Nhzs73c6bovhnxj3mwwj

九州

CATEGORY | 九州

九州のおすすめ温泉ランキングBEST10【2018年度版】

2018.09.27

温泉天国、九州。巨大な温泉地から鄙びた温泉旅館まで様々ですが、「源泉掛け流し」「美肌の湯」「安い」を合い言葉に、泉質にも拘り、日帰り温泉としてもおすすめ出来る九州の温泉を厳選しました。多種多様な九州の温泉を楽しんで下さい。

  1. 九州のおすすめ温泉ランキングBEST10:①別府温泉「ホテル三泉閣」
  2. 九州のおすすめ温泉ランキングBEST10:②杖立温泉「純和風旅館泉屋」
  3. 九州のおすすめ温泉ランキングBEST10:③熊本旬彩の宿「ゆとりろ山鹿」
  4. 九州のおすすめ温泉ランキングBEST10:④筑後川温泉「桑之屋」
  5. 九州のおすすめ温泉ランキングBEST10:⑤嬉野温泉「うれしの元湯」
  6. 九州のおすすめ温泉ランキングBEST10:⑥嬉野温泉「ホテル桜」
  7. 九州のおすすめ温泉ランキングBEST10:⑦雲仙湯元ホテル
  8. 九州のおすすめ温泉ランキングBEST10:⑧雲仙宮崎旅館
  9. 九州のおすすめ温泉ランキングBEST10:⑨霧島温泉静流荘
  10. 九州のおすすめ温泉ランキングBEST10:⑩北郷温泉べっぴんの湯の宿「丸新荘」
  11. まとめ
世界が認める温泉のテーマパーク別府。その旅館街にある老舗旅館で、温泉気分を満喫できる穴場の雰囲気です。ほんとうの源泉掛け流しを標榜する宿で、泉質も「美人の湯」「美肌の湯」として、自信をもっておすすめします。
「美肌の湯」の根拠のひとつとされる、最近流行の天然の保湿成分、メタケイ酸の含有量が、美人の湯とされる基準値の4倍もの含有量を誇ります。つるつる、すべすべの温泉の感触は女性のみならず、男性をも満足させることでしょう。安いから期待していなかったというクチコミは「思った以上に素晴らしかった」とは穴場という意味でしょう。
【公式HPで詳しい情報を】
熊本県の山懐に抱かれた、古き良き温泉宿。長い木の廊下が、ノスタルジーを呼び覚まし、その木の温もりが日頃の喧噪とストレスを忘れさせてくれる宿です。
「石庭園風呂」という名の内風呂は野趣に富んていて、館内にいくつもある風呂巡りも楽しいところです。特筆すべきおすすめは、杖立温泉に古くから伝わる、天然のサウナ風呂「蒸し湯」が穴場的に安いと感じさせ人気です。
【公式HPで詳しい情報を】
「源泉掛け流し」しかも「弱ラドン温泉」という弱アルカリ性は昔から美人の湯として定評がありました。賑やかな温泉地ではなく、穴場的な癒やしを求める温泉地です。
2018年は明治150年。山鹿には多くの文化財としての「近代化遺産」があり、なかでも明治期に建立された「八千代座」は国の重要文化財。思い掛けず、良き時代を感じる温泉地でもあるのです。また、景色を眺めながらの「焼酎バー」は安い飲み放題プランがあり、左党の方には風呂上がりの格好のおすすめの場所でしょう。
【公式HPで詳しい情報を】
福岡県、筑後川に沿った「源泉かけ流し」の温泉宿で、その恩恵を日帰り湯としても、多くの「日帰りプラン」を有し、安い旅行方法としても堪能できます。また、品数が多く来館者に人気の会席プランも穴場と言える目玉のひとつです。
筑後川温泉は歴史ある温泉地ではありませんし、歓楽的な要素もありません。川の中州に6軒の温泉宿がある、穏やかで静かな温泉地。博多からも福岡空港からもたいへん近く、安いと感じさせ、週末のカップルには穴場の温泉地としておすすめできます。
【公式HPで詳しい情報を】
引用: https://iwiz-dhotel-travel.c.yimg.jp/im_siggGTGVJDhDhSFhiFw0zWmG7w---y450-x600-bd1-bdcFFFFFF-bdx600-exp15d-priy/p/dhotel-travel/QAJLv6ZxwzATrqFnnZ7B.yjReWGb_rUIJySF5WDH3XaTecgWEhrbBCoc0PEAJ66ErKXDiBQPS5M80RgZznwDIlshHA_ix_zIriac39zAAcXBlM_NrN4wwQY-
風呂上がりの後のすべすべ感、つるつる感から、その美肌効果に古来から「美肌の湯」として有名で、「日本三大美肌の湯」とされます。付加価値の多い温泉は相対的に安いと感じます。隣町の武雄温泉と共に、佐賀県を代表する大温泉地です。九州は静かで鄙びた温泉地が多いなか、ここは歓楽的な温泉街を有し、夕食後、温泉街で出て、もう一杯、という人にもたいへん人気があります。
当館も「源泉」+「美肌の湯」とくれば、賑やかな街へ出なくても、館内の施設や風呂巡り、併設の姉妹館「日帰り温泉施設 百年の湯」は宿泊者に限って無料で楽しむことが出来ます。2016年にリニューアルした穴場的名旅館です。
【公式HPで詳しい情報を】
「日本三大美肌の湯」、嬉野温泉は歓楽的要素もありますが、ひとつひとつの宿は個性があり、品格を保ち、由緒ある温泉街の雰囲気を壊していないのが特徴です。安い旅館から高級な宿まで様々ですが、当館も、宿の中で温泉を堪能し、エステでリラクゼーションを味わい、伊万里牛などの料理と、バーラウンジで会話に夢中になる、それだけで十分楽しむことが出来るのです
部屋も、風呂も、平均的に広く、気持ちが晴れやかになります。温泉街の中心にあって、10階屋上の展望露天風呂「飛天の湯」はその周囲の喧噪が嘘のようです。 温泉街を散歩する構想であれば、数十種類から選べる、女性に人気の浴衣にも目移りしてしまいます。
【公式HPで詳しい情報を】
豪快な噴煙を上げる「雲仙地獄」や春のツツジの仲間「ミヤマキリシマ」でたいへん有名な温泉地です。硫黄泉ということもあり、いかにも温泉地の風情が漂います。当館は300年以上の歴史をもつ雲仙温泉の老舗中の老舗の宿。
当館も「源泉掛け流し」の宿で、幕末に渡来したシーボルトが当地を訪れ、日本の温泉医療効果にいち早く気づき世界に知らしめました。山間のイメージがありますが、島原湾に至近で、山の幸、海の幸の素材を使った料理も見逃せません。
【公式HPで詳しい情報を】
「雲仙地獄」のなかで特に勢いのある「大叫喚地獄」「邪見地獄」を源泉とし、メタケイ酸の含有量103.8mgと、「美肌の湯」の基本数値の2倍を誇ります。もちろん「源泉掛け流し」で、ツルツル、スベスベの肌を実感できます。
宿の眼の前が「雲仙地獄」ですから、到着したら先づは散歩、翌朝もモウモウと上がる温泉のパワーを間近に観るためにもまた散歩、そんな豪快で、健康にも留意できる温泉地を堪能してください。
【公式HPで詳しい情報を】
活発な温泉活動、豊富な湯量、九州の照葉樹の大自然を持つ、多くの温泉地を抱えた霧島温泉郷、日本の「国民保養温泉地」に指定されています。江戸時代にはすでに皮膚病などに効能があるとされ「薩摩硫黄湯」として名をなし、幕末には、日本初の新婚旅行と言われた坂本竜馬と楢崎龍(お龍)がここに来ています。
当館は、霧島の大自然で「源泉掛け流し」に浸かり、日頃の疲れを払拭してくれること間違いなしです。とくに「明礬(みょうばん)泉」は美人の湯の誉れ高く、眼病にも良いとされます。家族連れ、カップルにお安いプランが豊富なのが嬉しいところです。
【公式HPで詳しい情報を】
温泉天国、九州にあって比較的印象の薄いのが宮崎県。しかしながら、なかなか良い温泉もあります。当館は、新婚旅行のメッカ宮崎市から南へ下がった、小京都「飫肥」にも近い温泉地です。ここももちろん「源泉掛け流し」、しかも「美人の湯」であります。
温泉評論家たちによって作成された「九州八十八湯めぐり」にも美肌の湯として登録されている穴場の旅館です。早春から初夏までの花の季節は特に美しく、山の幸、海の幸を楽しめ、しかも安い。陽光まばゆい南国を彷彿とさせる日南海岸にも近い立地です。
【公式HPで詳しい情報を】
目白押しの九州の温泉の数々。源泉掛け流し、美肌の湯、しかも安いし、日帰り温泉も楽しめる宿探しを心がけた九州の温泉を精選しました。楽しみの九州旅行の一助になれば幸いです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/koppaguchi/19739407559/in/photolist-w5iCa6-wju4DL-vXQg4N-SaJTtz-QD2jTC-vXPow5-wd7Qes-viyRai-vipTr1-WHHdYm-RVxZaK-k4A1FL-eiorXv-67zVBb-k4xAVK-R5cfVC-VCiwXH-tCwHw6-sKcu4w-RBKTJ3-9dA1mN-k4xALg-mRvXL-67vJea-27uryPQ-mRvXN-e8uKsQ-B9T6Sb-ofXLni-27yNAXR-pJdWLG-iNQyXt-RZMP8C-RQ6iFJ-qqzMx7-4zqEwH-oVVKsG-QD1RJY-cY7iYJ-QXqCRB-nmvzhL-59cEnv-67vJfR-DU3XKm-SmWiA8-QPESh4-DKXpcQ-whtPqM-e8p4yM-8579Bt