Ei41khtcucjdyspajico

ミャンマー

CATEGORY | ミャンマー

ミャンマー観光の目玉・一度は訪れたいバガンの超おすすめスポット

2018.04.26

国民のおよそ85%が仏教徒といわれるミャンマー。そのミャンマー随一の観光スポットであるバガンの見どころは、世界三大仏教遺跡と言われる荘厳でとても幻想的な仏教建築群です。広大な敷地にいくつものパゴダ(仏塔)が立ち並ぶバガン遺跡のおすすめスポットをご紹介します。

  1. ミャンマー・バガンへの旅行前に知っておきたい基礎知識
  2. ミャンマー・バガンの遺跡を見て回るための移動方法
  3. ミャンマー・バガンの気球ツアーについて
  4. ミャンマー・バガン観光スポット1:アナンダ寺院Ananda Temple
  5. ミャンマー・バガン観光スポット2:ティーローミィンロー寺院Htilominlo Pahto
  6. ミャンマー・バガン観光スポット3:タビィニュ寺院Thatbyinnyu Temple
  7. ミャンマー・バガン観光スポット4:ダマヤンヂー寺院Dhammayangyi Temple
  8. ミャンマー・バガン観光スポット5:スラマニ寺院Sulamani Guphaya Temple
  9. ミャンマー・バガン観光スポット6:シュエサンドー・パゴダShwesandaw Pagoda
  10. おわりに
X4jlsydtptcdnocba6a5
引用: https://www.instagram.com/p/Bg3YE8_ghh2/?hl=ja&tagged=%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3
ミャンマーのバガンは、カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに世界三大仏教遺跡のひとつと称され、大小さまざまな仏教遺跡がおよそ3000以上も林立しています。遺跡のエリアとしては、「ニャンウー(Nyaung-U)」、「オールドバガン(Old Bagan)」、「ニューバガン(New Bagan)」、「ミンガバー(Myinkaba)」の4つがあります。

バガン遺跡の起源

Fiorp8c879yt4gtsg7xe
引用: https://www.instagram.com/p/BWmkNiEDakr/?hl=ja&tagged=%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3
1044年に初めて統一された「バガン王朝」は、以後13世紀まで栄えたミャンマーで最初の王朝です。ミャンマーの南部「タトン」という町からやってきた「アラハン」という僧侶が、バガン王朝最初の王である「アノーヤター王」に仏教を布教したのがきっかけとなり、仏教はバガンで深い信仰の対象となりました。人々は仏教が長く繁栄するようにと、イラワジ川東岸に複数の「パゴダ」や寺院を建立していったことがバガン遺跡の起源となっています。

パゴダ(Pagoda)ってどんなもの?

Gdewzqk1knrjumvattd6
引用: https://www.instagram.com/p/BhI8eJ4DJVs/?hl=ja&tagged=%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3
ミャンマーへ旅行するなら、絶対に見ずには帰れないというのが「パゴダ(Pagoda)」です。パゴダとは、仏教を開いたお釈迦様の髪の毛や骨などを納めた仏塔のこと。一般的には、仏様へお参りする「寺院」や出家した僧侶が修行を行う「僧院(Kyaung)」などと並んで建立されています。
Egfptinrsylagyumb3ev
引用: https://www.instagram.com/p/BhBJb9zgWnL/?hl=ja&tagged=%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3
見どころの遺跡はほとんど「ニャンウー」や「オールドバガン」にありますが、ニャンウー市街地からオールドバガンまでは約5km。オールドバガンからニューバガンも5kmの距離にあり、それぞれ車やバイクで10分程度、自転車で約20分、徒歩でなら約1時間以上かかります。しかも、各遺跡はそこから更に移動しなければならないので、どうやって見て回るかがポイントとなります。では、実際にどのような移動方法があるのか、ご紹介していきます。
X4hs0kaukosheqpba9li
引用: https://www.instagram.com/p/BhtEpwOnRkz/?hl=ja&tagged=%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3
・タクシー:一番無難な方法と言えます。
・Eバイク、または自転車:市街地の旅行代理店もしくはホテルでレンタルが可能です。
・馬車:遺跡の近くで待機していますが、乗車前に値段交渉が必要です。現地の旅行会社で手配も可能。
・ワゴン車:グループ旅行者向けの移動方法で、現地の旅行代理店に手配を依頼しましょう。
・大型バス:10人以上の団体客向け、ワゴン車と同様に現地の旅行代理店に手配を依頼しましょう。
・気球:気球に乗って、上空からバガン遺跡を回るツアーがあります。詳しくは次項でご紹介します。
Hwdn3vep8r1fjkekue8y
引用: https://www.instagram.com/p/Bhz-Ch_AiYM/?hl=ja&tagged=%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3
雄大なバガン遺跡を上空から見下ろす気球のツアーがあります。気球と遺跡がコラボレーションした上空の景色は、地上から見るよりはるかに壮大で、よりダイナミックに感じることができると観光客に大人気です。
Hzhbk8uuvnouymsbi10z
引用: https://www.instagram.com/p/BhlBIUaBaHO/?hl=ja&tagged=%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3
気球ツアーは現地の旅行会社で予約が必要です。気球ツアーを取り扱っている旅行会社については、以下にご紹介する連絡先を参照してくださいね。ただし、運航期間が限定されていて、1年のうち10月から翌年の3月までしか運航していないので注意が必要です。詳しくは、各旅行会社にご確認ください。

ゴールデンイーグル・バルーニング(Golden Eagle BALLOONING)

気球カラー:黄色

オリエンタル・バルーニング(Oriental Ballooning)

気球カラー:緑色

バルーンズ・オーバー・バガン(BALLOONS OVER BAGAN)

気球カラー:赤色
Fivdpyg5uy4pzwowwza9
引用: https://www.instagram.com/p/BhLXk0PHZvV/?hl=ja&tagged=anandatemple
バガンに来た観光客は必ず訪れるという、バガンを代表する寺院です。63メートル四方の大伽藍の上部には金色に輝く塔が配置されていて、この黄金の塔を中心とした荘厳な建築美に圧倒されます。
Zb9hfhfqjwpfwbumsqnc
引用: https://www.instagram.com/p/Bd-o-grHYMf/?hl=ja&tagged=anandatemple
寺院本堂の東西南北それぞれに高さ20メートルほどの美しい仏像が安置され、回廊の壁一面に彫られたレリーフや仏像、壁画など見どころが満載のおすすめ観光名所です。
Sfvautcuah8hhsj0fosm
引用: https://www.instagram.com/p/BDTczDPoN62/?hl=ja&tagged=%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC
ニャウンウーからオールドバガンへ行く途中にあります。2016年8月の地震により何度も修復工事を繰り返していますが、圧倒されるほどの迫力を持つとても大きな寺院です。
Hsgoi5sshaibxbvmzsdg
引用: https://www.instagram.com/p/BDWAX8OIN6K/?hl=ja&tagged=%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC
内部の壁にはかすかに当時の彩色が残るフレスコ画などを見ることができます。三層構造の赤茶色の外壁に施された装飾や各テラスコーナーにある小さなパゴダが際立って美しく、見た目にもデザイン性の高い建造物となっています。
G059zetoyylgzrlr8tym
引用: https://www.instagram.com/p/3yTApCHqkQ/?hl=ja&tagged=thatbyinnyutemple
12世紀中ごろに建てられた寺院で 、61mもの高さがあるバガンで最も高い寺院です。また、他の寺院と違った白の外観が遠くからでも目を引く美しさがあります。地震の被害が大きく、中の壁画の保存状態もあまり良くないのですが、外観の美しさを見るためにだけでも訪れる価値がありますよ。
Ms6tisnnb5wkofjfipit
引用: https://www.instagram.com/p/BbyYzL_HMtn/?hl=ja&tagged=thatbyinnyutemple
また、近接して日本人戦没者の慰霊碑があることでも有名で、管理人からお線香をもらうことができますので、ぜひ合わせて立ち寄ってみてください。
B5nl1hwlyh7dqbnvxrai
引用: https://www.instagram.com/p/BgY_XxhDoN4/?hl=ja&tagged=dhammayangyitemple
未完成のままのとても巨大なパゴダで、荘厳な他のパゴダと違ってどことなく不気味な雰囲気が漂う、不思議な魅力のある遺跡です。
父親である王と兄弟を殺害して王座に付いたナラトゥー王が建設を指示した寺院。自身もこの寺院が完成する前に亡くなっている。それ以来、工事が中止され完成に至っていない。そのため、仏塔の上の部分がなく、ピラミッドのような形になっている。

Tqipvwba6mumciamyvlb
引用: https://www.instagram.com/p/BgnPwRSHaXp/?hl=ja&tagged=dhammayangyitemple
未完成ながらも外観は重厚な雰囲気が漂い、内部の壁にも沢山のフレスコ画が描かれていて、とても見ごたえのある寺院です。
Pffmnco0ydwi6v8mheko
引用: https://www.instagram.com/p/BJno2aIhCQy/?hl=ja&tagged=%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8B%E5%AF%BA%E9%99%A2
眺望のよさが人気のスポットで、このスラマニ寺院のテラスからはタビィニュ寺院が見えます。また、広大な敷地に点在するパゴダという、バガンらしい景色はまさに壮観です。
Legrydjgczm546oxmqlg
引用: https://www.instagram.com/p/BJRliYoDUYy/?hl=ja&tagged=%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8B%E5%AF%BA%E9%99%A2
ここは壁画の美しさも人気のうちの一つとして挙げられます。お釈迦様のの生涯を現したものから、船や象、当時の人々の日々の様子などが描かれた貴重なフレスコ画はまさに必見です。
R6sqpfnag2v2fx1aidea
引用: https://www.instagram.com/p/BgRyQeJliLA/?hl=ja&tagged=shwesandawpagoda
最後にご紹介する「シュエサンドー・パゴダ(またはシュエサンドー・パヤー)」はサンセットの名所として有名で、広大な土地に点在するパゴダを一望できるという最高の場所に建てられています。
Wh1qq3w8grempx1pfmrh
引用: https://www.instagram.com/p/BecLFRnjrDV/?hl=ja&tagged=shwesandawpagoda
急な階段を登り、その上層階のテラスから眺めるバガンの全景と夕日は、まさに圧巻の一言に尽きます。階段の傾斜は急なので若干苦労はありますが、それでも頑張って登る価値は十二分にあります。
Dejo1jsrm4edtrzwobkx
引用: https://www.instagram.com/p/Bhsr4yMAxmc/?tagged=%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3
これまでミャンマー・バガンの見どころなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?まだまだ他にもご紹介しきれないほどの素晴らしい寺院やパゴダなどがたくさんあります。Eバイクをレンタルして、ゆっくり自分のペースで回るも良し、現地のツアーに参加して回るも良し、旅行時期が合えば気球に乗るのも良し。バガンの遺跡巡りを楽しんでくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bgx9kDcA_Z0/?hl=ja&tagged=%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3