Zj95f1mksqbbtysdlet1

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

ラスベガスの一人旅・気を付けたい注意点とおすすめスポット

2018.09.11

世界を代表するカジノから魅力的なショーの数々、ショッピングエリアと誘惑いっぱいの眠らない街【ラスベガス】。女性の一人旅は大丈夫?夜は危険?意外と知らないラスベガスの治安、そこで今回は女性がラスベガスを一人旅する上で気を付ける点や観光スポットをまとめていきます。

  1. ラスベガスの一人旅◆治安状況
  2. ラスベガスの一人旅◆CIRQUE DU SOLEIL
  3. ラスベガスの一人旅◆ホテルでのショー
  4. ラスベガスの一人旅◆アウトレット
  5. ラスベガスの一人旅◆食事
  6. 最後に
どうしても街中ネオンがギラギラしているカジノの街、イコール物騒なイメージを持ってしまう人も多いはず。でも実はラスベガス、アメリカの大都市の中で比較的安全な街と言われているんです。それにはちゃんと理由があり、まずラスベガスの人口のほとんどが、カジノやエンターテイメントを楽しみに世界中から訪れる旅行者だという事。
そして観光地であるラスベガスにとって、観光客を魅了し続ける必要があり、治安の悪化は避けねばなりません。唯一の産業を守っていくためにも、治安の維持は徹底しています。さらに24時間、想像もつかないほどの大金が忙しく行き来している場所ですので、その分警察官や警備員も他の街に比べとても多いです。
ただ、やはり日本ではありませんので、ご自身の持ち物などはしっかりと管理し、他の国と同様に気を付けることは必要です。また女性の一人旅はそれだけでリスクも伴いますので、知らない場所での行動は注意して、夜に人気の少ない所へ行くなど危険な行動は避けましょう。
感動のエンターテイメントも盛りだくさんのラスベガス!その魅力の一つが、「シルク・ドゥ・ソレイユ」。日本でも毎年公演が行われていますが、テントで観るものとは迫力が違います!ラスベガスでは、何種類ものショーが毎日、専用の常設ステージで開催されていますので、それを観ずには帰れません。それぞれのショーにそれぞれの魅力や見どころ満載なので、お好きな方は全部制覇なさってもいいですね。旅行のスケジュールと相談なさってぜひご覧ください。
世界中からの人々を迎えるために、たくさんのホテルが並んでいます。ラスベガスではそのホテルにおいても素晴らしいショーが無料で毎日見られるまさにエンターテイメントの街。巨大な噴水ショーで有名な「ベラッジオホテル」では、噴水以外にも建物の内部にも旅行者が楽しめる演出がされており、先述しましたシルク・ドゥ・ソレイユの「オー」も上演されています。
「サーカス・サーカスホテル」は、世界最大規模を誇る屋内遊園地が設置されていますし、その名の通りサーカスが開催されています。「ベネチアンホテル」に「ミラージュホテル」とホテルを見て回るだけでも十分に楽しめ、カジノに行かなくても何日もかかるぐらいです。
それに加えて巨大ショッピングモールまで併設されていますので、あっという間に時間は過ぎ、物欲も止まりません!他にも、人気のストリップショーなど無料有料あわせて様々なジャンルにわたり、毎日ショーが行われていますので、夢のような世界を満喫できる場所です。夜には建物がライトアップされ、明るい時間帯とは違う景色が楽しめるのも嬉しい見どころの一つ。
ショッピングモールだけに留まらず、周辺に巨大アウトレットが3ヶ所も揃うラスベガスです。カリフォルニアとの州境にあたる「」ファッション・アウトレット」と、ストリップ劇場南にある「ラスベガス・アウトレット・センター」と、ラスベガスで最も新しい「ラスベガス・プレミアム・アウトレット」の3つです。
どちらへも車でのアクセスになるので、「MGM」や「ミラクルマイルショップス」、「ファッションショーモール」からのシャトルバスを利用されると良いですね。
エンターテイメントの印象が強すぎて、美味しいレストランや食事があるのか不安になっている方も、ご安心ください。名だたるホテルも軒を連ね、世界的にも有名なレストランも集まるラスベガスです。価格もそこまで高くない、ホテルでいただくビュッフェがおすすめです。食事にゆっくりと時間をかけず、カジノでたくさん遊んでもらうために、このビュッフェ形式のレストランがとても多く、「バフェ」と言います。食事も大事な観光の醍醐味として、豊富なメニューにお店の演出、接客サービスに至るまで一流なものが味わえます。
いかがでしたでしょうか?ラスベガスでの女性で一人旅でも十分に楽しんいただける場所をご紹介してきました。他の街と同様に、夜出かける際など最低限に気を付けるところは注意していただき、存分にラスベガスの街を満喫なさってください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnbbevhnRxN/?tagged=%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB