U2ymavpmn8lbogl3dyql

アゼルバイジャン

CATEGORY | アゼルバイジャン

【2018年度完全版】アゼルバイジャンのおすすめ観光スポット6選

2018.05.05

今回ご紹介するのはアゼルバイジャンのおすすめ観光スポットについてです。アゼルバイジャンという国名を聞いたこともない人もいると思います。そんなアゼルバイジャンのおすすめ観光スポットをアゼルバイジャンの概要とともにご紹介します!

  1. 1.最初に
  2. 2.アゼルバイジャンへの行き方及び観光情報
  3. 3.アゼルバイジャンおすすめ観光スポットについて
  4. 4.アゼルバイジャンおすすめ観光スポット①城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔
  5. 5.アゼルバイジャンおすすめ観光スポット②ゴブスタンの岩絵の文化的景観
  6. 6.アゼルバイジャンおすすめ観光スポット③アゼルバイジャンカーペットミュージアム
  7. 7.アゼルバイジャンおすすめ観光スポット④フレイムタワー
  8. 8.アゼルバイシャンおすすめ観光スポット⑤マッドボルケーノ
  9. 9.アゼルバイジャンおすすめ観光スポット⑥ゾロアスター寺院
  10. 10.まとめ

アゼルバイジャンってどんな国?

まずアゼルバイジャンはどこにある国かご存知ですか?名前から想像して、中東エリアにありそうですが南コーカサスに位置しています。南コーカサスというのはアゼルバイジャン、グルジア、アルメニアの3カ国総称のエリアです。ロシアの東に位置していることから東ヨーロッパと呼ばれることもあります。首都はバクー、人口は約1000万人です。バクー油田を保有していることから豊富資源がありオイルマネーで潤っている国です。

アゼルバイジャンの公用語は?

アゼルバイジャンの公用語は、アゼルバイジャン語です。記号はアルファベットです。 少し英語に似ているところがあるのでわかる単語もあります。

アゼルバイジャンの宗教は?

アゼルバイジャンの宗教はイスラム教です。イスラム教には豚肉を食べてはいけない、お酒は飲んでいけないなどたくさんの制約があります。イスラム教には年に1回、約1か月にわたり断食期間があります。この期間はイスラム教ではない人もイスラム教徒の前では食べるのを控えるなど、制約があるので事前に調べておきましょう。

アゼルバイジャンの通貨は?

アゼルバイジャンの通貨はアゼルバイジャンマナト(Manat)です。1アゼルバイシャンマナトは2018年4月現在約63円です。

アゼルバイジャン観光情報:行き方について

残念ながらアゼルバイジャンへの直行便は日本からは就航しておりません。東京から一度乗り継ぎをして片道約16時間で行くことができます。代表的な空港は首都バクーにあるヘイダル・アリエフ国際空港です。日本からはカタール航空を利用してドーハ経由、トルコ航空を利用してイスタンブール経由で行くことができます。

アゼルバイジャン観光情報:ビザについて

アゼルバイジャンに入国する際、パスポートの他にビザが必要です。ビザはヘイダル・アリエフ国際空港で有効期間30日の一般査証が無償で発給されるので手続きを行ってください
アゼルバイシャンはカスピ海に面した東ヨーロッパに面する国であると同時にイスラム教徒が多数を締めている国なので中東なような街並みとヨーロッパの街並みが共存しているので見どころが満載です。また観光スポットにかかすことができない世界遺産もあるので併せて紹介していきます!

アゼルバイジャン観光スポット①:城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔とは?

アゼルバイジャンには2つの世界遺産があります。城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔は2000年にはじめてアゼルバイジャンで世界遺産に登録された場所です。世界遺産に登録された理由は歴史的建造物だからです。城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔はアゼルバイジャンの固有文化に加えて、オスマン帝国やロシア帝国などさまざまな文化の影響をうけた独特な景観です。この世界遺産のシンボル、シルバンシャー宮殿は15世紀に建造され、18世紀にロシア帝国の攻撃を受けて破損し20世紀まで修復がかかりました。もう1つのシンボルである乙女の塔は紀元前6-7世紀に建造されたとても古い建造物です。8層からなる円筒形の塔です。

アゼルバイシャン観光スポット「城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔」への行き方

首都バクーから徒歩5分でいける距離にあります。

アゼルバイジャン観光スポット②ゴブスタンの岩絵の文化的景観

ゴブスタンの岩絵の文化的景観は2007年に世界遺産に登録された場所です。ゴブスタン国立保護区にあり古代の彫刻物群が多数残っています。中でも岩絵は60万点にものぼり、太古の人類や動物、戦い、宗教的な舞踏など5000年前から2000年前に掘られたものが残っています。

アゼルバイジャンおすすめ観光スポット「ゴブスタンの岩絵の文化的景観」への行き方

首都バクーの郊外から南西に約65km、ゴブスタン国立保護区にあります。

アゼルバイジャンおすすめ観光スポット③アゼルバイジャンカーペットミュージアムとは

アゼルバイジャンカーペットミュージアムは世界でも珍しい、カーペットを専門に展示しているミュージアムです。 建物全体がカーペットの形をしておりインスタ映えする場所です。館内では世界中のカーペットが展示されており 売店コーナーや、実際に絨毯を織っている人をみることができます。

アゼルバイジャン観光スポット③アゼルバイジャンカーペットミュージアムへの行き方

首都バクーの中にある公園内にあります。「Neftchilar Avenue」通りに沿って公園が続いています。

アゼルバイジャンおすすめ観光スポット④ フレイムタワーとは

フレイムタワーとは炎をイメージした近代的なビルで首都バクーのシンボルタワーになっています。フレイムタワーにはオフィスとホテルが入居しており宿泊することもできます。高層階からはカスピ海とバクーの街並みを一望することができるのでとても綺麗な場所です。

アゼルバイジャン観光スポット ④フレイムタワーへの行き方

バクー市街から車で約20分の場所にあります。

アゼルバイジャンおすすめ観光スポット⑤マッドボルケーノとは?

マッドボルケーノとは泥火山のことで泥が噴出している場所のことを指します。日本でみることはあまりありませんが、アゼルバイシャン国内ではいたるところでみることができます。どす黒い泥が地底から噴出しているのをまじかでみることができ、実際にさわれる場所もあります。地球が活動していることをリアルに感じることができる場所です。

アゼルバイジャン観光スポット⑤マッドボルケーノへの行き方

世界遺産ゴブスタンの岩絵の文化的景観と同じゴブスタン国立保護区内にあるので世界遺産に訪れたらぜひ立ち寄ってみてください。

アゼルバイジャンおすすめ観光スポット⑥ゾロアスター寺院とは

ゼルバイジャンの宗教はイスラム教と紹介しましたが、ほかの宗教もあります。その1つがゾロアスター教です。ゾロアスター教は古代ペルシアを起源とする宗教です。ゾロアスター寺院は観光用に整備されており、寺院のこと宗教、歴史のことを学ぶことができます。

アゼルバイジャン観光スポット⑥ゾロアスター寺院への行き方

バク市街から公共交通機関(バス・地下鉄)を利用して約15分で行くことができます。
ここまでアゼルバイジャンのおすすめ観光スポットを一部ではありますが6選ご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?あまりなじみのない国で小さな国ですが、潤沢なオイルマネーがあるので成長著しい国で、国の発展を肌感じることができます。治安もよく、アゼルバイジャン人の性格は陽気なのでぜひ足を運んでみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/fran001/17990585073/sizes/z/