り物をしたと云われています。
こうした事から、スペインでは1月6日にクリスマスプレゼントを贈る習慣ですが、近年では12月24日の晩もしくは12月25日にプレゼントを交換し合うところもあります。特に子供たちにとっては24日に欲しいでしょうから確率が多く、年配の方々は伝統に則って行う傾向にあり、実際のところは半分くらいの割り合いでしょうか。

スペインで年末年始を迎えるのならこちらの記事もおすすめ

スペインでは日本と違い、クリスマスは家族で過ごす1年の中でも最も大切な日。家族の絆を感じ、家族みんなが集まるという伝統が大切にされています。クリスマス・イヴは揃って家で食事をしますので、この日はほとんどのレストランやバルはお店を閉めます。お祭りや夜更かし好きなスペインの人々が、足早に家へ向かうのは、この夜ならではの光景かもしれませんね。
そして反対にスペインの大晦日は、日本で言うクリスマスのような感覚で、パァッと派手にパーティーを開いたり、外で盛り上がる人々もいれば、恋人と過ごしたりと思い思いの過ごし方が見られます。
スペインでクリスマスシーズンに行くなら、どこが最適かという疑問も出てくると思います。観光地での見学やレストランの有無でも状況が変わってきますよね。どこへ行くにもそうですが、まず何を目的に、どこへ行くかをはっきりさせると、なんとなく選択肢が見えてきます。
もし、観光や買い物、グルメなどを楽しみたいという方には、「マドリード」「バルセロナ」「セビージャ」「バレンシア」など、大きい街をおすすめします。12月24~25日、12月31日、1月1日と施設やお店が閉まる可能性がある日でも、全てのレストランが閉まる事はありませんし、街を散策するだけでも十分楽しめ、最悪でも3つ星以上のホテルでしたら、そこのレストランで食事もでき、ゆっくりと過ごせます。
そうではなく、静かにゆったり過ごしたい方には、田舎町へ行かれて「Paradorパラドール(スペイン国営の宿泊施設のこと)」で宿泊という方法をおすすめします。パラドールの建物は、かつての貴族のお屋敷やお城、修道院などが改築されホテルとして利用されており、どの施設も3つ星ホテル以上の満足度と安心な施設です。そして嬉しいことに、レストランが必ず入っていますので、美味しいその土地ならではの食事が提供されると有名なんです。
地元スペインの人々と一緒に年越しを楽しむのもいいですね。ホテルやレストランでも、大晦日の特別メニューが用意されており、新年を迎える12時の鐘にあわせ、12粒のぶどうを食べる習慣のスペイン。みんなでぶどうを食べて、新年を迎えたらスペイン産のシャンパンの「カバ」で乾杯!
もっと盛り上がりたいという方は、マドリードの「マジョール広場」へ行くと12時の鐘が中継で流され、ものすごい人の中でワイワイするのはいかがでしょうか。ただ、相当混雑しますので、場所取りをして、しっかり防寒対策をして、スリや危険な事には気を付けてお出かけしてください。
ここまでスペインのクリスマスシーズン、おすすめの過ごし方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?目的に合わせた場所を見つけていただき、素晴らしいクリスマスをお過ごしください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnTYlbcAZwU/?tagged=xmastree