Mqr5xb6vdud4ggrmhdeq

日本

CATEGORY | 日本

登山ウェアをおしゃれに着よう!【2018年】おすすめブランドのアウターなど

2018.09.14

登山を快適にするために必要不可欠な登山ウェア。最近では若い世代の登山者も多く、せっかく登山ウェアを選ぶならおしゃれなブランドにしたいと思いますよね。快適な機能性だけでなく、ファッション性も高いおしゃれなおすすめブランドの登山ウェアをご紹介します。

  1. 登山ウェアとは何か?
  2. 登山ウェアの基本①:インナー
  3. 登山ウェアの基本②:アウター
  4. 登山ウェアの基本③:ボトムス
  5. 登山ウェアの基本④:レインウェア
  6. おすすめの登山ウェアブランドをご紹介
  7. おすすめの登山ウェアブランド①:【インナー】THE NORTH FACE
  8. おすすめの登山ウェアブランド②:【インナー】MAMMUT
  9. おすすめの登山ウェアブランド③:【インナー】mont-bell
  10. おすすめの登山ウェアブランド④:【インナー】Columbia
  11. おすすめの登山ウェアブランド⑤:【アウター】THE NORTH FACE
  12. おすすめの登山ウェアブランド⑥:【アウター】mont-bell
  13. おすすめの登山ウェアブランド⑦:【アウター】patagonia
  14. おすすめの登山ウェアブランド⑧:【アウター】Columbia
  15. おすすめの登山ウェアブランド⑨:【ボトムス】THE NORTH FACE
  16. おすすめの登山ウェアブランド⑩:【ボトムス】mont-bell
  17. おすすめの登山ウェアブランド⑪:【ボトムス】MAMMUT
  18. おすすめの登山ウェアブランド⑫:【レインウェア】Columbia
  19. おすすめの登山ウェアブランド⑬:【レインウェア】THE NORTH FACE
  20. まとめ
山の上は気温が地上に比べて低くなりますが、その反面長時間歩くことで汗をかくほど暑くなることが多く、身に着けるウェアで体温をすることが重要です。登山ウェアは通気性が高いタイプ、保温性の高いタイプ、防風性が高いタイプなど機能性の高い登山を快適に楽しめるさまざまなタイプがあります。

登山ウェアはレイヤードが基本

普段着の場合はトップスにアウター、ボトムスというコーデが一般的ですが、気温の低さと汗をかいた時の対応しやすいようにするためにも重ね着スタイルのレイヤードが基本となります。登山ウェアの基本は、インナー、アウター、ボトムスですが登山ならではの合わせ方があるので見ていきましょう。
肌に触れる一番内側に着用するウェアがインナーです。日常生活で重要視されることはほとんどないインナーですが、登山の際には一番内側に着用する「ベースレイヤー」が一番重要とも言われていです。インナーにあたるレイヤーには他にも「ミドルレイヤー」というものも必要です。

レイヤーは機能性が優れているものがおすすめ

肌に直に触れるベースレイヤーは、汗を吸収する効果や吸収した汗をすぐに乾かす速乾性の高い、化学性ん委が使用されたものが登山には向いており、ベースレイヤーの上に着用するミドルレイヤーは、行動着で着用されることも多いため、温度調節がしやすい伸縮性があり、速乾性のものがおすすめです。
ベースレイヤーやミドルレイヤーの上に着用するのがアウターです。普段着同様にトップスの一番外に着徴するアウターは、登山をする時には風や雨、雪が直接体に触れないように防いでくれる効果などがあり、着用するトップスの中でも一番、強度が必要となるウェアです。

内部に侵入させない機能が必要

ベースレイヤーやミドルレイヤーの場合は、汗を吸う吸水性、吸った汗をすぐに乾かす速乾性や伸縮性が必要ですが、いちばん外側に着用するアウターの場合は、雨や風、雪などを内部に侵入させないための、防風性や撥水性、透湿性のある機能が必要です。
近年ではおしゃれなハーフパンツなどに、レギンスを合わせたスタイルのウェアが主流となっているパンツですが、気温が低い山や冬の時期には不向きです。登山用のパンツはロングタイプでも動きやすいものが多く、機能性に優れているものも多いです。

歩きやすく機能性優れている

登山では長時間不安定な道を歩き続けます。歩いているうちに脚にも汗をかいてくことも多く、蒸れを防ぐ通気性や速乾性、足元が悪い時の撥水性などの機能の他にも、歩きやすいように伸縮性に優れた、ストレッチ素材のパンツが人気が高くおすすめです。
登山で必要不可欠なウェアがレインウェアです。山は気温が低く雨も降りやすい環境で、レインウェアを着用しなければ身体がぬれてしまい、体温が下がってしまう場合もあり、体温が下がると体調を崩してしまう可能性も考えられるので、小雨程度であれば撥水加工が施されたアウターでも問題ありませんが、雨が強くならない保証は山ではないので、登山時には必須のマストアイテムです。

登山では必要不可欠なウェア

登山ではマストアイテムのレインウェアは、一見かさばるイメージがあり、初心者の場合は持っていかないという方もいますが、最近では性能が充実していながらも軽量でコンパクトになるタイプもあるため必需品です。レインウェアには、表面の水分を弾く撥水性のあるもの、中への浸水を防ぐ防水性のタイプなどさまざまな商品があります。
ここまで登山ウェアとは一体何のか?そして登山ウェアを選ぶうえでのポイントについてご紹介していきました。登山では、着用するウェアの機能性が非常に大切です。肌に直接触れるベースレイヤーは吸水性、ミドルレイヤーは伸縮性の高い温度調整しやすいもの、パンツはストレッチのあるもの、レインウェアは防水性のあるものなどがおすすめです。
機能性の優れている登山ウェアは非常に多く販売されていますが、登山ウェアを選ぶときには、せっかくなら機能性だけではなく、おしゃれなウェアを着用したいと思いませんか。実際に販売されている登山ウェアブランドは、おしゃれなものも多く人気があります。特に人気の高いウェアブランドをご紹介していきます。
インナーのおすすめの登山ウェアブランドが「THE NORTH FACE」です。アメリカで創立されたこちらのブランドは、アウトドア商品や登山用品が販売されており、高い品質とおしゃれなデザインで、日本でも若い世代の男女を中心に愛用者も多いブランドです。

高い機能性とラインナップ

半袖から長袖まで多くのラインナップが多く、季節によって選択できるようになっています。吸汗速乾性に優れた素材、保温性、吸湿性を持ったハイブリット素材などが使用されており、汗をかいても着心地や肌触りがよく、おしゃれなデザインもあり、登山をサポートしてくれるウェアブランドです。
インナーのおすすめの登山ウェアブランド2つ目が「MAMMUT」です。スイスで創立されたこちらのブランドは、登山用品製造のブランドとして世界中でファンの多いグローバルなブランドです。動きを妨げないようにストレッチ性の高い機能的でおしゃれなウェアが多いブランドです。

高品質で高性能な素材

MAMMUTエクスクルーシブ素材により、吸水拡散性と保温性が高く、沢山動く登山におすすめの耐磨耗性、汗をかいても乾きやすい速乾性に優れた表面などメンズ、レディースを問わず着用できるインナーが多くあります。登山に適したストレッチ性とマンモスのおしゃれなデザインも魅力的です。
インナーのおすすめの登山ウェアブランド3つ目が「mont-bell」です。登山ウェアを販売しているようなアウトドアブランドは海外の物が多いですが、こちらは大阪府に本社を置く日本のアウトドアブランドです。あらゆるシーンに対応できる、日本メーカーならではの品質と機能性が魅力的なブランドです。

3種の素材からシーンに応じて選択

mont-bellでは、特性の異なった3タイプの素材がインナーに使用されており、温かさが特徴の「スーパーメリノウール」、汗の放出や保湿に優れた「ジオライン」、夏は涼しく、冬は暖かい「スペリオルシルク」があり、季節や用途によって使い分けできる、薄手、中厚手、厚手がラインナップされています。
インナーのおすすめの登山ウェアブランド4つ目が「Columbia」です。こちらはアメリカのスポーツウェアの製造ブランドで、登山をはじめとするアウトドア製品も作られています。ウェアブランドならではの、機能性の高いウェアが揃っており、登山時に快適に過ごす魅力的なブランドです。

デザイン性が高くおしゃれ

身体にフィットすることで長時間の着用でも着心地がよく、吸水速乾に優れたスリーブトップや、伸縮性が優れ動きやすく、吸汗速乾機能で着心地がよく、気候に合わせて袖の長さが調節できるストレッチフランネルシャツなど、機能性だけでなくデザイン性が高いおしゃれなウェアが多いです。
アウターのおすすめの登山ウェアブランド1つ目が「THE NORTH FACE」です。インナー同様にアウターも機能性、デザイン性に優れた物が多く、気軽に着られる薄手タイプ、マウンテンジャケット、ダウンジャケットまで多くのラインナップが揃っているのが魅力的なブランドです。

オールマウンテンジャケットが人気

落ち着いた色から鮮やかな色まであり、おしゃれなTHE NORTH FACEはS~XXLサイズ幅が広く誰にでも愛用できるブランドで、オールマウンテンジャケットというアウターは、防水シェルが3層構造になっており、透湿性能、耐久性が優れています。
雨天や晴天まで天気を問わず使用することができ、夏から秋、アイゼンを使用する残雪期など季節を問わずに対応できるためおすすめです。
アウターのおすすめの登山ウェアブランド2つ目が「mont-bell」です。日本を代表するような登山ブランドのmont-bellは、豊富なカラーバリエーション、商品が魅力的なブランドです。充実のラインナップですが、海外製のブランドと比較しても価格は控えめとなっています。

幅広い商品ラインナップ

mont-bellは商品のラインナップが多く、アウターも初級レベルの山から冬山登山に使えるようなタイプまでさまざまです。冬季登山やアイスクライミングなど過酷な環境下でも本領を発揮する商品は、透湿性や軽量性が高く着心地が良いながら、重量は400g以下と非常に軽くコンパクトにまとめることも可能です。
メンズ、レディース共にサイズ、カラーバリエーションが豊富で商品によって異なった特徴のある機能が搭載されています。
アウターのおすすめの登山ウェアブランド3つ目が「patagonia」です。アメリカでアウトドア周辺用品を手掛けているこちらのブランドは、環境に配慮した製品づくりを行っていることも知られています。フリースが有名なpatagoniaは、フリース素材を使用したアウターが多いブランドです。

防寒に優れたブランド

patagoniaはフリース素材が有名で、防寒に優れたアウター商品が多いのが特徴です。人気のイスマスパーカーは、悪天候に対応できる耐久性撥水が備えられており、温かみのあるフリース素材による耐寒性が優れているpatagoniaならではの商品です。
他にも防水性、防風性、透湿性などの特徴に優れた商品があり、利用者のニーズに応じて商品の選択ができるラインナップが魅力的なブランドです。
アウターのおすすめの登山ウェアブランド4つ目が「Columbia」です。アメリカで誕生したこちらのブランドは、自然環境で行うアウトドアウェアの製造を行っており、充実している機能性と普段使いできるようなおしゃれで、スマートなデザイン性が特徴のブランドです。

ストレッチが施され動きやすい

アウターはあまりストレッチ性が悪い商品が多く腕など動かしにくさを感じることがありますが、Columbiaのアウターは、ストレッチが施されたソフトシェル素材が使用されており、着心地の良さと快適な動きが実現したアウターになっています。他にも高い防水性を誇る商品もあり、メンズ、レディース問わずおすすめのブランドです。
ボトムスのおすすめの登山ウェアブランド1つ目が「THE NORTH FACE」です。機能性が高いだけでなくスタイリッシュで先進的なデザインが若い世代を中心に人気で、日常だけでなく登山用のボトムスも人気があり、長時間穿ける履き心地の良いブランドです。

根強い人気のアルパインライトパンツ

THE NORTH FACEでは、さまざまな特徴があるタイプの登山パンツが販売されていますが、多くの種類の中でも世代を問わず根強い人気を誇っているのが「アルパインライトパンツ」です。シンプルなデザインとストレッチなど高い機能性は、1年を通して登山に使える王道アイテムです。
ボトムスのおすすめの登山ウェアブランド2つ目が「mont-bell」です。日本メーカーならではの高いクオリティと、海外製品よりもリーズナブルなmont-bellのパンツは、トレッキングパンツの薄手、中厚手、厚手のほか、ソフトシェル、ハードシェル、クライミングなどさまざまなモデルがあります。

迷ったら中厚手がおすすめ

夏や軽登山におすすめの薄手、秋冬におすすめの厚手、雪山におすすめのハードシェルなど種類が豊富ですが、迷った時にはオールマイティーに使うことが可能な中厚手のパンツがおすすめです。中厚手のマウンテントレーナーパンツは、抜群のストレッチ性、登山からクライミングまで1年中使用が可能で、撥水加工により雨をはじいて汚れも付着しにくくおすすめです。
ボトムスのおすすめの登山ウェアブランド3つ目が「MAMMUT」です。マンモスのロゴがおしゃれなスイスの登山用品製造ブランドのMAMMUTのパンツは、スマートな美しいシルエットと歩く際に動きやすいストレッチ性の高さが特徴的です。

高品質なソフトシェルパンツ

おしゃれでストレッチ性に優れており、スタイリッシュなシルエットのソフトシェルパンツは、二重織りSOFtechが使用されており、防風性と耐久撥水性が優れています。裏面が微起毛になっているため、3シーズンにわたって利用できる履き心地が抜群のパンツです。
レインウェアのおすすめの登山ウェアブランド1つ目が「Columbia」です。自然環境で行うアウトドアウェアを専門的に製造しているメーカーならではのクオリティの高さと、カラフルな色合いとデザインのファッション性の高さから性別を問わず人気があります。

独自素材を利用

Columbiaではレインウェアに、オムニテックという独自の素材が利用されており、雨の侵入や中の蒸れも防いでくれる防水性と透湿性が非常に優れています。十分な機能性が揃っていながら、場所を取らずコンパクトに収納できるレインウェアです。
レインウェアのおすすめの登山ウェアブランド2つ目が「THE NORTH FACE」です。スタイリッシュでおしゃれなデザインのレインウェアが多く、登山だけでなく普段使いできるレインウェアとしても人気の高いブランドです。

雨でも安心のゴアテックス

人気のクライムベリーライトジャケットは、防水透湿性素材のゴアテックスが使われており、防水性が高く水は入りませんが、透湿性能も高いため蒸れがこもりにくくなっています。ザックを背負ったままでも動かしやすい優れた機能性が魅力です。
登山ウェアをおしゃれに着よう!ということでおすすめブランドのアウターなどご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。登山ウェアは機能性が高いだけでなく、デザインもおしゃれな物が多く登山もファッションとして楽しめます。
一般的な洋服よりも登山ウェアは高価ですが、登山をする人にとっては必ず必要となる物です。購入する際には、機能や性能に加え、デザインなどで選ぶこともおすすめです。ご紹介した情報が皆さんの参考になれば幸いです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BRJ7mL3gE76/?tagged=%E7%99%BB%E5%B1%B1%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2