Loadxogdvl1pr4j5jtcd

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

ニューヨークの有名な公園や広場はここ!絶対行くべき厳選6!【2018年】

2018.09.27

ニューヨークは高層ビルの立ち並ぶ世界でも随一の近代都市です。あらゆるシーンで世界の最先端を駆け抜けるこの町にはさまざまな魅力があります。公園や、広場といった憩いの場所もそうでしょう。ぜひともニューヨークに行った際に出向いてみたい6選をご紹介いたします。

  1. ニューヨーク観光おすすめ観光地、公園6選を紹介!
  2. ニューヨークを旅して有名な広場公園をみてよう!
  3. セントラルパーク
  4. ハイライン
  5. ブライアントパーク
  6. バッテリー パーク
  7. ブロードウェイ通り
  8. グラウンド・ゼロ
  9. ニューヨークおすすめ広場・公園6選まとめ!
ニューヨークを始めて旅するときにわくわくする一方で迷うのが観光場所ではないでしょうか?ニューヨークにはたくさんの観光場所がありますが、有名な公園や広場がおおいのも事実!一度は目にしたあの場所に行ってみてはいかがでしょうか?

ニューヨークにはすばらしい広場・公園がある!

ニューヨークは金融や不動産で世界をリードする中心地です。ですから世界各国から多くの国籍の人々が観光や移住目的で訪れる世界の中心都市です。そんなニューヨークにはさまざまな施設や観光スポットがあり公園や広場も人気。ハリウッド映画やドラマでもみるような場所に訪れることができるのもニューヨーク観光の魅力です。
世界のビジネスの中心で高層ビルの立ち並ぶニューヨークマンハッタン。そんな世界のビジネス街にあるセントラルパークをドラマや映画作品で見たことがあるひとも多いはず。南北4km、東西0.8kmの広さを誇るこの公園はメトロポリタン美術館やアメリカ自然史博物館と隣接しており、ビジネスパーソンの憩いの場にもなっています。
ハイラインは世界の中心都市ニューヨークでも珍しい、線路の跡地に作られた公園です。かつてマンハッタンを走ったウエストサイド線と呼ばれるニューヨーク・セントラル鉄道の線路があった高架部分に建設された公園で、多くの人が訪れる有名な公園のひとつとなっています。この公園が建設されたことで周囲の不動産価値も上がったとされています。
ミッドタウンの中心、北は42丁目、南は40丁目、東西は五番街と6番街に位置するこの公園も魅力的な公園のひとつではないでしょうか。アメリカ有数の商業都市で経済活動の盛んなミッドタウンの日常が行き交う、まさにアメリカを感じることのできる場所です。開設している時間帯は公園の芝生の上で多くの人々が日光に浸りながらくつろいでいる姿を見ることができます。あなたもぜひ、一緒にアメリカの風を感じてみてください。
優雅に流れるハドソン川沿いに広がるバッテリーパーク、その広さは10ヘクタールで、広大な海辺からは自由の女神像も見えるニューヨークでは外せない観光地のひとつです。バッテリーとは砲台の意味で、1812年にアメリカとイギリスの間で起こった戦争の際、市民を守る砦として備えるためにここに人工の島を作ったのがはじまりです。海辺ちかくで眺めがよく、散歩やジョギングに汗を流すひとも多く見られるこの公園で和やかな日常風景を楽しむのもよいでしょう。
アメリカ合衆国のニューヨーク州を南北に貫くブロードウェイ通りはマンハッタンの繁華街を南北に走り、タイムズスクエア付近ではその周辺に劇場街が広がっています。ブロードウェイがそのままミュージカルの代名詞となるまで有名な場所でもあります。たびたび映像作品にも使われたこの場所は世界の交差点ともよばれています。訪れたあなたにもきっと素敵な事件が起こるでしょう!そのとききっとニューヨークにいることを実感するはずです。
あれから17年の月日がたったとは到底思えない、まだあの惨劇を鮮明に覚えているひとも多いことでしょう。グラウンド・ゼロはあの事件を忘れずに被害者を偲び、後世に伝え、世界平和を願う慰霊場所です。この場所が世界の中心であり、世界では今もなお惨劇が繰り返されている現実を思い出させてくれる、尊い場所でもあります。ニューヨークでぜひとも訪れたい場所のひとつです。
いかがだったでしょうか。ニューヨークにはぜひとも訪れたい魅力的な公園や広場がたくさんあります。世界中の人々が訪れ、交差していく世界の交差点で、魅力的な体験をしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/04/20/13/44/sports-731506_960_720.jpg