O2gguwvf4agklenoccac

関東

CATEGORY | 関東

カップルで温泉旅行!おすすめ温泉ランキング10【2018年度版】~関東編~

2018.09.27

恋人たち。子育てを終えたご夫婦、老後ののんびりシニアたち。カップルのかたちは様々で一様ではありません。カップルの方々が行って良かったという、箱根などの関東の温泉旅行地と、取って置きの露天風呂付き温泉で印象的な湯宿を、日帰り湯の可否も含めご紹介していきます。

  1. カップルで温泉旅行!温泉ランキング10(関東編):①秩父七湯御代の湯「新木鉱泉旅館」
  2. カップルで温泉旅行!温泉ランキング10(関東編):②房総鴨川温泉「是空」
  3. カップルで温泉旅行!温泉ランキング10(関東編):③浜辺の湯浪漫の歌「宿中屋」
  4. カップルで温泉旅行!温泉ランキング10(関東編):④ラビスタ富士河口湖
  5. カップルで温泉旅行!温泉ランキング10(関東編):⑤谷川温泉 旅館たにがわ
  6. カップルで温泉旅行!温泉ランキング10(関東編):⑥草津ナウリゾートホテル
  7. カップルで温泉旅行!温泉ランキング10(関東編):⑦箱根湯宿「然」
  8. カップルで温泉旅行!温泉ランキング10(関東編):⑧箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」
  9. カップルで温泉旅行!温泉ランキング10(関東編):⑨那須の温泉隠れ宿昔日オールドデイズ
  10. カップルで温泉旅行!温泉ランキング10(関東編):⑩鬼怒川温泉「栂の季」
  11. まとめ
江戸の文化文政期、1827年創業といえば驚きます。温泉発見当時から、霊泉としてその薬効が早くから伝わりました。弱アルカリ泉で、滑らかでつるつるになるなど「卵水」の異名もあり、「美肌の湯」としての人気も高い温泉です。
木の温もりを感じる大浴場、御影石の貸切露天と、設いを変えた4つの露天風呂付き客室がカップルにたいへん人気です。日帰り入浴も楽しめるので、秩父散策の折に立ち寄るのも一興です。
〈公式HPでもっと詳しく〉
部屋からの景色は、太平洋を望むまさに絶景で、しかもカップルにピッタリの「半露天風呂付き客室」はそれぞれ趣向が違い、温泉に浸かりながら大海原を堪能できる贅沢な宿です。また貸切露天風呂も様々で、太平洋を目の当たりにでき家族もカップルも大いに楽しめます。
東京から電車で2時間半で、南房総の別天地へ。週末の疲れやストレスが吹っ飛んでしまいます。眼の前の太平洋でとれた魚介類はもちろん、四季折々の料理も変化に富んでいます。個室露天風呂の使える日帰り入浴も大人気です。
〈公式HPでもっと詳しく〉
全室オーシャンビュー、落暉を前に露天風呂付きの部屋、夕食もカップルにとって周囲を気にせず部屋食で。ロケーションと部屋の設いと、スタッフのサービスが三位一体となって、来て良かった、と思わせます。フレックスタイムの職場なら、都心から行っても空が朱くなる前に宿に着くこと間違いなし。
湯に浸かりながら、水平線に吸い込まれていく太陽は、刻々とその色を変え、マジックアワーへ誘います。最上の部屋を選んで良かったなぁと思う瞬間です。 忘れてはいけないのは、朝。紺碧の青空に映えるウルトラマリーンブルーの太平洋です。リフレッシュしたからこそ、仕事に、家事に、育児に邁進できるというものです。
〈公式HPでもっと詳しく〉
画家セザンヌが愛したプロバンス。その雰囲気を富士五湖畔のリゾート地、河口湖へ持って来ました。フランスのエスプリと、日本的おもてなしの感性と、最近メキメキ力を付けている甲州の食材がが融合されました。
4種類の露天風呂付き客室からも、それぞれの大浴場や、無料貸切風呂からも河口湖を隔て、眼前に霊峰富士の姿を観ることが出来ます。四季の富士山の姿同様、旬の食材に彩られ、どのシーズンに来ても、大自然の恵みを体感出来ます。運営母体が「ドーミイン」を持つだけ在って、センスが光っています。この景観だけでも是非!という方には、日帰り湯(デイユースぷらん)も。
〈公式HPでもっと詳しく〉
岩登りをする人にとっては危険きわまりない魔の山、尾根を歩く人にとっては、上州の四季を存分に楽しめる悦楽の山、それが谷川岳です。当館はその谷川岳の南面に位置し、日本的感性を追求した温泉リゾートを自認する宿です。女将の理念が徹底的に発揮された「第二の我が家」を目指す、日本を代表する旅館になりました。
6種類の風呂、料理、食事処など申し分在りませんが、姉妹館「仙寿庵」をカップルにおすすめします。全室露天風呂付き、しかも谷川岳を一望するロケーション。かつては文豪太宰治が長期療養におとずれ、初期の短編集を書いている誉れ高い宿として、太宰治フリークをも魅了します。また高級旅館でありながら日帰り湯の利用は有り難いところです。
〈公式HPでもっと詳しく〉
大人気の草津温泉。様々な業態がありその集客数に驚きます。当館は草津高原の一角にある、総合リゾート施設です。一度入館したら、温泉は5つの貸切露天風呂から始まり、6つの食事処、スポーツをメインとした多様なアクティビティに不足はありません。
2018年から、東京から当館までの直通バス「スパリゾートライナー」の運行が始まったことです。乗換なしで草津まで、ちょっと魅力でしょ。当ホテルは、大自然のなかに割拠しますが、何と言っても草津温泉の中心部「湯畑」にも行きたい。大丈夫、ホテルから何本もマイクロバスが往復しています、といってもたったの5分の距離ですが。当然日帰り湯のパッケージも用意されています。
〈公式HPでもっと詳しく〉
箱根の遊び方は多種多様です。点在する日帰り温泉を楽しんで帰るも良し、美術館巡りに終始するも又楽し、ハイキングで身体をいじめるのもこれまた素晴らしい、箱根はあらゆる観光客のニーズに応えてくれます。だから世界の観光地と言えるのです。
当館「箱根湯宿然」は、その中でも忘れられない想い出作りに欠かせないさすが箱根と思わせる高級温泉旅館です。全室露天風呂付、9室のみ、そして相模湾で採れた魚介類と特選A5和牛をマッチングさせたフルコースを堪能するお宿です。それはカップルにとって最高のお籠もり宿といえるでしょう。日帰り湯として利用でないのは仕方在りません。
〈公式HPでもっと詳しく〉
全室ヒノキの露天風呂。貸切露天風呂は源泉掛け流し、しかも炭酸が溶け込んでいるので、カップルにとってその日の遊び疲れを取ってくれます。箱根らしい高級旅館が軒を連ねる強羅駅から1分。箱根を満喫する癒やしの空間へ。
このランキングにのせた「ラビスタ富士河口湖」と同じ経営母体が運営します。ここはリラクゼーション、食、温泉について、その上質な内容を箱根で「和テイスト」を追求した設いに拘っています。違和感のない空気は週末の疲れをほぐし、週明けからの闘志を盛り上げてくれることでしょう。デイユースプランとして日帰り使用も出来ます。
〈公式HPでもっと詳しく〉
ノスタルジーを感じます。それは那須高原の風景であり、宿のなかのさりげない調度品だったりします。ここはカップルのためのカップルが憩うまさに隠れ家です。各部屋の露天風呂もカップルが安らぐためのものでしょう。東京から電車で90分、二人は那須高原の隠れ家にいます。
食事は那須高原の高級ブランド和牛「那須野ヶ原和牛」を中心に、地産地消の食材を据えたコースメニュー。岩盤浴で日頃の疲れと汗を出し切って、ゆっくりテーブルに着き二人の食の宴を楽しみましょう。隔絶された隠れ家の夜は静かにゆっくり過ぎていきます。尚日帰り利用は出来ない模様です。
〈公式HPでもっと詳しく〉
かつて鬼怒川温泉は団体旅行のメッカでした。時代は変わり、個性豊かな多様な感性を持つ温泉宿が増えてきました。旅館「栂の季」は温泉街からわずかに離れた野趣豊かな温泉宿です。露天風呂付き客室が多く、カップルには大自然のなかの隠れ家という具合です。
温泉は部屋の露天風呂ばかりではありません。大浴場から貸切露天まで、館内の湯巡りも楽しめる趣向で、鬼怒川の清流の音が心地良いのです。あとはお食事を待つだけですね。宿名の「栂=つが」は中部地方に多く見られる高木で、モミによく似ています。皇族、秋篠宮文仁親王のお印でもあります。
〈公式HPでもっと詳しく〉
老若男女、あらゆるカップルが心ゆくまで楽しめる、温泉地と温泉宿を選び紹介しました。日帰り湯として利用できない施設もありますが、永く想い出として残る温泉旅の一助になればこれに勝る喜びはありませ、
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/freemax0207/40424207462/in/photolist-24A9Cwb-W6yMz6-4FbEQe-5emuKL-TwgbXj-TxpxPY-TxpxhW-eSFLFm-eSEMKY-6y6Dhk-bVfW2M-6yaLMd-pV1wFA-6yaMBU-5tui84-28e61zK-8nFzaS-ccCuiQ-VU2bY6-5JDcJj-ccC7MU-6yaEB3-AHRZQ-ccCzjb-26FEp54-K7qi4-bVgd4T-9pJ1QQ-6A6y5i-ccCrcw-bVg8KX-6y6CHP-71xEYP-eStRKZ-6y6EAt-6y6HCM-JCnqmt-71xSFV-71BLjq-ccCwiL-71xFAc-6yaHX9-6A6xxv-6yaD4m-6yaQFo-6y6z4V-6y6w1c-ccCmeN-71BTH7-6yaE4b