Ljic4a7s9njnyb31ba5h

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

ベトナムのサパへ観光!気候やベストシーズン、行き方など解説!

2019.10.21

今回ご紹介させていただくのはベトナムのサパについてです。サパはベトナムの軽井沢と呼ばれている地域でとても涼しい地域です。サパへの行き方やベストシーズン、観光スポットをご紹介させていただきますので参考にしてみてくださいね!

  1. 1:ベトナムサパ 行き方
  2. 2:ベトナムサパ 気候&ベストシーズンについて
  3. 3:ベトナムサパ見どころ ロープウェイ
  4. 4:ベトナムサパ見どころ カットカット村
  5. 最後に

サパへのアクセスはバスか電車です。

まず最初にご紹介するのはサパへの行き方についてですサパはベトナムの最北端にある地域なのでハノイからバス、電車、チャーター車で行くことになります。ハノイへは日本から直航便が就航している空港からは直接、または東京やバンコク、シンガポールなどを経由していくことになります。ハノイからの行き方で一番多いのは高速バスで行く方法です。INTER BUS LINEという会社がハノイからサパへの直行便を1日に約5便就航しており、5時間半から6時間程度で行くことができます。バスを利用するためには事前に予約しておくことをおすすめします。続いては夜行列車です。夜行列車はハノイ駅から中国との国境であるラオカイ駅まで行きます。ラオカイ駅からはバスでサパに向かいます。夜行列車は寝台列車になってり3グレードの部屋(ただしどの部屋も相部屋)から選ぶことができます。所用時間は約8時間、バス1時間をプラスして9時間の旅になります。

サパ観光はいつがベスト?

ここではサパの気候とベストシーズンについてご紹介します。東南アジアに位置するベトナムといえば年中暑いというイメージがありますがサパは山岳地帯にあるのでハノイやホーチミンと気候が違います。サパの気候は日本と同じように夏の気温が高く冬にかけて低くなります。夏場の平均気温は20ー23度、冬場の平均気温は6ー10度になるので涼しい〜寒いのがサパの気候です。また年間を通して雨が降る地域ですが特に5月から8月は雨が多いので ベストシーズンは寒くなる前且つ、サパの観光名所の1つである棚田がよく見える10月から11月がベストシーズンになります。

ロープウェイで一隻二丁!

サパ観光に訪れた際はぜひロープウェイに乗ってください。このロープウェイは通称ファンシーパンロープウェイと呼ばれており、サパからインドネシア半島最高峰の山ファンシーパンの山頂付近までいくことができます。全長約6.3Km、標高差1410mは世界記録です。頂上付近につくとお寺やお土産屋さんがありちょっとshちた観光スポットになっています。山頂へは徒歩でいかなければいけませんが山頂から見る景色は絶景なので一生の思い出になること間違いなしです。何が一石二鳥かというと、世界最長のロープウェイに乗れることと、山頂付近に行くまでの’景色でサパの観光名所でもある棚田を壮大に見渡せるからです。

カットカット村について

サパの一番の観光名所は前項から何度が紹介している棚田です。棚田とは簡単にいうと斜面にある稲作地帯です。サパの中心街はホテルやレストランが立ち並ぶ街ですが、この棚田があるのは街の中心地から離れた、各地にある村です。市内から一番アクセスしやすい村ということでカットカット村がおすすめです。カットカット村のいいところは効率よく観光ができるということです。街には1本の観光ルートの道があり、この道を沿っていけば迷うことなく棚田に行くことができます。また行く道中にはカフェやお土産屋さんがあるので満足できること間違いなしです。

ここまでベトナムサパへの行き方や、観光スポットをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?ベトナムといえばハノイ、ホーチミンといった都市や世界遺産であるハロン湾が有名ですが、サパも近年観光スポットとして人気があります。ハノイから高速バスで気軽にいくことができるのでベトナム旅行の際はサパもぜひ観光の候補に付け加えてみてくださいね!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/emiliogomez/21491202604/sizes/l