Zcatz8nfrlob28wsvdij

関東

CATEGORY | 関東

国内のおすすめシュノーケルスポット10選!日本の綺麗な海はここだ【2018年】

2018.09.14

日本国内には、たくさんのシュノーケルスポットがあります。透明度の高い綺麗な海はもちろん、ウミガメやクマノミ、マンタに遭遇できる場所など、魅力のある海ばかりです。ここでは、シュノーケルで有名な沖縄をはじめ、関東周辺にある綺麗なシュノーケルスポットをご紹介します。

  1. 日本国内には綺麗な海でシュノーケルできるスポットがたくさんある
  2. 国内のおすすめシュノーケルスポット1:八重干瀬
  3. 国内のおすすめシュノーケルスポット2:座間味島
  4. 国内のおすすめシュノーケルスポット3:新城海岸
  5. 国内のおすすめシュノーケルスポット4:黒島
  6. 国内のおすすめシュノーケルスポット5:バラス島
  7. 国内のおすすめシュノーケルスポット6:はての浜
  8. 国内のおすすめシュノーケルスポット7:白保海岸
  9. 国内のおすすめシュノーケルスポット8:水晶浜
  10. 国内のおすすめシュノーケルスポット9:沖ノ島海水浴場
  11. 国内のおすすめシュノーケルスポット10:ヒリゾ浜
  12. まとめ
海外に行かなくても、日本国内には綺麗な海がたくさんあります。特に沖縄にはたくさんのシュノーケルスポットがあり、透明度抜群な綺麗な海でシュノーケルを楽しむことができます。沖縄の離島へは、那覇から船や飛行機で行くこともでき、大きな島なら関東や関西からも直行便があります。ここでは日本国内の綺麗な海でシュノーケルできるスポットをご紹介します。
八重干瀬は透明度抜群でたくさんのカラフルな魚を見ることができる綺麗な海です。宮古島にあり、日本で最も美しいとも言われている特に人気の高いシュノーケルスポットです。ツアーに参加すれば自分たちでは行くことのできない場所に連れて行ってもらうことができます。
ダイビングももちろん有名ですが、シュノーケルでも十分楽しむことができます。カラフルな魚はインスタ映えも抜群で、女子旅に人気のある場所です。さらに、泳ぐのにも不安がある人なら船の上から楽しめるクルージングツアーもあるため、美しい海を見てみたい人にはおすすめです。
人気のツアー会社は予約が埋まるのも早いため、できるだけ早めに予約をしておくと安心です。一生に一度は見ておきたいと思えるほどの美しい景色を楽しむことができます。
座間味島は、那覇からフェリーや高速船に乗って行くことができる島で沖縄旅行で人気のある場所です。フェリーなら2時間ほど、高速船なら1時間ほどで行くことができるため弾丸旅行にもおすすめです。
フェリーや高速船はハイシーズンは予約したほうが確実ですが、那覇から行けるシュノーケルツアーもあるため予約のわずらわしさを考えたらツアーに参加するほうがおすすめです。さらに、ツアーでしか行けないシュノーケルスポットも多くあるため綺麗な海を満喫するならツアーがおすすめです。ウミガメを目撃できる場所も多く座間味島はとても人気があります。
レンタサイクルやレンタルバイクもあるため、島をまわったり展望台へ行くことができ、シュノーケルの後も楽しむことができます。那覇から日帰りで行くことのできる場所ですが、ぜひ宿泊して座間味島の魅力を満喫してほしい場所です。
新城海岸も宮古島にある人気のシュノーケルスポットで、透明度は抜群です。たくさんの魚やウミガメを見ることができます。シュノーケルはもちろん、ビーチでのんびり綺麗な海を見ながら過ごすのもとても贅沢です。
新城海岸についてからシュノーケルやマスクをレンタルすることもできるので身軽に行くことができます。宮古島空港からは車で20分ほどで行くことができるので弾丸旅行にもおすすめです。
さらに宮古島は冬でも温かい日が多く、冬でもウェットスーツを着れば海を楽しむことができるのも魅力です。冬の寒い時期でも海を満喫できるのが嬉しいポイントです。
黒島は、石垣島からフェリーや高速船で30分ほどで行くことができる島です。運が良ければウミガメやマンタを見ることもでき、海の生物が好きな人にはおすすめの島です。石垣島からシュノーケルツアーに参加することもできるため石垣島から日帰りで行くこともできます。
シュノーケルに慣れている人は体験ダイビングをしてみるのもおすすめです。シュノーケルとは全く違う世界を楽しむことができるため、体験ダイビングをきっかけにライセンスを取得する人も続出しています。シュノーケルとは違い1時間ほど海の中にいることができるため、余裕もありシュノーケルでは見ることのできない生物を見ることもできます。
バラス島は西表島にある島で、透明度の高い海を楽しむことができます。石垣島から日帰りでツアーに参加することもできるため弾丸旅行で短い旅行期間でもシュノーケルを楽しめるのも人気のポイントです。クマノミのいるポイントやサンゴのある綺麗なポイントなどなかなか見ることのできない場所でシュノーケルができるため防水カメラの持参は必須です。インスタ映えも抜群な美しい写真を撮ることができます。
美しすぎて感動してしまう人も多く、何度でも訪れるリピーターも多い島です。シュノーケル好きな人なら沖縄旅行では離島めぐりをするのもおすすめの楽しみ方です。それぞれの島にそれぞれの魅力があるため、どの海に潜っても感動を味わうことができます。
はての浜は小さな砂浜に上陸するのが人気の島ですがシュノーケルを楽しむこともできます。はての浜がある久米島へは、那覇からも飛行機で30分ほどで行くことがでるため那覇から日帰りも可能です。
透明度は高く、浅瀬でもたくさんの魚やサンゴを見ることができます。久米島から参加できるツアーではシュノーケルの他にもウミガメ探しやウェイクボードを楽しむこともできるためとてもおすすめです。
久米島はダイビングでも有名な島なので、シュノーケル以外にも体験ダイビングをやってみるのもおすすめです。タンクなど全ての機材はレンタルできるうえ、丁寧に説明してくれるため安心して体験することができます。ライセンスを取得することもできるため、綺麗な海で講習を受けることができます。
白保海岸は、石垣島にある海で空港からも近い場所にあります。テレビでも有名になったアヒルとシュノーケルできる場所もあり、女性におすすめです。さらに、北半球最大と言われているアオサンゴを見ることもできます。他にもクマノミがたくさんいる場所やハート型のサンゴがある場所など魅力が詰まったシュノーケルを楽しむことができます。
水晶浜は、福井県にある海水浴場でシュノーケルもすることができます。水晶浜のおすすめポイントは、シュノーケル以外にもマリンアクティビティーが充実していることです。海の定番であるバナナボートはもちろんトーイングチューブなども楽しむことができることでも人気を集めています。
沖ノ島海水浴場は千葉県にある海水浴場で、東京からなら東京湾アクアラインを使って2時間ほどで行くことができます。駐車場は無料でオートキャンプができるのも魅力のひとつです。人も多く、海の家もあるためお子様連れでも安心して楽しむことができるのも人気のポイントです。
ヒリゾ浜は、7月から9月の間しか行くことのできない静岡県にある浜辺です。透明度は抜群でシュノーケルを満喫することができます。最近では人気が高いため駐車場が早めにうまってしまうこともあるため早めに到着するほうがいいでしょう。
魚も多くクマノミにも出会うことができます。シュノーケルやマスクも予約なしでレンタルできるため、身軽で参加できるのも嬉しいポイントです。
日本国内にある綺麗な海でシュノーケルできるスポットをご紹介してきました。やはり沖縄の海は格別ですが、関東から日帰りできる場所もあるため旅行の休みがとれない人にもおすすめです。夏には綺麗な海でシュノーケルを楽しみましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://unsplash.com/photos/1XkHWekZE_M