Todz6sjkntd7sgrbupkb

台湾

CATEGORY | 台湾

台湾の離島に行こう!2018年版・リゾート気分を満喫できるスポット

2018.09.14

本島だけでなく台湾の離島にも見どころがたくさんあるのはご存知でしたか?今回はそんな台湾の離島の中でも特に人気の離島を紹介します。リゾートアイランドからレトロな島まで幅広く紹介します。ぜひ旅行のスタイルに合わせて離島めぐりもプランに入れてみてはいかがでしょうか。

  1. 台湾おすすめの離島①馬祖
  2. 台湾おすすめの離島②澎湖
  3. 台湾おすすめの離島③小琉球
  4. 台湾おすすめの離島④金門
  5. まとめ
主に北竿島、南竿島、東莒島、西莒島の5つの島からなる馬祖は、福建省連江県に属する諸島です。現在の台湾の基となる国民党と中国本土の共産党との国共内戦時には、本土から20キロ足らずの距離に位置したため、国境を守る戦地となりました。この悲劇を2度と繰り返さないよう、現在は歴史遺産としてこの戦争の遺産を見学できるようになっています。

行き方

台北から飛行機で南竿ルートが1番便利です。飛行時間50分と気軽に訪れることができ、1日複数便発着しています。また台中からも1日1便のみですが南竿までフライト可能です。また、基隆からの出発であれば南竿の福澳港に到着する船の運航があります。ただし所要時間は8時間です。諸島内の島間はフェリーが運航していて移動は大変便利です。

八八坑道

南竿島にある八八坑道は内戦時、銃器や弾薬を置くための地下道として利用されていました。現在は酒蔵として利用されており、見学することができます。また、この酒蔵を管理している馬祖酒廠(工場)が復興村にあり、ここではお酒の試飲などもできるようになっています。

北海坑道

こちらも南竿島にある遺産で、内戦時は小型船艦の軍事基地として利用されていました。現在は小舟でこの基地を見学できる観光スポットとなっています。
ここは日清戦争により長い間日本の統治下におかれていた島なので、今なお島のあちこちにその当時の面影が残っています。一方で綺麗な海が見られるこの島はリゾートアイランドとしても人気が高いです。特に干潮の際に現れる奎壁山地質公園のトンボロ現象は必見です。

行き方

台北から複数の航空会社が澎湖まで就航しているので旅のスケジュールにあう時間帯の航空会社が選べます。フライト時間はどの航空会社も1時間程度です。台北以外にも台中、台南、高雄、嘉義からも発着しています。

奎壁山地質公園

毎日見られるトロンボ現象の際は近くの無人島まで歩くことができるので、観光客に大人気のスポットです。

雙心石滬

同様にダブルハートが現れることでもこの島は有名になりました。

中央老街

日本の統治を受けながらもの台湾らしい古き良き街並みも残っています。

花火

毎年8月~11月には多くの光のショーが行われます。この期間にご旅行の方はぜひ日程をチェックしてみてください。
もう1つ台湾のリゾートアイランドを紹介します。台湾でマリンスポーツを楽しむなら絶対小琉球島です。スキューバーダイビングはもちろん、深く潜らないシュノーケリングでも可愛い海の生物たちに会うことができます。特に大きなウミガメと一緒に海を泳ぐ体験はそうそうできない一生の思い出です。運が良ければウニもゲットできちゃいます。

行き方

この島へはフェリーを使っていきます。台北からであれば高雄へまず移動です。高雄の左営駅からバスやタクシーを利用して東港まで行き、そこからフェリーです。このフェリー時期によってはかなり揺れるので必要な方は酔い止めをお忘れなく。

花瓶岩

花瓶の形に見える綺麗な海に突如現れるこの岩はこの島のシンボルです。

ウミガメ

この島では結構な確率で出会うことができるウミガメはとってもキュートです。
馬祖と同様、国共戦争の戦地となったこの島は1992年より台湾の方の上陸が、1994年には外国人の立ち入りが許可された観光地としては比較的新しい島です。今もなおその爪痕が多くのこっており、街並みはタイムスリップしたかのようにレトロな雰囲気でまた違った台湾の一面を見ることができる島です。

行き方

金門島は交通の便がよく、台北、台中、台南そして嘉義や高雄からも複数の航空会社が運行しています。ただし、天候が荒れやすいので欠航になることもしばしば。天気予報はよくチェックしてから計画は立てたい島です。

戦争の被害を受けた民家

街の至るところで修復がされずそのままになった民家など戦争の爪痕が今もなおたくさんのこっています。

民宿

一方でカラフルな民宿も街のいたるところに建てられていてとてもエキゾチックな雰囲気です。

レトロな街並み

どこを歩いても絵になるこの島はのんびりお散歩が楽しいです。
台湾の離島はいかがだったでしょうか。台北や本島以外にも実は観光スポットが満載です。島への移動の際は国内でも飛行機に乗る際パスポートのチェックがありますので忘れずに。楽しい台湾アイランド旅行を楽しんでください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bnp-uayloht/?hl=ja&tagged=%E9%9B%99%E5%BF%83%E7%9F%B3%E6%BB%AC