Cagoatvr0drfwwavolgf

関東

CATEGORY | 関東

プールでダイビングが練習できる場所3選【2018年度版】~関東編~

2018.09.14

久しぶりのダイビング、いきなり慣れない機材を取り扱って潜るのは不安ですよね。リゾートへ出かける前にリフレッシュダイビングが出来る近郊のプールで練習してからでかけませんか?今回は基本的なスキルを思い出せるダイビングの練習用プールをご紹介したいと思います!

  1. 久しぶりのダイビングの前にプールで練習することの意味
  2. 関東圏のダイビングが出来るプールでスキューバの練習をしてみよう!1・ネオダイビング
  3. 関東圏のダイビングが出来るプールでスキューバの練習をしてみよう!2・THE DIVE FACTORY
  4. 関東圏のダイビングが出来るプールでスキューバの練習をしてみよう!3・ダイビングスクールマレア
  5. まとめ
リゾートでスキューバダイビングのライセンスを取得して、その時にファンダイブを数本潜ってそのまま数年経過・・・今度の休みにまたビーチリゾートに行くことになったけれども、機材も持っていないし正直何にも覚えてない!っていう方、結構多いです。
特に都内に住んでいて、普段は海から遠い生活をしているとダイビングのことってなかなか思い出しませんよね。そんな状態のまま海外でダイビングに行っても、不安が募るばかりではないでしょうか?受け入れた現地のインストラクターもログブックを見ればあなたが数本しかファンダイブを経験しておらず、そのまま年月が経っていることは一目瞭然ですのでそんなに難しいポイントに連れて行くことはないかと思いますが、ショップによってはパッとログブックを見たら英語で書かれた同意書を渡してサインを求め、タンクとBC、レギュレーターをこちらに渡して「セッティングしてね」と言うような場合もないわけではありません。ライセンスを持っているということは、機材のセッティングが出来て、中性浮力が取れ、1人でエントリーとイグジットが出来る状態ということの証明でもあるので、ショップがタンクのセットをしてくれなくて当然とも言えます。
また、空気のない水中で行うスキューバダイビングは、機材のひとつひとつに自分の命を預けるスポーツでもありますので、機材のセッティングが出来て最低限のスキルを完全に身に付けているという事が本当に大切なんです。 マスククリアが出来なくて海中でパニックを起こしてしまったら?前を泳ぐバディに蹴られてマスクが外れてしまったら?レギュレーターから急に海水が入ってきたら?これらのこと全て、基本的なことさえ出来ていれば慌てずに対処が可能なことばかりです。
海外に行って、ダイビングセンターでいきなりこれらの事を思い出せるのか、ちょっと不安になってしまったら・・・旅行の前に1度でいいのでプールで練習が出来ると安心です。 筆者も日本の伊豆でドライスーツデビューをする前に、いきなり海でドライスーツを着るのが不安だったので練習を申し込しこみ、5mの深度があるダイビング用のプールでドライスーツを着て潜水と浮力を安定させる練習をしました。 流れも波もない、また待たせている他のファンダイバーも居ない環境でゆっくりと練習ができたのは大きな自信に繋がりました。
練習するのにおすすめは、インストラクターがリフレッシュダイブを見てくれる環境があって4m~5mの深度がある専用のプールを探してみると良いでしょう。
最初にご紹介するのは東京の中野にオフィスがあり、千葉の市川に自社の練習用ダイビングプールを持っているネオダイビングです。 
ライセンスの取得に力を入れており、ライセンス取得後のケアも手厚いショップです。こちらのショップでダイビングのリフレッシュ練習をしたい場合、まずは問い合わせプールの予約とスタッフに詳細を相談してみてください。レベルや機材の有無、人数によって料金も変わってきます。

NEO DIVING詳細

〇住所/東京都中野区弥生町2-31-14 柳ビルC101 〇電話/03-5340-7620
次にご紹介するのは、東京都内の三鷹にダイビング専用のプールを持つTHE DIVE FACTORYです。
こちらのショップは、ペーパーダイバーのための「思い出しダイビング」というコースを設定しており、なんと8000円で機材のセッティングからマスククリアまで全て指導してもらえます。ネットで予約もできますのでチェックしてみてくださいね!レンタル機材は無料です。

THE DIVE FACTORY詳細

〇住所/東京都三鷹市井口3-6-16 〇/電話0120-193-032 〇予約先/https://www.tdivefct.co.jp/course_info/review.html
最後にご紹介するのは、なんと都心の真ん中、池袋に自社のダイビング用プールを持つダイビングスクールマレアです。こちらのスクールもプールトレーニングのコースを設けており、ログブックと水着だけ持って行けば池袋でリフレッシュダイブをすることが出来ます。
2時間から2時間半のコースは10,000円で、基本的なスキルの他に、もしも重点的に練習したいことがある場合にはインストラクターに直接リクエストすることも可能だそう。予約時に是非確認してみてください!

ダイビングスクールマレア詳細

〇住所/東京都豊島区南池袋2-9-9 三治ビル2階 〇電話/0120-013-994
いかがでしたか?本格的にダイビングに行って不安を感じる前に、プールで練習してから潜るのは安全面からもメンタル面からもおすすめです!是非次のリゾート旅行の前にダイビングプールでのリフレッシュダイブをお試しください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BlM62oLHLZq/?hl=ja&tagged=tokyopool