Fzjl0dqizuwxmc2fjmqw

東京

CATEGORY | 東京

メキシコ料理の魅力は?定番料理や東京で食べられる有名店をご紹介【2018年】

2018.09.14

メキシコはアメリカのすぐ南に位置する南米の国の一つです。カンクンなどの観光地を有する国ですが、旅行の際にぜひ試してもらいたいのがメキシコの美食の数々。一度は聞いたことのある有名な料理も多いですよね!今回は数ある中から有名な定番メキシコ料理を紹介します!

  1. メキシコ料理の特徴
  2. メキシコ料理に欠かせない定番食材①「シラントロ」
  3. メキシコ料理に欠かせない定番食材②「ハラペーニョ」
  4. メキシコ料理に欠かせない定番食材③「ライム」
  5. メキシコ料理に欠かせない定番食材④「アボガド」
  6. メキシコ料理に欠かせない定番食材⑤「サボテン」
  7. メキシコ料理に欠かせない定番食材⑥「豆類」
  8. メキシコ料理に欠かせない定番食材⑦「サワークリーム」
  9. メキシコ料理に欠かせない定番食材⑧「チポトレ」
  10. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理①「ナチョス」
  11. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理②「ブリート」
  12. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理③「タコス」
  13. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理④「エンチラーダス」
  14. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理⑤「メキシカントマトポソレスープ」
  15. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理⑥「ワカモレ」
  16. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理⑦「セビーチェ」
  17. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理⑧「エンサラーダ・デ・ノパリートス」
  18. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理⑨「ファヒータ」
  19. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理⑩「ケサディーヤ」
  20. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理⑪「チリコンカーン」
  21. 旅行中に食べたい有名な定番メキシコ料理⑫「ピコ・デ・ガヨ」
  22. 本格的メキシコ料理が食べられる東京のお店①「DRAEMON PANCHOS」
  23. 本格的メキシコ料理が食べられる東京のお店②「Casa De Sarasa」
  24. まとめ
Hblubx2lwc5ptt9refh4
引用: https://unsplash.com/photos/I5XthC605H0
メキシコ料理は日本人にとっていくつか聞き覚えのある料理があると思います。例えばナチョス、これはスナック菓子として日本でもよく食べられていますね。他には辛そうというイメージもあるのでは?実はメキシコ料理には様々なルーツが混ざりこんでいる複雑な料理なのです。古くはインカ帝国、マヤ文明を有していたことで有名なマヤ族、アステカ族など土着の民族をルーツに持つ郷土料理もある反面で、後に侵攻されたスペインの文化も色濃く残っています。そんな魅力たっぷりのメキシコ料理を今回はたっぷり見て行きましょう。メキシコへ旅行に行く際に食べ損ねる事のないように、旅行中にぜひ食べてほしいメキシコの美食の数々を紹介いたします。
L9m6dcglbdifunz2zf0a
引用: https://unsplash.com/photos/WZzrQX5k2Ug
「シラントロ」とはパクチーのことを指します。パクチーはメキシコ料理には欠かせない定番の食材の一つです。サラダ、タコス、スープに添える飾りとして、その活用の幅は驚くほど多いです。日本ではパクチーが苦手な方もいますが、近年健康効果を期待して人気が高まってきている食材でもありますね!
Hzdrtp3wrfyc8zbixmbk
引用: https://unsplash.com/photos/zG11yYuNc6U
メキシコ料理そのものは辛くないものも多いのですが、メキシコ人が辛いものを好む性質があり、自分でホットソースを足して自分好みにカスタマイズして食べるのが定番の食べ方となっています。世界一辛い唐辛子ハバネロも生で食べる人もいるとかいないとか。
Ynxsqnktln0opda46sfc
引用: https://unsplash.com/photos/-gePQw0zKAs
メキシコ料理は肉料理も多くチーズなどカロリーの高い食材をふんだんに使用することで有名です。そこで、このライムが活躍します。酸味が必要な時、くどさを抑えてさっぱりと食べられるように食材を中和してくれる効果があります。また、辛味と酸味は抜群のコンビネーションなので、辛いものが大好きなメキシコ人にとっては欠かすことのない定番の食材なのです。
Vfjk2zjts719wozpwjcb
引用: https://unsplash.com/photos/NIBKggQ-bVM
森のバターとも形容されるこの南米生まれの果物(野菜?)アボガドはメキシコ料理にはなくてはならない食材です。サラダなど生で食べることもありますし、すりつぶしてソースとして活用することも多いです。また砂糖を加えて牛乳とミキサーにかけたアボガドジュースなども国民的なドリンクとして親しまれています。日本では元々取れない野菜なので近年に入ってから国内でも一般的な野菜となりましたが、メキシコでは古くから大切にされている歴史の長い野菜です。メキシコの乾燥した暖かい気候はアボガドを育てるのに適しており、そのため大量に栽培されています。価格も低く、家庭料理には欠かせない食材となっていったのです。
Atqfadcb4082vt5pr3sv
引用: https://unsplash.com/photos/iGLLAxyTp1Q
Gbbwpecympicietfjfls
引用: https://flic.kr/p/dJdkRS
日本人には馴染みのない食材おそらくナンバーワンのこちらはメキシコでは一般的に食べられているサボテンです。品種としては有名なウチワサボテンを食べることが多いどうです。食感的にはピーマンです。少し柔らかく肉厚の苦みの少なめなピーマン。サラダにしてもよし、タコスやトルティーヤにしてもよしの万能食材です。ちなみに、サボテンの果実もフルーツとしてデザートに出されることが多いです。英語では「ピタヤ」と呼ばれ、現地では「トゥナ」と呼ばれています。黄色いかわで白い中身のもの、緑の皮で中はイエローなど様mざまな種類がありますが、おそらく一番有名なのはドラゴンフルーツと呼ばれるショッキングピンクの皮で中が白いか同じく赤い果肉のものでしょう。このドランゴんフルーツは東南アジアや一部アジアでも食べられるので馴染みがあるかもしれませんね。
Xldqt1taxduznb3kuj7h
引用: https://unsplash.com/photos/FW7Amhh_B8A
メキシコ料理と聞いて豆の料理を想像することは少ないかもしれませんが、実はトルティーヤやタコスの付け合わせとしてもよくビーンペーストが出てきますし、スープの多くは豆を使用したものです。大きめの豆を使うことが多く、肉感がしっかりとしているので結構お腹が膨れます。日本人にとって国民的スープ露言えばやはり味噌汁ですよね。メキシコにも同様に国民的スープがあります、それが豆をふんだんに使った煮込みスープ「フリホーレス」です。おふくろの味と聞いておもいうか寝るのはこの豆料理なんだそうです。
Qc8u2phtufdeh4gyf0fm
引用: https://flic.kr/p/bkg3E6
Mwvtq4thjwevjkypcf76
引用: https://flic.kr/p/UVALPD
辛味と酸味がありパンチのあるメキシコ料理ですが、ここにクリーミーなサワークリームが合わないはずがありません。サワークリームは様々なメキシコ料理に添えられる最高の引き立て役です。スープにも、ワカモレにも、いうまでもなくトルティーヤ料理には必ずかかっています。からさが苦手な方でも、そのサワークリームをかければ辛さが緩和され、より美味しくいただけることでしょう。
V0bwdqnhcp59pqkvb3au
引用: https://goo.gl/images/c2wwvb
Kgealtqijbaixogsl9yw
引用: https://goo.gl/images/Mqc2XT
Hynpm1fbembontgzxm5p
引用: https://goo.gl/images/FWiscM
「チポトレ」とはメキシコ料理を作る際には過Kせない調味料の一つで、唐辛子を燻製にしたもののことを指します。特徴としては、燻製されているため味に深みが出ており、さらに水分がない分辛味が増しています。煮込み料理に用いられることも多いです。さらにメキシコではチポトーレフレーバーのスパイシーマヨネーズや、缶入りタイプのものまであり、いかに家庭料理に欠かせない食材なのかが伺えます。
Pfwjnpcyg0oazpi93iwa
引用: https://unsplash.com/photos/7sStoaxfJh0
Vlwy70sr82myzgn9ugky
引用: https://unsplash.com/photos/aZOqcEK2KuQ
Dmcjimx5bgf6lzizjz7h
引用: https://unsplash.com/photos/K7bd0WoYfoo
ナチョスのメインはトルティーヤチップスです。硬めの食感が人気のチップスとして日本でもスナック菓子として食べられている有名なスナックです。本場メキシコの一般的な食べ方はというと、ひき肉やん豚肉、えび、牛肉などの具材をのせてチーズをたっぷりかけてハラペーニョなどのチリを加えた食べ方です。そこにさらにパクチーやサワークリームをかけて味の変化を楽しむこともあります。さらに、シンプルな食べ方としては、アボガドをすりつぶして作るワカモレソースやトマトと玉ねぎで作られたサルサソースと一緒に食べる食べ方です。全く飽きのこない美味しさで食べる手が止まらない危険な料理です。日本人の感覚だと食事というよりはおやつですが、メキシコではボリューミーなアペタイザー的感覚で食べられることが多いです。メキシコの有名なコロナビールと一緒におつまみとして食べながら現地の人と交流してみてもいいかもしれませんね。
Fsxjzhbty6i1k2faynlc
引用: https://flic.kr/p/nt4pWk
ブリートの特徴は小麦粉で作ったトルティーヤで包まれていることです。トウモロコシのトルティーヤよりも若干厚みのある食感になります。中身はそのほかの取るティー料理と大きな違いはありませんが、強いていうならばほかのものようりも多くの具材を溢れんばかりに記事で包み込んで食べることです。腹持ちの点でいえば、このブリートがダントツで一番でしょう。
Nxyrkvy1tecfq26aw33n
引用: https://unsplash.com/photos/wGm2-XxaDCY
B5vwnrqa4xdoqx1zxtfj
引用: https://unsplash.com/photos/nTHMvQzQt_A
メキシコ料理と聞いて誰もが一番に思い浮かべる世界的にも有名なメキシコ料理代表がこちらの「タコス」です。トルティーヤというトウモロコシの粉で練って焼き上げた生地にお好みの具材をのせてそのままがぶりと食べるなんとも豪快でシンプルな料理です。ポイントは自分好みにカスタマイズできる調味料の種類です。辛いものが好きな人はハラペーニョを多めに、逆に苦手な人はアボガドやサワークリームをチョイス。そこにフレッシュライムを絞れば美味しくないわけがありません。メキシコへ旅行に行けば街の至る所で売っているので、様々な種類を試してみるのもいいですね。ひき肉や牛肉のものは有名ですが、メキシコでしか食べられない具材を使用したものもあるので是非勇気を持ってチャレンジしてみてくださいね。自分好みのカスタマイズを見つけてください。
Pqlzxhi0he0v58scbrmf
引用: https://unsplash.com/photos/xsfX3AqLDKo
エンチラーダもメキシコ料理を代表するトルティーヤ料理の一つです。大きめのトルティーヤでお好みのお肉、野菜を包んだ後チーズやチリソースをたっぷりとかけてtpマトソースを加えてオーブンでこんがり焼き上げた料理です。トルティーヤがオーブンでグリルされることによってトウモロコシ本来の香ばしさが増して食欲をそそります。さらに、熱々のとろけたチーズが中に包まれた具材とからみ最高の美味しさです。トマトソースが酸味を出してくれているので、飽きのこない素晴らしい料理です。ブリトーを作りすぎたときは、このようにオーブンでチーズデウ焼くことでエンチラーダにすぐさま早変わりするので、一つの料理で二度楽しめるのも素晴らしいところ。家庭ではお母さんの力強い味方ですね。
D0v6skmwyfrjzxjvg0pf
引用: https://unsplash.com/photos/EM8ljm8UOD8
スープ料理をあまりフューチャーされることがないので、そこまで知名度はないのですがこちらのスープもれっきとした有名な名刺こ料理の一つなんです。具材にはジャイアントコーンが使われています。それを鶏肉、もしくは豚肉と一緒に煮込めば完成です。チーズやクリームを使ったこってりな料理が多いメキシコ料理えすが、このスープは非常にあっさりとした味付けなので、トルティーヤ料理を食べる際には一緒にオーダーすると良いかもしれませんね。
Celhcjyual7biajuwxpx
引用: https://unsplash.com/photos/oaz0raysASk
Ocqetgsthcdnhsiukky4
引用: https://unsplash.com/photos/XNM9O4Kfy2o
「ワカモレ」はアボガドラバーにはたまらない料理です。作り方は簡単で、すりつぶしてペースト状にしたアボガドにみじん切りした玉ねぎ、トマトを加えた混ぜるだけ。そこにライムの果汁とパクチーを加えれば出来上がり。日本の家庭でも揃えられる材料で簡単に作ることができそうですね。このワカモーレは基本的にそれ単体で食べることはなく、にくりょうりのつけあわせやサラダのトッピング、トルティーヤやタコスの付け合わせて添えられることがほとんどです。驚くほど何にでも合うので、それ以外の食べ方が実はあるのかもしれません。クリーミーなアボガドですが、玉ねぎにトマト、さらにライム汁を加えることで爽やかなディップになります。このワカモレなしではメキシコ料理は語れない程有名な存在です。
Wsvqwcocfemwjvamxzta
引用: https://unsplash.com/photos/7YXOqZDhhG0
セビーチェは南米全土で食べられている魚介類のマリネです。基本的に赤玉ねぎとかためのトウモロコシ、そこに以下やエビ、白身魚やサーモンなどを生のまま入れ、これでもかとレモンを絞った想像よりも酸味の強いマリネです。メキシコでも食べられていて、夏の暑い日はセビーチェのようなさっぱりした料理を食べることも多いようです。
Olf14av5khqqetz6gb5h
引用: https://goo.gl/images/EurkUa
Ad75khllbu5o50nrijtm
引用: https://goo.gl/images/epx7S7
「ノパリートス」とは先ほどメキシコ料理には蚊Kせない食材の一つとして紹介したウチワサボテンのことです。つまり直訳すると「ノスパリートス(ウチワサボテン)のサラダ」となります。日本ではそもそもサボテンを食べる習慣がないので味の想像がつきにくいかもしれませんが、怪我をしないように丁寧に棘の処理をした後、適切に調理すればいわゆるビーマンのような少しほろ苦い食感も案外柔らかい食材に変身します。メキシコではスーパーで瓶詰めや缶詰のサボテンが売られているほど一般的な食材で、気候の熱い国独特の栄養価の高い食材として近年は欧米諸国でも注目されつつある食材です。
T9nupyzzeyibpdyk91yt
引用: https://unsplash.com/photos/SNLfVYmL8os
タコスやブリート、トルティーヤなど様々なメキシコ料理を作る際にその味の決め手となるのがこのファヒータ。中に包まれていたり、トルティーヤの上に乗せられていたりする牛肉の総称でしたが、現在はエビなどの海鮮類や鶏肉、豚肉などの広い意味で使用される言葉となりました。通常はグリル板でトウモロコシや玉ねぎなど他の野菜とともにじっくりグリルして調理されることが多いのですが、家庭ではフライパンで炒めて作ることもあるそうです。基本的な味付けしかされていないので、お好みでパクチーやサワークリーム、チリソースをかけていただきます。
Kwexpnwzvt6yqbdvczlv
引用: https://goo.gl/images/tKYu58
Pd8vzbzuc653a6aljbyx
引用: https://goo.gl/images/b4yjsw
I1znlzjscbpmnqaxpypy
引用: https://goo.gl/images/WyNDRi
「ケサディーヤ」もタコスやトルティーヤ同様にトルティーヤもしくはマサと呼ばれる生地で具材を包むというよりは挟み込んで、折って焼き上げたものです。特徴として、中に挟む具材は少なめで厚みは比較的薄くなります。一般的には肉を挟むことが多かったのですが、中にはベジタリアンのものやチーズだけを挟んだものなどバラエティもどんどん豊富になってきた料理です。中にはバナナやチョコレートなどを挟んだデザート感覚で食べるような今朝ディーやも登場して、メキシコ以外の国々で様々なアレンジが楽しまれているようです。生地事態にあまり味はないので、サルサやワカモレと一緒に食べるのも一般的です。
Yqs0bkq3peqwuwkt8yao
引用: https://goo.gl/images/ah3p9b
Hbnojgm8rox4elumhm9i
引用: https://goo.gl/images/2NwSZZ
チリコンカーンはメキシコの民族料理が起源だと言われている豆料理の一つです。現在では大昔にアメリカに渡り、アメリカでも国民食としてしまれるほど有名な料理となりました。美味しさの秘訣は大きな豆をたっぷりと入れること。豆の種類も必ずこれを使用しないといけないというものはないのですが、メキシコではキドニービーンズという小豆色でソラマメのような形をした大きめの豆を使用して作られることが多いです。その方が豆がに崩れることなく、しっかりとした食感を楽しめるんだとか。色々な作り方が編み出されていますが、基本的なものはキドニービーンズとひき肉をトマトソースで煮込みそこに唐辛子や地理スパイスを加えてスパイシーに仕上げたものが多いです。トッピングにはお好みでお悪チーを添えたり、サワークリームをかけて食べるのが人気です。トルティーヤやマサをディツぷして食べることが多いのですが、実は写真のように白米にも合うんです!日本でも手に入る食材で作ることができるので、一度チリコンカーン丼を作って見てはいかがでしょうか。
Q4s8nzbs0vgtsalnkwf2
引用: https://flic.kr/p/Fomzr3
Dnv1drzxqhld6fenwr7m
引用: https://flic.kr/p/UiZmF2
スペイン語で「鶏のくちばし」という意味を持つこの「ピコ・デ・ガヨン」ですが鶏肉は入っていません。材料は赤玉ねぎ、トマト、パクチー、ハラペーニョです。具材を全て細かく刻み、ライム果汁を絞り塩で味付けをしたフレッシュ野菜で作る付け合わせです。全体的に肉料理、チーズ、粉物の多いメキシコ料理においてこのピコ・デ・ガヨンの存在は大きいです。これを少し足すだけで、料理にフレッシュ感が生まれて、さっぱりとした後味になるのが特徴です。また、からさも自分で調節できるので各家庭やレストランで味が若干異なるのも面白いです。
T7w0on8hdgoltbgzpcsc
引用: https://goo.gl/images/TDrNAf
R87kmfc8crkcvj38bkj3
引用: https://goo.gl/images/dB4zix
こちらは東京都渋谷区にある本格的なメキシカン料理が食べれると人気のお店「DRAEMON PANCHOS」です。ネーミングがインパクトがあるのですぐに覚えられますね。こちらは本格的なメキシカン料理が味わえるだけではなく、お酒の種類も豊富でバーとしても活躍すること間違いなしのスポットです。友達と大勢でワイワイするのも良さそうです。
Kj4dsfhn6n7rqtuuc82j
引用: https://goo.gl/images/ejGdkA
Axyjgg8y9upwtjy7bzly
引用: https://goo.gl/images/AhHARz
C890etohls5tstldhzeh
引用: https://goo.gl/images/5j1tFY
こちらは見ての通り、インテリアも完全にメキシコを再現したカラフルでおしゃれなインスタ映えするメキシカン料理店「Casa De Sarasa」です。こちらも料理が美味しいのはいうまでもないのですが、モヒートなど女性も楽しめるフルーティで見た目にも楽しいカクテルが豊富に揃っています。女子会にもぴったりのお店です。
Huma1dmnravvlw7tefvk
引用: https://unsplash.com/photos/cTyVIvzQslE
今回は比較的知名度の高いメキシコ料理を紹介しました。私たちが知っているメキシコ料理は実はほんの一部でまだまだ隠れた美食がたくさんありそうですね。旅行に行った際には是非本場の味を試してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://unsplash.com/photos/vzX2rgUbQXM