Eyy17kknoszmlcznd6o9

京都

CATEGORY | 京都

嵐山のおすすめレストランランキングBEST5【2018年度版】

2018.09.26

京都で有名な観光地嵐山は毎年多くの観光客や外国人が訪れいつも賑わっています。嵐山は見どころがたくさんあり美味しいレストランやカフェがたくさんあります。今回は京都嵐山にあるランチにおすすめのレストランをランキング形式で紹介させていただきます。

  1. 嵐山のおすすめレストランランキングBEST5【2018年度版】
  2. 嵐山レストランランキング①嵐山MITATE
  3. 嵐山レストランランキング②うなぎ屋 廣川
  4. 嵐山レストランランキング③豆腐料理 松ヶ枝
  5. 嵐山レストランランキング④トラットリア ヒューメ
  6. 嵐山レストランランキング⑤レストラン嵐山、京おばんざいバイキング
  7. 京都嵐山で美味しいランチを食べよう!
京都で有名な観光地嵐山は毎年多くの観光客や外国人が訪れいつも賑わっています。嵐山は見どころがたくさんあり美味しい食事処もたくさんあります。今回は京都嵐山にあるランチにおすすめのレストランを紹介させていただきます。嵐山観光の途中に訪れてみてはいかがでしょうか?
嵐山MITATEはお店の外観がおしゃれな京風フレンチをいただけるレストランで観光客だけではなく地元の方にも評判の人気店です。京料理に使われる高級食材とフレンチがコラボした新しい味の発見を楽しめる当店は味だけでなく器や庭園の風景など五感で楽しめるレストランとなておりランチは5000円のAコースと7500円のBコースがあります。ランチ料金としては少し高いですが京都嵐山に来たら一度訪れてみていただきたいレストランです。
地元の方から観光客までいつも行列のできる京都の人気うなぎ屋です。うなぎは国産厳選鰻(静岡、鹿児島、愛知等)から取り寄せています。水にも調理方法にもこだわったうなぎはふっくらジューシーで秘伝のたれがよく合います。焼きあがるまで少し時間がかかりますが待つ価値ありです。ぜひ絶品の鰻を食べてみてはいかがでしょうか?
Brdjnef2m6geswkuqwwb
引用: http://unagi-hirokawa.jp/menu.html
Erqyty5vfh1tfzlo5qrr
引用: http://unagi-hirokawa.jp/menu.html
素材の良さ、水の良さ、火の良さ、そして卓越した調理技術。これらが全て最高に発揮されて初めて極上の鰻の蒲焼の完成です。 当店はお客様がご飯の最後の一粒まで喜んで食べていただけるよう、こだわりを続けています。

Dzmrbmlkwvwjaodn2pz4
引用: http://www.arashiyama-yoshimura.com/matsugae/tenpo.html
高級感あふれる食事処でこだわりの美味しい豆腐料理を味わうことができます。豆腐は国産の大豆と京都の美味しいお水を使った豆乳で作り上げた豆腐はなめらかで濃厚な味わいです。夏は湯豆腐で夏は冷やし豆腐でいただけます。ランチにあっさりと京都らしい食事を食べに訪れてみてはいかがでしょうか?
国産大豆と京の水が生きた豆乳を用い、濃厚さと味わいを追求して仕上げた手作り豆腐は、 香りのよいそば豆腐と宇治の抹茶を加えた抹茶豆腐の2種。 熱々の湯豆腐のほか、夏の間だけの、さわやかな冷やし豆腐としてもお召し上がりいただけます。

2015年にオープンした京風イタリアンレストランです。目の前に渡月橋を眺めながらゆっくりとイタリアンを味わえます。特に晴れた日にはテラス席がおススメで絶景を眺めながら食事ができます。京都の食材をふんだんに使ったパスタで丹波牛が入ったミートソースパスタや丹波しめじ、京水菜が入ったパスタなどがおすすめです。パスタの上に湯葉が乗っていたりと京風イタリアンを堪能できます。
渡月橋の目の前にある大型観光施設レストラン嵐山の中に2014年オープンしたお店で渡月橋を一望できる絶景のお席で京都のおばんざいをバイキングでたくさんいただけるレストランです。メニューは常時60種類以上で京都の本格的なおばんざいが種類豊富に用意されています。京野菜天ぷらや京都ポーク等は目の前の鉄板焼きで調理され熱々をいただくことができます。
Ccyil8ubahqyt9d1rip4
引用: https://www.r-arashiyama.com/index.html
いかがでしたでしょうか?今回は京都嵐山にあるランチにおすすめのレストランを5軒ご紹介させていただきました。嵐山には他にもたくさんの食事処がありますのでどのお店に入ろうか迷うことが多いと思いますが参考になれば幸いです。ぜひ嵐山を訪れた際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://travel-noted.jp/posts/6927