Drrlwmodejbyijionjyt

長野

CATEGORY | 長野

【2018年】軽井沢のおすすめ観光スポット!地元民のおすすめランキング19選!

2018.09.30

軽井沢は高級別荘地やリゾート地として有名で関東からのアクセスも良く買い物や自然散策等で毎年多くの方に人気があります。今回は軽井沢にあるおすすめの観光スポットやおすすめグルメ等を中心に紹介させていただきます。観光等で避暑地軽井沢を訪れてみてはいかがでしょうか?

  1. 【2018年】軽井沢のおすすめ観光スポット!地元民のおすすめランキング19選!
  2. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ①旧軽井沢銀座通り
  3. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ②トンボの湯
  4. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ③白糸の滝
  5. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ④鉄板焼き「森」
  6. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑤ダイニングルーム ボーセジュール
  7. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑥プリンスショッピングプラザ
  8. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑦雲場池
  9. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑧旧三笠ホテル
  10. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑨軽井沢並木道
  11. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑩千ヶ滝せせらぎの道
  12. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑪ラ・フェブルトン
  13. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑫リビスコ
  14. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑬エルミタージュ・ドゥ・タムラ
  15. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑭メインダイニングルーム
  16. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑮信州ハム軽井沢工房
  17. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑯かぎもとや
  18. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑰チャーチストリート
  19. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑱軽井沢絵本の森美術館
  20. 軽井沢おすすめ観光スポット&グルメ⑲トラットリア プリモ
  21. まとめ
軽井沢は日本の避暑地として知られており年の平均気温は7.8度程ととても涼しく快適に過ごすことができ夏の猛暑を避けるために多くの方が軽井沢を訪れています。軽井沢は高級別荘地やリゾート地として有名で関東からのアクセスも良くショッピングや自然散策等で毎年多くの方に人気があります。今回は軽井沢にあるおすすめの観光スポットやおすすめグルメ等を中心に紹介させていただきます。快適で過ごしやすい避暑地軽井沢を訪れてみてはいかがでしょうか?
避暑地軽井沢でおすすめする観光スポットは旧軽井沢銀座通りです。TVでもよく紹介される人気店から老舗のお店まで様々なお店が立ち並んでいます。スイーツ店やお土産屋、おしゃれなお店がたくさんありますので歩いているだけでも楽しいところです。ソフトクリームを食べたりお土産を買ったりできますので子連れやカップルに特におすすめの軽井沢観光スポットです。
Vzmhjkxxo0wbiil9hyxl
引用: https://www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/daytrip/tonbo.html
星野温泉トンボの湯は1914年に避暑地軽井沢に開湯した歴史ある温泉です。広々とした大浴場、露天風呂はすべて源泉かけ流しで新鮮な温泉をたっぷり堪能できます。10:00~15:00の間は比較的混んでいないためゆっくり入りたい方におすすめの時間帯です。湯上りに高原ビールやアイス等もあるので家族で観光の途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?また隣接には高級リゾートホテル星のや軽井沢があり宿泊する際におすすめです。
H83ss9nnpx1h68akueqq
引用: https://www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/daytrip/tonbo.html
広々としている内湯は自然を眺めながらゆっくりと温泉を楽しむことができます。観光の合間に日帰り入浴されてみることをおすすめします。
Sb2xup9kbnmx7rscxoeh
引用: http://www.hoshino-area.jp/archives/area/tonbo
Bfk8n7qpdinswwjirxto
引用: https://www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/daytrip/tonbo.html
星野温泉の開湯は1914年。以来、避暑地軽井沢の名湯として、多くの方々に愛され続けています。トンボの湯は、そんな星野温泉の歴史を汲む「源泉かけ流し」の立ち寄り湯。北原白秋や与謝野晶子もつかった古の湯に身をまかせれば、時は遥か、想いは彼方へ流れていきます。 ◆源泉かけ流し トンボの湯の全ての浴槽は、源泉かけ流し。循環・加水をせず、毎日換水しています。湯の花舞う湯舟には星野温泉の源泉が良質なまま溢れ、その軟らかいお湯は「美肌の湯」といわれています。飲泉ができるのも新鮮な温泉である証です。 ◆泉質 ・泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(低張性中性温泉) ・湧出量:毎分400リットル ・適応症:腰痛症、冷え性、疲労回復、皮膚乾燥症など ◆トンボの湯の特徴 檜が香る内湯と花崗岩が連なる露天風呂は和を基調とするシンプルでモダンな佇まい。湯あがりには、カフェハングリースポットで軽井沢高原ビールやソフトクリームをお楽しみください。

避暑地軽井沢に来たらぜひ訪れてほしい観光スポットが白糸の滝です。避暑地軽井沢の中でも特に涼しい場所で癒しスポットとして有名です。晴れた日も良いですが小雨の中の白糸の滝も見所です。たくさんの滝が白糸のように流れ落ちる光景から名前が付けられました。途中には小さな滝や綺麗な花を見ることができるのでゆっくりと散策してほしいおすすめスポットです。また夜にはライトアップされ幻想的な白糸の滝を見ることができます。夜のライトアップは人気ですので早めに見に行くことをおすすめします。
夜には幻想的なライトアップされた白糸の滝を見ることができます。大勢の方が見に来られますので早めに訪れることをおすすめします。
軽井沢プリンスホテルの中にある鉄板焼き「森」では上質なお肉や野菜、海鮮類を目の前で焼き上げる信州のグルメ食材を楽しめる鉄板焼き屋です。ディナーコースは特に信州産にこだわっており信州の野菜や信州牛肉、長野県産こしひかり、信州そばを味わうことができます。単品メニューとしても信州産きのこや軽井沢フルーツトマト等地元の食材をたっぷり楽しむことができます。ランチも営業しているので観光の合間に贅沢なランチを楽しんでみてはいかがでしょうか?
O6vxrhdbzcqqanye5tha
引用: https://www.princehotels.co.jp/karuizawa-east/restaurant/
Xuen6tejzaewxp7bb0y4
引用: https://www.princehotels.co.jp/karuizawa-east/plan/mori/mori_dinner/
こちらのお店も軽井沢プリンスホテル内にあるフレンチレストランです。美しい風景をみながらゆっくりフランス料理を味わえます。個室もあるので食事会などに便利です。ディナーは料理長濱野シェフが腕を振るう料理をコースでじっくり楽しめます。予約制ですので訪れる際は予約して贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?
Nwfgd3zb7iahmu468bnv
引用: https://www.princehotels.co.jp/the_prince_karuizawa/restaurant/bose/
Jam1hcdmpuk9ghm4y1bw
引用: https://www.princehotels.co.jp/the_prince_karuizawa/restaurant/bose/
軽井沢プリンスショッピングプラザは約240店舗ものお店が並ぶ買い物スポットです。小雨程度ならあまり濡れることがなく買い物が楽しめるのでぜひ立ち寄ってみることをおすすめします。キッズ服からメンズレディース服、飲食店等様々なお店があるので一日いっぱい楽しめます。お土産も豊富に販売されているため訪れて買い物を楽しんでみることをおすすめします。
地元では「おみずばた」別名スワンレイクとも呼ばれている静かで落ち着いた場所です。新緑の時期や紅葉の時期には特に訪れてほしい観光スポットで素晴らしい風景を撮影することができます。四季折々の光景はいつ訪れても飽きることがない場所です。軽井沢は避暑地ですが夏にこちらに来るとさらに涼しさを感じます。
1905年に建てられ以降政財界の方や文人が宿泊してきた旧三笠ホテルは1980年に国の重要文化財に指定され現在は見学可能になっています。ホテル内を見てるとまるで明治時代にタイムスリップしたかのようです。9時から17時まで開館しているのでぜひ立ち寄ってみることをおすすめします。
新日本街路樹百景に選ばれている三笠通りの落葉松並木は一年中素敵な景観が見ることができる避暑地軽井沢のおすすめ観光スポットです。またこの道はこちらで紹介している三笠ホテルや白糸の滝に続く道ですので観光の途中に写真を撮ったりしてみてはいかがでしょうか?冬は雪景色と季節によって風景が全く違うのでおすすめです。
Fikuv6ecpirnt2v99qp4
引用: http://www.i-turn.jp/karuizawa-mikasadouri-karamatu-namiki.html
「千ヶ滝」までの散歩を楽しめる避暑地軽井沢のスポットです。道を綺麗に整備されているため運動がてらにジョギングしたり景色を楽しみながらゆっくりとハイキングするのにおすすめです。途中には子どもが大好きな水遊び場があるため子どもと一緒に水遊びを楽しめます。観光に合間に散策するのも良いですしおすすめのスポットです
「ラ・フェブルトン」では普通のクレープとフランスの伝統料理ガレットを作っているため違った生地を楽しめます。ガレットは普通のクレープとは触感が少し違います。ガレットはそば粉100%で作っています。おすすめはバターはちみつレモン生クリームで生クリームとレモンの酸味がマッチするおすすめの一品です。全体的にクリームは甘さ控えめになっているので甘いのが苦手な方にもおすすめします。つくりたてをいただけるので散歩の合間にふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?子連れやカップルに特に人気です。
Xnn8ezibbsq4nlpgm1ap
引用: https://4yuuu.com/articles/view/89502
旧軽井沢通りにあるジェラート専門店です。女子に人気のスイーツ店でいつも多くのが立ち寄っています。ジェラートの他に甘さとコクが最高の「オブセ牛乳」も飲むことができおススメです。この「オブセ牛乳」を使用しジェラートを作っているためこちらのジェラートは程よく甘みがあってコクがあるジェラートに仕上がっています。ジェラートのメニューもクリームチーズやチョコ、いちご、ライチの他に季節限定でスイカや白桃、巨峰も販売しており人気があります。軽井沢は避暑地ですが夏の暑いときにはぜひ立ち寄ってみることをおすすめします。
作りたてのジェラート「リビスコ」は、旧軽井沢テニスコート通りの ジェラート専門店です。 リビスコのジェラートは、当日の朝、新鮮な牛乳と生の果物から作ります。 前日の残りは処分し、すべてのジェラートが作りたてです。 そのため糖分を最小限に抑えられ、保存料も使用しておりませんので、素材の味そのままを味わっていただけると思います。 また、たまごを一切使っておりませんので、アレルギーの方にも安心してお召し上がりいただけます。 牛乳不使用の水をベースにしたジェラートは、ミネラルウォーター(回帰水)を使っておりますので、塩素臭等のないおいしいジェラートが作り出せます。 スタッフ一同、心を込めておいしいジェラートをご提供させていただきますので、軽井沢にお越しの際はぜひお立ち寄りください。 お待ちしております。

Qechbaisow7t9mvum5go
引用: https://www.hermitagedetamura.com/
避暑地軽井沢グルメとしてぜひ訪れてほしいレストランがレストランエルミタージュ・ドゥ・タムラです。隠れ家的なお店は雰囲気最高で夫婦やカップルにおすすめです。お昼のプチコースやお昼のおまかせコースなどランチは3種類から選べます。夕食は1種類でスペシャルコースのみで旬の食材をシェフが匠の技で調理してくださり味はもちろん目でも楽しめる絶品フレンチをいただけます。観光の合間に贅沢にランチを頂くのもおすすめですのでぜひ予約して訪れてみることをおすすめします。
Wwmfiw8s7dpn9pule5px
引用: https://www.hermitagedetamura.com/
レストラン伝統の「桃の冷たいスープ」です。
Zncxvekbn1s24jae0g33
引用: https://www.hermitagedetamura.com/
オマール海老のローストです。目でも楽しませてくれる料理が並びます。
Tuxc8a0j86tfcfwfqikw
引用: https://www.hermitagedetamura.com/
軽井沢万平ホテル内にあるメインダイニングルームはグルメ料理をレトロな空間でいただけるおしゃれなレストランです。ディナーコースは様々あり信州サーモンのサラダや大鹿村の鹿肉ロースト、三陸産の帆立貝刺身等がいただけます。ランチも12:00から14:00まで営業しておりスペシャルランチや信州牛ロースのステーキランチ等があり贅沢なランチをいただくことができます。アラカルトも豊富で季節に応じてメニューも変わるので避暑地軽井沢を訪れたらぜひ立ち寄ってみることをおすすめします。
U0uulidum4dya62otugr
引用: http://www.mampei.co.jp/index/restaurant/dining/
Zqxvliimnavjpu4pqwk3
引用: http://www.mampei.co.jp/index/restaurant/dining/
Pygeod6mmap17tomfmrh
引用: http://www.mampei.co.jp/index/restaurant/dining/
信州ハム軽井沢工房では本場ドイツの技法や製法で作られるハムやソーセージをお土産用に購入したり食べたり自分で作ることができるお店です。ジューシーなソーセージと軽井沢高原ビール等をいただくことができるためぜひ昼食に食べてみることをおすすめします。体験コーナーでは黒豚を使ったウインナーつくりを体験できます。ぜひ旅の思い出に訪れてみてはいかがでしょうか?
Lx96xw4z8ivyatjmhav9
引用: http://www.kagimotoya.co.jp/access.html
中軽井沢駅から徒歩すぐの場所にある美味しい信州そばがいただけるのがこちらの「かぎもとや」です。店内はレトロでアットホームな雰囲気で特にそばと天ぷら、けんちん汁がついた紅葉セットがおすすめです。人気蕎麦屋さんですので特にランチ時間は混雑するので早めの来店をおすすめします。
Vxldtsexuizcnqwsluw7
引用: http://www.kagimotoya.co.jp/menu.html
チャーチストリートは飲食店やお土産店が数多くあるショッピングモールです。特に観光客の方におすすめで軽井沢でしか買えないものやグルメがあるのでぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。チョコレートとラスクの専門店「ボン・オーカワ」では長野県産のリンゴを使ったチョコレートボールがお土産に人気です。衣料や雑貨も販売しているので楽しい施設です。避暑地軽井沢を訪れたら立ち寄ってみることをおすすめします。
Eiypp0pzcbs3zkf6wz5d
引用: http://www.churchst.jp/category/photogallery/
軽井沢絵本の森美術館は国内、海外の童話や絵本の展示館や図書館、絵本のお店がある美術館です。ぜひ家族で立ち寄ってみてほしいスポットで本好きの子どもたちに特におすすめです。絵本のお店では昔懐かしい絵本の他にキャラクターグッズやポスターカード、仕掛けがある絵本など大人も楽しめるお店となっています。
Pr8xnlicamliselbbkak
引用: http://museen.org/ehon/guide/
Nuy4ue4j2nh5xtyripq6
引用: http://museen.org/ehon/guide/

シンデレラ&プリンセス絵本展

2018年10月8日まで絵本展が開催されています。小学生以下は無料ですのでぜひ子どもたちと訪れてみてはいかがでしょうか?
シンデレラや白雪姫、人魚姫などプリンセスたちが登場する童話は、カラー印刷の技術が発展した19世紀後半から絵本の題材として親しまれてきました。物語の中のプリンセスは、自然体に生き、やさしい心を忘れずいくつもの困難を乗り越えます。プリンセスが活躍する絵本は、多くの画家によって描かれ、現在に至るまで広く読み継がれています。 本展では、グリム童話やアンデルセン童話に登場するさまざまなプリンセスを絵本原画や絵本資料とともに紹介します。 さらに「シンデレラ」の世界を特集し、プリンセスをモチーフとしたアンティーク絵本を収集するかわたまさなお氏の貴重なコレクションから、19世紀後半から20世紀前半のシンデレラの絵本や、100年前の絵本に描かれたシンデレラの衣装を再現したドレスなどを展示します。 また、プリンセス衣装の貸出や、シンデレラをモチーフとしたフォトスポットなどがあり、軽井沢の森の中でプリンセスの気分を味わうことができます。 童話の絵本に改めて触れながら、プリンセスたちの魅力を再発見するひとときをお楽しみ下さい。

避暑地軽井沢で超人気のイタリアンレストランです。こちらのお店を訪れる際は早めの来店をおすすめします。旬の食材をふんだんに使ったイタリアンが食べられるこちらのお店はカップルにも子連れにもおすすめしたいお店です。パスタや熱々のピッツァ等どれを食べても美味しいですがメニューも豊富でどれを選べばよいか迷うほどです。ディナータイム限定で肉料理やドルチェもあるのでランチだけでなく夕食にもおすすめです。
Fexnoipwoo4gj0jhgkoo
引用: https://www.karuizawa.co.jp/rest/primo/season.html
自然の中にある店舗は雰囲気がよく店内もおしゃれです。
S6qpgj2ltil6tmkrcrkj
引用: https://www.karuizawa.co.jp/rest/primo/season.html
いかがでしたでしょうか?今回は避暑地軽井沢のおすすめ観光スポットやレストラン、グルメ等を紹介させていただきました。軽井沢には紹介したグルメや観光スポットの他にもたくさんの見所があるのでぜひ軽井沢を訪れてみることをおすすめします。軽井沢は他にも川遊び等アクティビティも人気です。子どもから大人まで一日中楽しめる場所ですので一度軽井沢に遊びに行かれてはいかがでしょうか?
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/spot-karuizawa/