Gup9tvkaqoghuziglr3e

韓国

CATEGORY | 韓国

韓国・コンセントと電圧の話【2018年版】変換プラグや変圧器を買うなら

2018.09.07

韓国と日本はコンセントの形や流れている電圧が違うことはご存知でしょうか? そこで、日本の電化製品を使用するには変換プラグが必要な場合があります。 今回は韓国・コンセントと電圧の話【2018年版】おすすめの変換プラグや変圧器をご紹介いたします!

  1. 韓国・コンセントと電圧の話【2018年版】変換プラグや変圧器を買うなら
  2. 【韓国・変換プラグや変圧器】日本と韓国では流れる電圧が違う!
  3. 【韓国・変換プラグや変圧器】使用する電化製品の電圧をチェックしよう!
  4. 【韓国・変換プラグや変圧器】おすすめ変圧器➀
  5. 【韓国・変換プラグや変圧器】おすすめ変圧器②
  6. 【韓国・変換プラグや変圧器】おすすめ変圧器③
  7. 【韓国・変換プラグや変圧器】日本と韓国はプラグの形がちがう?
  8. 【韓国・変換プラグや変圧器】ホテルによっては変換プラグは不要?
  9. 【韓国・変換プラグや変圧器】おすすめ変換プラグ➀
  10. 【韓国・変換プラグや変圧器】おすすめ変換プラグ②
  11. 【韓国・変換プラグや変圧器】おすすめ変換プラグ③
  12. 【韓国・変換プラグや変圧器】変換プラグや変圧器なしでも大丈夫!な方法➀充電式電化製品
  13. 【韓国・変換プラグや変圧器】変換プラグや変圧器なしでも大丈夫!な方法②簡易充電器
  14. 【韓国・変換プラグや変圧器】おすすめ簡易充電器➀
  15. 【韓国・変換プラグや変圧器】おすすめ簡易充電器②
  16. 【韓国・変換プラグや変圧器】おすすめ簡易充電器③
  17. 【韓国・変換プラグや変圧器】変換プラグや変圧器なしでも大丈夫!な方法③USB式の充電
  18. 【韓国・変換プラグや変圧器】変換プラグや変圧器なしでも大丈夫!な方法④節電して絶えしのぐ
  19. ここに追加 【韓国・変換プラグや変圧器】変換プラグや変圧器なしでも大丈夫!な方法⑤空港で充電
  20. まとめ
Qhdiyuflomjeecjwmoel
引用: http://www.flickr.com/photos/149561324@N03/37719420094
韓国に旅行する際に、ヘアアイロンやこてなど、日本で使用している電化製品をそのまま持っていきたいという方も多いはず。でもちょっと待ってください!そのまま向こうで使用すると、電化製品が壊れてしまったり、停電などが起こってしまうかも知れません!異国の地で事故はおこしたくないですよね・・・そんな方はまずこの記事を読んでみてください!韓国と日本では流れている電圧が違うほか、プラグの形状も違います。日本のものをそのまま韓国で使用する際には変換プラグや変圧器が必要な場合も。安全に電化製品を使用するためにも必ず目を通して、韓国旅行の準備をしてくださいね。
Krrggzvnfczlaywbyp2r
引用: http://www.flickr.com/photos/32348401@N00/13400353733
Lnijhuacxwvjt1kjjiv6
引用: http://www.flickr.com/photos/42925588@N00/4573668799
先ほどご紹介した通り、日本と韓国は流れている電圧が違います。簡単に言うと、電気の強さが違うのです。日本は一般的に、電圧は100ボルトです。ですが、韓国では220ボルトや240ボルトなど、日本の電圧の1倍以上の強さなのです。ですので、何も確認をせずに差し込んでしまうと電化製品が壊れてしまったり、ブレーカーが落ちたり、停電を引き起こす可能性もあります。
Ztbjhxjai1g9bsy8pypk
引用: http://www.flickr.com/photos/41002268@N03/4825450336
Ltcemidbefden2gvzpw5
引用: http://www.flickr.com/photos/80516279@N00/2305058761
ですが、今使用中の電化製品が韓国でもそのまま使用できる可能性もあります。確認方法は簡単で、お持ちの電化製品の充電器の部分や、持ち手などを確認してみましょう!電圧が100ボルトと書いているものは使用不可ですが、100~240ボルトと記載しているものだと、韓国でも使用することができます!最近の電化製品は世界中の電圧に対応するように作られているので、240ボルトまで可能というものも増えてきています。ですが、100ボルトのものもまだ多くあり、その製品を使用したい場合には電圧の強さを買える「変換プラグ」というものが必要になります。その変換プラグさえあれば、基本的に100ボルトでしかつかえないものでも、利用することが可能になるのです。
Fml1wi2kfe7cvctmwkz3
引用: http://www.flickr.com/photos/19648653@N00/4867550
ほぼ全世界で使用することが可能なこの変圧器は240ボルトから100ボルトに変換可能。ヨーロッパや他の世界の国々でも240ボルトが主流なので韓国以外の国に旅行する際でもこれひとつで完結します!口コミでも非常に評価が高い商品で安心の日本製です!
S857gviwrj8yxcmrohvq
引用: http://www.flickr.com/photos/155535822@N07/40710909045
この商品はなんと!変圧器と変換プラグが合体!わざわざ変圧器と変換プラグを別々に購入する必要がない他、韓国以外の国でも使用することが可能ですので、世界中を周遊したり、頻繁に海外旅行に行くという方にもおすすめです!
非常にリーズナブルな価格のこの変圧器は、コンセントのみならずUSBの差込口もあるので便利です!日本では使用することは禁じられていますが、韓国以外の国でも使用できますので、学生旅行や卒業旅行で世界周遊をするという方にもおすすめです!
電化製品をチェックして、電圧も変圧器も確認できた!でも、そもそも韓国と日本のコンセントのプラグっておんなじだった?と思っている方、その通り、韓国と日本ではコンセントのプラグの形が違います。日本ではプラグの形はAタイプと決まっていますが、韓国は日本とは違い、様々な形状のプラグが使用されています。韓国では基本的には3種類のタイプのプラグが使用されています。1つ目は、日本と同じくAタイプ、2つ目はSEタイプ、最後にCタイプの3種類です。SEタイプとCタイプは非常に似ているので一見同じかと思いますが違います。SEタイプのほうがCタイプよりも0.5mm太いのです。旅行に行く際にはCタイプかSEタイプの変換プラグを持っていくのがおすすめですが、SEタイプのほうがCタイプより太いため、安定して差し込むことができておすすめです!さすがに2種類一緒に持っていくのは面倒だと思いますので、そのような方にはSEタイプを用意していくのが良いでしょう!
韓国と日本ではプラグの形が違うとご説明いたしましたが、韓国客向けのホテルなどでは一部、日本と同じくAタイプのプラグが用意されている場合があります。その際は、変換プラグなくして充電をできたり、電化製品を使用することができて非常に便利です。ですが、あるホテルは全体としてごくわずかですし、仮にあったとしても室内のいくつものコンセントのうちの1つか2つです。旅行中はカメラや充電器、こてやヘアアイロンなど使用する電化製品は非常に多いので、沢山使用したいという方は変換プラグをもっていくかタコ足を用意するのが良いでしょう。タコ足はたくさんさしすぎたり、長い期間放置していると火事などが起きる可能性もあり非常に危険なので、使用には十分な注意が必要です。
1つのパッケージに1種類のコンセントの変換プラグがついているので、Aタイプ・Cタイプ・SEタイプすべてに対応可能な優秀な変換プラグです!一つ一つがばらばらなのでかさばったりなくす可能性はありますが、韓国以外の国でも使用できますし、、世界でもAタイプ・Cタイプ・SEタイプのコンセントは多くあるため旅行に沢山行くという方にはおすすです!シンプルなデザインで、コンセントの入れ口にどこタイプかしっかりかいてあるのでわかりやすくておすすめです!価格も非常にお手頃なので是非チェックしてみてください!
こちらはCタイプのみの変換プラグです。世界的にもCタイプのコンセントは非常にたくさんあるのでこれさえあれば、韓国以外のほかの国でも使用可能です!CタイプのコンセントとSEタイプのコンセントは非常に似ていることから、こちらでも代用可能な場合もありますし。荷物を少しでも減らしたい!という方にはおすすめです!口コミ評価も非常にたかいミヨシの変換プラグなので安心して使用できるのもおすすめのポイント!
コンセントはもちろん、USBまでついているので、海外旅行に行くならこれ一つで十分のすぐれもの変換プラグ!ヨーロッパ、オーストラリア、もちろん韓国も!かなりたくさんの国で使用できるうえに、にhんでも使用することができるので普段使いでもOK!旅行の時だけの使用となるとなくしてしまったりする可能性もありますが普段使いならなくすこともわすれることもなく使用可能です!少し重いのが難点ですが、バラバラでいくつもかさばることを考えると非常に便利です!
海外での使用が可能なUSB-ACアダプタ  日本国外では、使用されている電圧や電源プラグの形状が異なるため、  普段使用しているUSB-ACアダプタが使用できないことがあります。  本製品は海外の電圧と電源プラグ形状に対応し、スマートフォン等の充電が可能です。 ・渡航先に合わせて選べる3タイプのプラグ形状  電源変換プラグの形状は、渡航先に合わせて選択できる主要な3タイプをラインアップ。  ● BFタイプ : イギリスの他、香港などアジアや中東の一部の地域  ● Cタイプ : イタリアやスペインなど、ヨーロッパ各国  ● Oタイプ : オーストラリアやニュージーランドなど、オセアニアの各国 ・海外のコンセントに直接接続できる変換プラグ付き  海外のコンセントに直接接続できる変換プラグ付きのUSB-ACアダプタなので、  滞在先でこれ1台でスマートフォン・タブレットへの充電が可能です。  変換プラグは着脱が可能なので、日本に帰国後も使用することができます。  ※付属の変換プラグは本製品専用です。他のUSB-ACアダプタなどを接続することはできません。

ここまで変換プラグや変圧器のご説明をいたしましたが、すべて準備すると非常に荷物が重くなります。また、そこまで沢山の電気を使用しないであろうという方におすすめなのが、電気式の電化製品です!電池をしようするため、重電の必要がありません。電池自体は非常に軽いので、カバンの中にいくつか入れておくともし電池がなくなったとしてもまた使用することができます!スマホの充電や、ヘアアイロンなどは、電池式のものも沢山売っていますし、ドン・キホーテなどで安く売っているものもあるので旅行をたくさんするという方にはおすすめです!1日中観光やショッピングに費やしているうちにスマホの充電がない!なんて時も安心のアイテムです!
Ndpbztrqqravot6wxmfn
引用: http://www.flickr.com/photos/143676616@N05/40502891490
最近は1日中スマホを使用して電池の消費が早いことから普段使いもされている簡易充電器。これがあれば、頻繁にコンセントにささなくても充電することが可能です!値段は高くなりますが、最近ではスマホの充電が3回や4回できるもどまであるので非常に優秀ですよね。難点としては、スマホ以外の充電ができないものもあるところです。ですが、1泊旅行などであればそれさえあれば十分ではないでしょうか?まだ持っていない!という方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか?
楽天でも人気ナンバーワンのこのモバイルバッテリーは、最大4回まで充電可能!そして非常に薄いので荷物にもなりません!旅行のみならず普段使いにもおすすめの充電器です!
非常に大容量のこのモバイルバッテリーは、スマホのみならずアイコスやタブレットも充電可能!26,000本売れている人気商品なので売り切れる前にチェックしてみてはいかがでしょうか?
コンセントに刺さず電池がいいという方におすすめなのが電池式充電器!これだと電池を持ち歩くだけでOKです!
スマホやカメラなど、最近ではUSB経由での充電が非常に多くなっています。韓国の一部ホテルでは、重電プラグの横にUSBの差込口もついているのでそれがあれば、変圧器や変換プラグなしに充電することが可能です。また、iPhoneを充電する際に使用する充電器の先端ブロックは、世界中で使用できるように電圧が作られていますので、それを旅行中にもっていると、他のものでも充電することができます。わざわざ変圧器の購入する必要なしに使用が可能なので是非、チェックしてみてはいかがでしょうか?
海外で使う充電用の変換プラグは100円ショップでも売っているのでそれを2〜3個持っていくだけ〜!という方も多いと思います。が、国によってプラグタイプが異なるため海外に行くたびに買いに走るのがちょっと面倒。 * そこで、あると便利なアイテムは電源タップ。通称「タコ足」です。日本で使っている普通のタコ足は使えませんのでぜひ全世界対応のものをご準備ください。 * あらゆるメーカーから様々な商品が出ていますがこちら(写真↑)はAmazonで4000円ちょっと。(2017年9月現在) #BESTEK 変圧機能搭載 海外旅行用充電器 90V~240V TO 100V 全世界対応 電源タップ 海外旅行変圧器 変換プラグUK/US/AU/EU付き * 滞在先の部屋にコンセントが全然足りない!という状況でも、スマホ、PC、タブレット、カメラを快適に充電したいもの。 それに治安の悪い国ではスマートに移動するためにも、荷物は最小限にしたいですよね。

日帰り旅行や、普段スマホや電化製品を使用しない人は、充電せずとも、節電して絶えしのぐことも可能です!基本的に海外にいるときには、「機内モード」に設定されていることが多います。機内モードだと無駄な電力を使用することがないので電気の消費を抑えることができます。また、Wi-Fiをつないでいる際も使用していないアプリを消したり、スマホの画面を暗くしたり、電池の消費がすすむインスタグラムなどのアプリの使用をさけることで、電池が減ることをおさえることができます。他にも低電力モードなどに設定しておくと通常時よりも節電できます!
韓国のみならずですが、国際空港には無料で充電できるスポットがたくさんあります!現地ではプラグがちがったりで充電ができなかったという人でも国際空港だとプラグや電圧が日本でも使用できるものもあるので充電できる可能性があります。また、レガシーキャリアの飛行機であれば機内で充電できる機体もあるので、是非そちらを利用するのもおすすめです!ギリギリまで節電しておいて帰りの飛行機や空港で充電し直すというのも1つのやり方としておすすめです!
いかがでしたでしょうか?韓国と日本では電圧も、コンセントの形も違っているため、日本でいるようには電化製品を使用することが難しい可能性もあります。沢山旅行に行く人や、電化製品を沢山使用したい!という方には旅行用に変圧器や変換プラグの購入がおすすめです!今の時代は旅行にもスマホやカメラが必要不可欠!そんなときにもスムーズに使用できるように、変換プラグや変圧器を使用してみましょう!また、手軽に行きたいという方には、先ほどご紹介した方法を実践してみてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.flickr.com/photos/149561324@N03/37719420094