Piba5r3rlaxyk5b4ih0t

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

グアム旅行での変圧器は必要かどうかの情報まとめ【2019年版】

2019.04.16

グアムは日本からも近く気軽に行けるビーチリゾートですが、海外ということで日本からの電化製品が、変換アダプタや変圧器無しでも使えるのか気になるところ。ここでは、グアムのコンセントのタイプや、電圧、製品別に変圧器が必要かどうかなどをまとめていきたいと思います。

  1. グアムのコンセントのタイプは?
  2. グアムの電圧は?変圧器とは?
  3. グアムで使いたい電化製品①:スマホ・タブレット
  4. グアムで使いたい電化製品②:ビデオカメラ・デジタルカメラ
  5. グアムで使いたい電化製品③:ドライヤー・ヘアアイロン
  6. グアムで使いたい電化製品④:携帯ゲーム機
  7. グアムで使いたい電化製品⑤:モバイルWi-Fiルーター
  8. グアムで使いたい電化製品⑥:電気シェーバー
  9. 充電時にあると便利なもの
  10. まとめ
日本のコンセントは二つ穴タイプですが、グアムのコンセントの穴は三つ穴タイプです。しかし、下の穴はアースプラグなので、上の二つ穴のところに挿せば、日本のコンセントも使用することができますので、コンセントの変換プラグをつける必要はありません。
主に電化製品を使用したり充電するのはホテルの客室になるかと思います。客室によってコンセントの位置が異なりますので、客室に入ったらまずはコンセントの位置を確認してみましょう。

グアムの電圧は日本より低い?高い?

グアムの電圧のタイプは、110V~120V、周波数は60Hzです。一方日本の電圧タイプは100V、周波数は50Hzまたは60Hzなので、違いがあります。よって電圧が違う製品を海外でそのまま使うのは危険ですので、変圧器を使う必要が出てきます。

変圧器って何?

日本とグアムでは電圧が異なるため、海外対応となっていない製品をグアムで使いたい場合、グアムでも使用できるように電圧を変える、変圧器というものを使用しなければなりません。変圧器をコンセントに挿し、変圧器のコンセント穴に電化製品のコンセント穴を挿し込んで使用します。
変圧器は段々軽量化はされているものの、比較的重量があり、お値段も高めです。では次に、主にグアムに持っていくであろう電化製品について、この変圧器が必要なのかそれぞれ説明していきたいと思います。

ほとんどの人が持っていくであろう電化製品はこれ!

まず、ほとんどの人が持っていくのではないかと思われるのが、スマホやタブレット。3~4日の滞在ですから、必ず滞在中に何回か充電する必要が出てきますよね。ですのでグアムに持っていく際には、充電器も忘れずに持っていくようにしましょう。

変圧器は必要?

スマホやタブレットは海外でも使えるものなので、電圧についても海外対応となっています。充電アダプターを見てみると、「INPUT AC 100V-240V 50-60Hz」と表記があるかと思います。そのため変圧器は不要で、そのままコンセントに差し込むことができます。
ホテル以外での充電はなかなか難しいので、さらに念のためモバイルバッテリーを持っていき、バッグに入れておくと、外出時間が長い時などいざという時便利かもしれません。

旅の思い出を最後までちゃんと撮りたい!

次に、旅の思い出を撮るデジタルカメラや、ビデオカメラについて。3,4日であれば、充電が持ってしまうこともあるかもしれませんが、特にビデオカメラなどは毎日沢山撮っていると、すぐバッテリーが無くなってしまいますので、充電器は必要です。

変圧器は必要?

ビデオカメラやデジカメについても、海外旅行で使う機会が多いものなので、海外の電圧に対応したものとなっています。ですので変圧器は必要無く、そのまま使用が可能です。バッテリーが無くなり旅行中のいい場面が取れなかった・・とならないように、充電器も忘れずに持っていきましょう!

旅先でもヘアスタイルはちゃんと決めたい!

次に女性に多い持ち物のひとつが、ヘアアイロンやドライヤーではないでしょうか。普通の送風のみのドライヤーであればほとんどのホテルにあるのでわざわざ持っていく必要は無いかと思いますが、巻き髪にしたい、綺麗にブローしたいとなると、ヘアアイロンやくるくるドライヤーを日本から持っていく必要があります。

変圧器は必要?

中には海外対応となっているものもあるのですが、日本製のドライヤー・ヘアアイロンについては多くが電圧が100Vとなっています。その場合、そのまま使用すると故障してしまう可能性があります。よって、ドライヤーのために変圧器を買って持っていくのか、またはこの機に海外対応のドライヤーやヘアアイロンを買うかといった選択肢になってしまうので、この辺りは個々の判断となります。まずは使用しているドライヤー・ヘアアイロンの電圧タイプをチェックしてみてください。

暇つぶしにあると便利!

行き帰りの飛行機の中や、空港での待ち時間の暇つぶしなどに携帯ゲーム機を持っていく方も多いかと思います。特にお子さんは飛行機の中でじっとしているのは退屈なので、ゲームがあると便利ですよね。ニンテンドースイッチなどだと、3時間ほどで電池が無くなってしまうこともあるので、充電器は必須です。

変圧器は必要?

ゲーム機は海外でも売られているものが多いので、大抵は海外の電圧にも対応しています。100V~240Vの記載があれば、変圧器を使わずそのまま使用できます。また国によっては、無線通信機能が国の法令により使えないところがありますが、アメリカ領であるグアムでは使うことが出来ます。

外でネットにつなぎたい場合は便利!

ホテルや一部の公共施設ではWi-Fiを使えますが、モバイルのWi-Fiルーターを持っていると外出時にも常に使えて便利ですよね。日本で普段使用しているモバイルWi-Fiルーターは、そのまま海外では使用することはできないため、海外用に設定したものを、レンタルする形になります。ネットで予約ができ、空港で受け取ることが出来るので便利です。

変圧器は必要?

海外で使用できるWi-Fiなので、当然電圧も海外で使用できるものとなっています。バッテリーの持続時間は3~5時間程度なので、電池がなくなったら、付属の充電器で充電する形となります。使わない時はなるべくこまめに電源を切るようにしましょう。

旅先でもきちんとしたい身だしなみ

男性は海外でも髭のお手入れはちゃんと行いたいもの。でもホテルについているカミソリでは綺麗に剃れなかったり、カミソリ負けしてしまったり、できれば普段使っているカミソリを使いたいですよね。そもそもシェーバーは機内に持ち込んでも大丈夫なのなのでしょうか。電気シェーバーについては持ち込みがOKです。航空会社によって異なりますが、T字型のカミソリなども、小型のものであれば機内に持ち込みできることが多いようです。

変圧器は必要?

日本で売られている電気シェーバーのほとんどが、100V~240Vとなっているため、その場合は変圧器不要でそのまま使用できます。念のためお使いの製品の表記を確認してみてください。

1.USBアダプター

続いては、充電時にあると便利なものをご紹介したいと思います。まずは、USBアダプター。ホテルには大抵の場合USB端子がありません。スマホ・ゲームなど、USBで充電するものが多いので、一つのアダプターでいくつかのUSBがつなげるアダプターがあると大変便利です。

2.電源タップ

続いては電源タップ。ホテルで使えるコンセントは限られているため、一つのコンセントから複数電源が取れる分岐タップがあると便利です。100均などでも取り扱いがあるようです。
以上、グアムの電圧やコンセントのタイプ、日本から主に持っていきたい電化製品はグアムで使用できるのかどうかをまとめてみました。結論として、グアムでは変圧器を使用することはほとんどなく、使用できると分かりました。念のため持っていく電化製品は、電圧をチェックするようにし、対応していない場合ものをどうしても持っていきたい場合には、変圧器を用意するようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnONFIRBIMh/?hl=ja&tagged=%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%A0