Ebqq8sefmgfto2tfrjh9

熊本

CATEGORY | 熊本

熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10【2018年度版】

2018.09.28

熊本には様々な美術館がいくつもあります。熊本市現代美術館や熊本県立美術館本館、分館など。美術館によっては期間限定で蜷川実花展などのイベントが行われていたり、展示物が入れ替わったりと楽しみ方もたくさんあります。今回は熊本のおすすめ美術館をご紹介します。

  1. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10 ①熊本市現代美術館
  2. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10 ②熊本県立美術館本館
  3. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10 ③熊本県立美術館 分館
  4. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10 ④宇城市不知火美術館
  5. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10 ⑤湯前まんが美術館
  6. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10 ⑥島田美術館
  7. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10 ⑦熊本県伝統工芸館
  8. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10 ⑧坂本善三美術館
  9. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10 ⑨葉祥明阿蘇高原絵本美術館
  10. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10 ⑩古代の郷美術館
  11. 熊本のおすすめ美術館ランキングBEST10  まとめ
『熊本市現代美術館』は、現代美術を中心とした熊本の美術館です。国内外の水準の高い企画展を開催し、美術の調査研究や地域に根ざした教育普及活動なども行っています。また、熊本や九州出身のアーティストの成果を紹介する展示会を開催するなど、熊本の芸術文化を積極的に発信している場所でもあります。
またイベントも多く、今年の夏には、演出家・映画監督の蜷川幸雄とキルト作家の真山知子(蜷川宏子)夫妻の間に第一子であり、従姉は女優の蜷川有紀、蜷川みほという一家に生まれた蜷川実花の作品展、蜷川実花展も開催され多くの反響を呼びました。

熊本市現代美術館・情報

●住所:熊本市中央区上通町2番3号 びぷれす熊日会館(通町電停又はバス停より徒歩1分)3階 ●電話番号:096-278-7500 ●開館時間:午前10時から午後8時 ●休館日:毎週火曜日 ※火曜日が祝日の場合は開館し翌平日休館、年末年始(12月29日から1月3日) ●料金:無料 ※企画展示室のみ観覧料が必要
●蜷川実花展:2018年6月30日(土)~ 9月9日(日)
熊本の代表的な美術館といえば『熊本県立美術館本館』です。熊本県立美術館本館は本館と分館に分かれています。国の特別史跡である熊本城の二の丸公園の一角にあるので、熊本城見学と合わせて訪れるのもおすすめです。様々なイベント展が開催され、古代から現代美術までを展示しています。

熊本県立美術館本館・情報

●住所:熊本市中央区二の丸2 ●電話番号: 096-351-841 ●開館時間:午前9時30分~午後5時15分 ●休館日:月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は開館し、その翌日が休館)、年末年始 ●料金:420円 ※展覧会は別料金
様々な展示やイベントが開催されるのが『熊本県立美術館分館』です。②の熊本県立美術館の分館です。分館では展示室を有料で借りることができるため、熊本県高等学校美術展、学生学童書道展、くまもと障がい者芸術展など地元熊本の展示会が行われることが多いです。

熊本県立美術館 分館・情報

●住所:熊本市中央区千葉城町2-18 ●電話番号:096-351-8411 ●開館時間:火曜~金曜 9:30~18:30、土・日・祝 9:30~17:15 ●休館日:月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は開館し、その翌日が休館)、年末年始 ●料金:分館での各展示によって異なる
1999年夏に開館し、地元・不知火の地から輩出された世界的な芸術家のコレクションで知られているのが『宇城市不知火美術館』です。収蔵品以外にも国際的画家として活躍した宇城市出身の画家マナブ間部のブラジル移民110年 マナブ間部展、16歳で移民としてアメリカへ渡り、苦難の中傑作を描いた画家国吉康雄の展示会など国際的なイベントも多く開催されています。

宇城市不知火美術館・情報

●住所:熊本県宇城市不知火町高良2352 ●電話番号:0964-32-6222 ●開館時間:午前10時から午後6時まで(土日祝は午前10時から午後5時まで) ●休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月4日) ●料金:300円
湯前町出身の政治漫画家故・ 那須良輔氏の偉業を保存・展示する館として、「まんが」をテーマとて開館した美術館が『湯前まんが美術館』です。ゲゲゲの鬼太郎トリックアート展や川崎のぼる×マンガ=人生展、那須良輔風刺漫画大賞作品展など漫画に関するイベントが多く開催されます。

湯前まんが美術館・情報

●住所:熊本県球磨郡湯前町1834-1 ●電話番号:0966-43-2050 ●開館時間:午前9:30~午後5:00 ●休館日:年末年始(原則として12月28日~1月3日まで) ●料金:300円
昭和52年、92歳で他界した古美術研究家の島田真富翁の遺志を実現するものとして、同年秋に開館されました美術館が『島田美術館』です。島田美術館の収蔵品の大部分は、生涯を和服で通しました島田真富翁によって集められ、保存されてきたものです。

島田美術館・情報

●住所:熊本県熊本市西区島崎4-5-28 ●電話番号:096-352-4597 ●開館時間:午前10:00〜午後5:00 ●休館日:火曜日(但し祝祭日の場合は開館)、年末年始12月26日(火)~1月4日(木) ●料金:一般700円
熊本の伝統工芸を学べる場所が『熊本県伝統工芸館』です。常設展示室でなく、週替わりの展示などイベントも様々です。工芸館内の店頭販売では、実際に工芸品を購入することもできますし、WEBショップで購入することも可能です。ぜひお気に入りの熊本の伝統工芸を探してみてください。

熊本県伝統工芸館・情報

●住所:熊本市中央区千葉城町3-35 ●電話番号:096-324-4930 ●開館時間:9時~17時 ●休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始12月28日~1月4日の間休館 ●料金:無料(2階企画・常設展示室のみ有料)
小国町出身の画家、坂本善三氏の芸術の功績を讃え平成7年10月に開館したのが『坂本善三美術館』です。坂本善三氏のご遺族から寄贈された多数の作品が収められています。また、坂本善三美術館、日本でも唯一の全館畳敷きの美術館で、畳に腰をおろしてゆっくりと作品をご鑑賞いただけます。

坂本善三美術館・情報

●住所:熊本県阿蘇郡小国町黒渕2877 ●電話番号:0967‐46‐5732 ●開館時間:9:00~17:00 ●休館日:毎週月曜日 ●料金:500円
葉祥明の絵の故郷、阿蘇長陽村の美しい丘の上にたたずむ可愛らしい美術館が『葉祥明阿蘇高原絵本美術館』です。絵本の主人公・犬のジェイクや絵本の原画や詩の言葉が展示されていて、季節ごとに原画が入れ替わるため何度行っても楽しめます。建物や館内が可愛らしいだけでなく、阿蘇の雄大な自然を感じることができる散歩コースもあります。

葉祥明阿蘇高原絵本美術館・情報

●住所:葉祥明阿蘇高原絵本美術館 ●電話番号:0967-67-2719 ●開館時間:10:00〜16:00 ●休館日:年中無休 ●料金:450円
白壁土蔵造りの建物が特徴的な『古代の郷美術館』。一休の茶道具や阿蘇神社に伝わる南北朝時代の胴丸よろいなど貴重なものが多数展示されています。また、徳川家・細川家の秘蔵品、浮世絵、屏風などの古美術の数々は一見の価値があります。

古代の郷美術館・情報

●住所:熊本県阿蘇市一の宮町宮地613 ●電話番号:0967-22-3313 ●開館時間:9:00〜17:00 ●休館日:無休 ●料金:500円
Qst2gxn07mqnh4jstbdy
引用: https://pixabay.com/en/japanese-umbrellas-umbrella-636870/
いかがでしたでしょうか。熊本には様々な種類の美術館があり、それぞれの美術館で期間限定や季節によってのイベントが開催されることも多くあります。熊本に立ち寄った際やちょっとした休日のお出かけに、美術館巡りをしてみるのはいかがでしょうか?
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/en/japan-travel-fukuoka-1096822/