M8luzzp8naprzxqadabz

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄渡嘉敷島の観光スポット6選【2018年度版】~ホテルもご紹介~

2018.09.14

沖縄の離島、渡嘉敷島は知っていますか?沖縄本島から日帰りでも訪れることができる慶良間諸島の1つです。そんな渡嘉敷島の観光スポットや、ホテルを紹介します!日帰りでも宿泊でも楽しむことができる渡嘉敷島!ぜひ訪れてみてください。

  1. 沖縄の渡嘉敷島とは
  2. 沖縄渡嘉敷島の観光①阿波連ビーチ
  3. 沖縄渡嘉敷島の観光②阿波連展望台
  4. 沖縄渡嘉敷島の観光③阿波連園地
  5. 沖縄渡嘉敷島の観光④トカシクビーチ
  6. 沖縄渡嘉敷島の観光⑤アラン展望台
  7. 沖縄渡嘉敷島の観光⑥集落散策
  8. 沖縄渡嘉敷島のホテル
  9. 沖縄渡嘉敷島の観光まとめ

渡嘉敷島(とかしきじま)とは

渡嘉敷島とは、沖縄県の慶良間諸島(けらま)にある含まれている島です。慶良間諸島には大小20ほどの島から成り立ち、国立公園にも指定されている美しい島です。その海の美しさは、海外からも「ケラマブルー」と呼ばれています。また慶良間諸島は大きくは「渡嘉敷村」と「座間味村」に分かれています。

沖縄本島から日帰りで訪れることができる!

渡嘉敷島までは、沖縄本島からはフェリーで約70分、高速船で約35分で訪れることができます。この近さなら日帰りでも訪れることができますね!乗り物酔いをしやすい人は、酔い止めの薬を飲んでお久野がおすすめです!また船は、後ろの方が揺れにくいです。
高速船、フェリー共に、天気が雨でも欠航にはなりませんが、高波で欠航になることがあるので注意しておきましょう。

阿波連(あはれん)ビーチとは

渡嘉敷島の中でも有名なビーチが「阿波連ビーチ」です。真っ白な砂浜と綺麗な「ケラマブルー」の海を楽しむことができます。
阿波連ビーチでは、シュノーケリングや、バナナボートなどを楽しむことができます。ビーチ周辺にホテルや飲食店があり、シュノーケリングや、SUP、パラソルのレンタルもあるので、水着やタオルだけ持っていけば十分に楽しむことができますね!

トンネル岩

阿波連ビーチには、トンネル岩があります。風と波により自然に作り出された岩のアーチ。写真スポットとして人気です!

阿波連展望台とは

阿波連ビーチのそばに「阿波連展望台」があります。阿波連展望台からは、阿波連ビーチやを見渡すことができます。見渡す限りのケラマブルーはまさに絶景です!天気により海の色が変わりますが、おすすめは晴れた日の午前中です!
阿波連展望台から正面に見えるのが無人島の「ハナリ島」です。阿波連ビーチから渡し船などで上陸することも可能なのです!

阿波連園地とは

阿波連展望台から歩いて10分ほどのところに「阿波連園地」があります。渡嘉敷島の南端に位置しています。広い公園で、天気がいい日には、真っ青な空、真っ青な海と共に抜ける風がとても気持ちのいい場所です。周りに何もないので、朝には朝日、夕方には夕日を眺めることもできます。

トカシクビーチとは

トカシクビーチは、シュノーケリングで「ウミガメ」に出会える場所として人気のあるビーチです!サンゴや小魚は少し沖まで泳ぐと見ることができるので、シュノーケリング中、上級者でも楽しむことができます。阿波連ビーチよりものんびりとした雰囲気が流れています。

ホテルを利用しよう!

トカシクビーチは阿波連ビーチほど周りが栄えていませんが、そばに1件ホテル(トカシクマリンビレッジ)があり、シャワーやコインロッカー、売店があります。ウミガメの出没ポイントも尋ねてみましょう!

アラン展望台とは

アラン展望台とは、渡嘉敷島の南東部に位置しています。天気がいい日には、沖縄本島の街並みを見ることもできます!双眼鏡も設置されています。

冬がおすすめ!?

慶良間の海には冬に、ザトウクジラが訪れます。アラン展望台からはこのザトウクジラを見ることができるかもしれません。船が苦手な人でも、ホエールウォッチングができるのは嬉しいですね!

集落散策とは

沖縄の離島では、沖縄本島と違った街の風景を楽しむことができます。集落を探索するだけでものんびりとした暖かい空気を感じることができます。
レンタカーやレンタルバイクで島を周遊するのもおすすめですが、ゆっくりと街歩きを楽しむこともおすすめです!
沖縄本島から日帰りでも遊びに行ける渡嘉敷島ですが、ホテルや民宿も多数あります。ダイビングサービスを行なっている民宿もあるので、ダイバーにおすすめです!宿泊してゆっくりと渡嘉敷島の雰囲気を満喫するのもおすすめです!夕陽や星空、朝日も絶景です!
渡嘉敷島の観光スポットはいかがでしたか?ウミガメと泳げて、ホエールウォッチングもできるなんてとても魅力的ですね!また沖縄本島に宿泊している人でも、日帰りで遊びに行くことができるのがいいですね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnklpNLhwMW/?tagged=%E6%B8%A1%E5%98%89%E6%95%B7%E5%B3%B6