L8pcatnkwelv5qvkdnfk

カナダ

CATEGORY | カナダ

カナダビクトリアの観光スポット5選【2018年度版】~ホテル情報まで~

2018.09.14

カナダの人気観光地ビクトリアは、開放的でゆっくりした雰囲気が魅力の街。歴史ある建物や広大の公園など見どころが目白押しです。今回はそんなビクトリアのおすすめ観光スポットやホテル、治安情報などをまとめてご紹介します。カナダへ行く予定の方はぜひ参考にしてください。

  1. カナダ・ビクトリアってどんなところ?
  2. カナダ・ビクトリアへのアクセスや時差について
  3. カナダ・ビクトリアの天気・服装
  4. カナダ・ビクトリアの気になる治安情報
  5. カナダ・ビクトリアの観光スポット①バスチョン スクエア
  6. カナダ・ビクトリアの観光スポット②クレイダーロック城
  7. カナダ・ビクトリアの観光スポット③インナー ハーバー
  8. カナダ・ビクトリアの観光スポット④州議事堂
  9. カナダ・ビクトリアの観光スポット⑤ブッチャート ガーデン
  10. カナダ・ビクトリアのおすすめホテル①ザ フェアモント エンプレス
  11. カナダ・ビクトリアのおすすめホテル②ホテル グランド パシフィック
  12. カナダ・ビクトリアのおすすめホテル③デルタ ビクトリア オーシャン ポアント リゾート&スパ
  13. カナダ・ビクトリアの観光スポットまとめ
ビクトリアは、カナダのブリティッシュコロンビア州の州都であり英国の影響を受けた街並みや花がいっぱいの光景が見られることから「ガーデンシティ」とも呼ばれています。1年を通して温暖で、天気が良い日には多くの人が自然の中でゆったりとした時間を満喫。観光客にも人気のビクトリアの時差や治安、季節ごとの天気などの情報をチェックしていきましょう。
日本からビクトリアへは直行便がないため、バンクーバーやシアトルなどで乗り継ぎする必要があります。バンクーバーからは水上飛行機やフェリーを利用してアクセスすることも可能です。カナダと日本の時差についてですが、広大な国土をもつカナダでは6つのタイムゾーンがあります。日本との時差が最も小さなところでは-12時間30分、時差が一番大きなところでは-17時間の時差です。ビクトリアと日本は-17時間の時差となります。(※サマータイム期間には時差が1時間縮小)。
ビクトリアは、カナダの南の方に位置しているため比較的温暖な地域です。夏の天気が良い日には日差しは強いですが、日本のようにジメジメはしておらず過ごしやすい印象。冬になると天気が崩れる日も多く、雨の日が続くこともありますが、氷点下になる日は年間で10日ほどです。服装は日本とほとんど同じで大丈夫ですが、夏は夜一気に冷えることがあるので薄手の上着があるといいでしょう。
カナダは先進国のなかで治安が良いと言われることもありますが、日本に比べると犯罪発生率は数倍になります。その多くがスリやひったくりなどの軽犯罪なので、そういった被害に巻き込まれないよう注意しつつ観光をお楽しみください。ビクトリアはカナダのなかでも治安が良い街です。観光中に危険な目に合うという可能性は低く、安心して過ごせます。ただ、チャイナタウン付近やエスクワイモルト地区などは治安が良くないと言われているので日中以外は避けましょう。
かつてビクトリア砦が建てられた場所「バスチョン スクエア」は、現在はおしゃれなレストランやギャラリーなどが並び、観光客にも人気のスポットとなっています。買い物や食事を楽しんだり、海洋博物館や航海の歴史が知れる博物館などを見学したりしてお楽しみください。

バスチョン スクエアの基本情報

英名:Bastion Square
住所:Bastion Square Victoria, BC
「クレイダーロック城」は1890年にロバート・ダンズミュアが建てた豪邸で、名前からもわかるように見た目はお城のようです。内部を見学することもでき、当時の上流階級がどのような豪華な生活をしていたのか想像することができます。天気の良い日にはタワーからの美しい眺望も必見です。

クレイダーロック城の基本情報

英名:Craigdarroch Castle
住所:1050 Joan Crescent Victoria, BC
電話番号:250-592-5323
開館時間:9:00〜19:00、(9月上旬〜6月中旬)10:00〜16:30
定休日:1月1日、12月25日、12月26日
入場料金:大人CA$13.75、シニアCA$12.75、子どもCA$5
ビクトリアらしさが感じられる「インナー ハーバー」は周辺に遊歩道が整備されており、海を眺めながら散歩を楽しめる人気スポット。綺麗な夕日が見られることでも有名です。日中は多くの観光客が行き交い治安がとても良い雰囲気ですが、夜遅くには酔っ払いが絡んでくることも。トラブルに巻き込まれないためにも夜遅くの散策はやめておきましょう。

インナー ハーバーの基本情報

英名:Inner Harbour
住所:Inner Harbor,Victoria
「州議事堂」はビクトリアのシンボル的建物で、ほとんどの観光客が訪れる定番スポットです。1916年に完成したこの建物は現在も州議会が開かれています。内部を見学するツアーでは議会部屋や内部の豪華な装飾を見学することも可能です。とても綺麗な夜のライトアップも必見。

州議事堂の基本情報

住所:The Parliament Building
住所:501 Belleville St.
電話番号:250-387-3046
開館時間:(月〜金)8:30〜17:00 定休日:土、日曜日
天気の良い日にぜひ訪れてほしいのが「ブッチャート ガーデン」です。22万m²の広大な庭園には色とりどりの花や木々が植えられており、連日多くの人を魅了しています。イタリア、日本、地中海の庭園からヒントを得て造られた6つのエリアがあるので、それぞれの違いを楽しみながらゆっくり散策するのがおすすめです。

ブッチャート ガーデンの基本情報

英名:The Butchart Gardens
住所:800 Benvenuto Ave. Brentwood Bay
電話番号:250-652-4422
営業時間: 春(3月1〜31日)9:00〜16:00、(4月1日〜6月14日)9:00〜17:00 夏(6月15日〜9月3日)9:00〜22:00、(9月4〜15日)9:00〜21:00、(9月16〜30日)9:00〜17:00 秋(10月1〜31日)9:00〜16:00、(11月1〜30日)9:00〜15:30 冬(1月7日〜2月29日)9:00〜15:30 クリスマス期間(12月1日〜1月6日)9:00〜21:00、(12月25日)9:00〜21:00
「ザ フェアモント エンプレス」は、ビクトリアの景色を代表する建物で口コミ評価も非常に高いホテルです。1908年創業の老舗であり、館内のティーロビーでは伝統的なアフタヌーンティーを楽しむこともできます。インナーハーバーに面して建っており、州議事堂なども近いので観光にもとても便利です。

ザ フェアモント エンプレスの基本情報

英名:The Fairmont Empress
住所:721 Government Street Victoria, British Columbia Canada
電話番号:+(1) 250 384 8111
ビクトリアで贅沢なホテル滞在をしたいという方におすすめなのが「ホテル グランド パシフィック」です。全室に専用バルコニーがあり、港や市街の景色を楽しむことができます。ホテル内にレストラン、ラウンジ、カフェの他、プールやジムもあるので天気が良くない日はホテル滞在を満喫するのもおすすめです。

ホテル グランド パシフィックの基本情報

英名:Hotel Grand Pacific
住所:463 Belleville Street V8V 1X3 Victoria
電話番号:+1 800-663-7550
「デルタ ビクトリア オーシャン ポアント リゾート&スパ」は広々とした部屋と部屋からの眺望が魅力のホテルです。2005年に改装された客室はコンテンポラリーな装飾で明るい雰囲気。周辺にはショッピングセンターやマーケットもあり、街の中心部まで徒歩10分ほどというロケーションも人気の理由でしょう。

デルタ ビクトリア オーシャン ポアント リゾート&スパの基本情報

英名:Delta Victoria Ocean Pointe Resort & Spa
住所:100 Harbour Road, Victoria, Canada
カナダのビクトリアについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?花いっぱい緑いっぱいのビクトリアでは、自然に癒されながらゆったりとした時間をお過ごしください。治安は良いですが、日本ではないということを忘れずに安全に滞在を楽しみましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmXSwPjA9nA/?tagged=%E5%B7%9E%E8%AD%B0%E4%BA%8B%E5%A0%82