Ywbqpdijdueb88k0idat

服装

CATEGORY | 服装

シュノーケルの服装ってどんなの?水着は必要?疑問を徹底解説!【2018年】

2018.09.14

シュノーケルをはじめてする人はどういった服装がいいのかよくわからない人も多いと思います。ここでは、シュノーケルの時の服装やあると便利なグッズを徹底解説しています。はじめてのシュノーケルを不安なくはじめるためにしっかり予習しておきましょう。

  1. シュノーケルの服装ってどんなの?
  2. シュノーケルの服装1:水着
  3. シュノーケルの服装2:ウェットスーツ
  4. シュノーケルの服装3:ラッシュガード
  5. シュノーケルの服装4:ライフジャケット
  6. あると便利なシュノーケルグッズ
  7. まとめ
シュノーケルをはじめてする時はどういった服装をすればいいのかわからないですよね。水着は必要なのか?上からなにか着るのか?ここでは、シュノーケルの際にどういった服装がいいのか必要なものや疑問を徹底的に解説します。
シュノーケルの服装で一番大切なのが水着です。逆に言えば水着さえ着用していれば他には何も必要ありません。シュノーケルは特に女性に人気で、綺麗な海へ旅行で行く人はかわいい水着を何着も持っていく人が多いです。これから説明するウェットスーツなどを着用する場合はシンプルで結び目などの少ない水着の方が快適に着用できます。
ウェットスーツは、夏場でも着用することがあります。ウェットスーツは水温が少ない場所で着用したり、サンゴやクラゲから肌を守る役割もあるため、とてもおすすめです。肌を出しすぎるのが嫌な人や日焼けが心配な人にもウェットスーツは人気です。シュノーケルツアーに申し込む場合、ウェットスーツは有料レンタルしてくれる場合が多いためショップに問い合わせてみましょう。
サイズはいくつかありますが、ウェットスーツはぴったりのものを選ぶようにしましょう。ぶかぶかすぎるとウェットスーツの性能をしっかり発揮できない場合もあります。ウェットスーツを着用したことがなく不安な人はショップの店員に選んでもらうと安心です。
ラッシュガードはウェットスーツとは違い洋服のような薄い生地でできています。乾きも早く日焼け対策にもなるため、女性には特におすすめです。フード付きのラッシュガードも多く、フードをかぶることで首回りや頭皮の日焼けも防ぐことができる万能アイテムです。
性能だけでなくデザインも豊富なので、自分の好みのラッシュガードを選ぶことができます。水着を販売しているお店などで購入することができるため自分のお気に入りの1着を探してみてください。
ライフジャケットはほとんどのツアーで無料でレンタルしてくれます。泳げない人やはじめてシュノーケルに挑戦する人はライフジャケットを着用すると浮くことができるので安心です。ライフジャケットさえ着用していれば溺れることもなく簡単に海の魚を見ることができます。
シュノーケルツアーに申し込む時は水着さえ着ていれば手ぶらで参加できるツアーがほとんどです。ここではあると便利なシュノーケルグッズをご紹介します。

日焼け止め

シュノーケルをする時は体の後ろ側はずっと海の上に出ている場合も多く、知らない間に首や背中が焼けてしまったという人も多くいます。日焼け止めは必需品で、海に入るたびに塗りなおすのがおすすめです。サンゴを傷つけない成分を使った日焼け止めなどもあり、海に優しい日焼け止めもおすすめです。

シュノーケルマスク

シュノーケルマスクは、ツアーに申し込むと無料でレンタルできるところがほとんどですが、いろいろな人が使っているシュノーケルやマスクを使うのが気になる人や、これから頻繁にシュノーケルをやりたい人は自分専用のシュノーケルマスクを購入することをおすすめします。

ラッシュパーカー

海に入る時期によっては、水温は温かくても船の上に上がった後に寒く感じることもあります。そんな時にはラッシュパーカーがあると寒さを防ぐことができます。さらに日焼け対策にもなるため、女性にはとてもおすすめのアイテムです。
シュノーケルをする際の服装やあると便利なおすすめグッズをご紹介してきました。シュノーケルは気軽に海の中のサンゴや魚を見ることができるアクティビティーで、泳げない人でも楽しむことができます。ぜひ綺麗な海でシュノーケルに挑戦してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://unsplash.com/photos/VAdFzJJDzgg