Ucmbyi5g4lfq16kzidra

スーダン

CATEGORY | スーダン

スーダンの治安現状は?旅行前にチェック!【2018年度版】~外務省情報まで~

2018.09.14

北アフリカに位置する国スーダンは、まだ日本人の旅行先としてメジャーではありませんが多くの観光スポットを有する国です。海外旅行をするにあたって気になるのは現地の治安ですよね。今回は、そんなスーダンの治安状況を一挙ご紹介いたします。

  1. 【スーダンの治安を知る前に】外務省の海外安全ホームページ
  2. 【スーダンの治安を知る前に】外務省の危険レベル1〜4
  3. スーダンの治安は良い?悪い?
  4. 旅行客が心がけるべき滞在中の安全対策
  5. スーダンの治安まとめ
引用: https://www.azalai-japon.com/photobook/sudan/01-02-17.jpg
外務省による「海外安全ホームページ」では、各国の治安や感染症情報などを危険レベルごとに分けて発令しています。危険レベルは1〜4となっており、国または地域ごとに細かくレベル分けされています。この情報は、現地の情勢によって変動する可能性があるため、渡航前にその都度チェックして現状を把握しておく必要があります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZO1rvlW4AAW6DH.jpg
引用: https://tokuhain.arukikata.co.jp/cappadocia/assets_c/2015/10/hanrei_m-thumb-400x224-161771.gif

レベル1:十分注意してください

この国や地域での滞在時には安全対策に細心の注意を払うように促す注意喚起です。地図上では黄色に塗られた地域がこれに該当します。

レベル2:不要不急の渡航はやめてください

この国や地域への渡航は禁止されていませんが、特別な理由がない観光などを目的とした渡航は控えましょう。もし、止むを得ず渡航しなければならない場合には、周囲の安全対策の徹底を心がけましょう。地図上では山吹色に塗られた地域がこれに該当します。

レベル3:渡航禁止勧告

この国や地域への渡航は禁止されているため、いかなる理由があっても渡航は取りやめる必要があります。また、現地に滞在中の日本人に関しては、別の地域への退避を強いられる可能性もあります。地図上ではオレンジ色に塗られた地域がこれに該当します。

レベル4:退避勧告

この国や地域に滞在している日本人に対し、別の安全な地域への退避を促す退避勧告です。もちろん危険なエリアなため、渡航は以ての外なので禁止しましょう。地図上では赤色に塗られた地域がこれに該当します。
引用: https://www.anzen.mofa.go.jp/attached2_master/2018T003/2018T003_1_Detail.png
上の画像は2018年9月の時点で外務省から発表されているスーダンの治安の現状です。全土を大きく分けて東側にはレベル1・西側にはレベル3が発令されている状態で、特に南スーダンと国境を接する南部の地域に関しては非常に治安が不安定です。基本的にレベル3にあたる地図上オレンジ色の地域へは渡航ができません。
引用: http://daiki55.com/wp-content/uploads/2014/09/DSC_5334.jpg
こうして見てもわかるとおり、スーダンは全土を通して「治安が良い」とは決して言い切れないのが現状ですので、渡航の前には十分検討した方が良いでしょう。海外の情勢を甘く見て、面白半分であえて危険な場所に立ち寄るなどといったことは、命の危険にさらされる可能性が十分にあるため絶対にやめてください。
引用: https://pictogram-illustration.com/material/211-pictogram-illustration.jpg
旅行客がターゲットとなりやすいトラブルとしては、観光地や空港など人が多く集まる場所でのスリ・ひったくりや、強盗などの犯罪が主なものとなります。これらの被害を避けるためには、多額の現金や不必要な貴重品を持ち歩かない・バッグは常に肌身離さず身につけておくなどといった安全対策が必須です。
引用: http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/004/928/71/N000/000/001/128638357906716213164_IMG_0606.jpg
特にこれらの犯罪は夜間に発生しやすいので、夜間の外出は厳禁です。
引用: https://skyticket.jp/guide/wp-content/uploads/pixta_26506588_S-e1490148805940.jpg
また、スーダンでは治安のほかにも体調管理に気をつける必要があります。マラリアや黄熱・狂犬病などの日本人に馴染みのない感染症のリスクも高まりますので、予防接種を受けるなどの対策が重要です。現地の医療機関は日本の医療機関ほど発達していないため、できるだけ病気にかからないように日頃からの予防を徹底しましょう。
引用: http://daiki55.com/wp-content/uploads/2014/09/DSC_5269.jpg
今回はスーダンの治安状況についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。スーダンに限らず、海外旅行では現地の情勢や感染症情報などを事前にリサーチし、身の回りの安全対策を練ることが大変重要となってきます。
引用: https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/jp/images/3539240/700/c9879bc65369ec9d779fe8968379072ce56b0cef.jpeg
繰り返しになりますが、海外の治安状況を甘く見ると大変な目に遭いかねません。「日本とは違う」という意識があなた自身を守ることにつながりますので、滞在中は決して油断することなく常に安全対策を徹底するよう心がけましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/jp/images/3539240/700/c9879bc65369ec9d779fe8968379072ce56b0cef.jpeg