Yahbybepwvzy7dfqeg9x

静岡

CATEGORY | 静岡

伊豆でシュノーケルするならここ!透明度抜群おすすめスポット5選【2018年】

2018.09.15

伊豆はダイビングが有名ですが、シュノーケルスポットもたくさんあります。さらに透明度抜群なポイントや魚がたくさん見れるスポットまでさまざまなポイントがあるのも魅力です。ここでは伊豆のおすすめシュノーケルスポットをご紹介します。

  1. 伊豆はシュノーケルスポットがたくさん
  2. 伊豆はシュノーケルのベストシーズンが遅い?
  3. 伊豆のおすすめシュノーケルスポット1:浮島海岸
  4. 伊豆のおすすめシュノーケルスポット2:大瀬崎
  5. 伊豆のおすすめシュノーケルスポット3:ヒリゾ浜
  6. 伊豆のおすすめシュノーケルスポット4:初島
  7. 伊豆のおすすめシュノーケルスポット5:千貫門
  8. まとめ
伊豆はダイビングで有名な場所ですが、シュノーケルができるスポットもたくさんあります。関東周辺から日帰りで行くことのできる場所も多く、長い休みが取れない人や週末の弾丸旅行などにもおすすめの場所です。ここでは、伊豆のおすすめシュノーケルスポットをご紹介します。
シュノーケルと言えば7月や8月のイメージがあると思いますが、伊豆では黒潮の影響で海が温かくなるのが9月や10月です。そのため、夏の海水浴の時期が終わってからでも楽しむことができるのが人気の秘密です。寒さが苦手の人や長く海を楽しみたい人は伊豆がおすすめです。
浮島海岸は、洞窟内をシュノーケルできるとてもおすすめのシュノーケルスポットです。洞窟内は3~4mあるため、シュノーケルに慣れた人でも楽しむことができます。洞窟以外にも楽しめる場所が多く、ソラスズメダイの群れなども見ることができるため飽きない場所です。トイレやシャワーもあるため安心して楽しむことができます。
大瀬崎は、ダイビングで有名なスポットですが、シュノーケルでも楽しむことができます。ソラスズメダイやキンギョハナダイの群れを見ることができます。岩場もあるため、マリンシューズを履いておくと安心です。更衣室やシャワーのある施設が1080円で利用できるのも嬉しいポイントです。ジャグジーもついているため満足して楽しめます。
さらに大瀬崎では、富士山を見ることもできます。シュノーケルやマスクもレンタルできるため身軽で遊びに行けるのも嬉しいポイントです。
ヒリゾ浜は、インスタでも話題になっている透明度の高いスポットで、シュノーケルにおすすめです。ヒリゾ浜は、7月から9月しか渡し船が動いていないため、期間限定でしか楽しむことができません。そのため、道路が渋滞したり駐車場が満車になることも多いので、朝早く到着するように行くのがおすすめです。
さらに、渡し船は欠航になることもあるため、事前に天気予報や渡し船の運行情報を調べておくと安心です。シュノーケルやマスクは渡し船乗り場でレンタルもできるため水着さえあれば楽しむことができます。
初島は東京から一番近い離島で、熱海港からフェリーで行くことができます。ダイビングが有名な場所ですが、シュノーケルも楽しむことができます。島のすぐ近くでもたくさんの魚を見ることができるのも魅力の一つです。フェリーは30分ほどの乗船時間なので日帰りで行くことも可能です。
千貫門は、大きな岩の穴をくぐることができるおもしろいシュノーケルスポットです。シュノーケルでは、ソラスズメダイやチョウチョウウオを見ることができ、透明度は抜群です。サンセットを見ることができるので、シュノーケルの後ものんびり過ごすのがおすすめです。
イトヒキアジが見れることでも知られていて、魚が好きな人にはぜひ訪れてほしいシュノーケルスポットです。岩をバックに美しい写真を撮ることができるため、女子旅にもおすすめの場所です。
伊豆のおすすめシュノーケルスポットをご紹介してきました。関東周辺から日帰りで行くことができる場所が多いため、週末旅行にもぴったりです。さらに伊豆のシュノーケルは時期が遅いため夏のジリジリした厚さを避けて楽しむことができるのも嬉しいポイントです。ぜひ伊豆でシュノーケルを満喫してください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/photo-1976582/