Hht0egttewapmtv2ulzw

京都

CATEGORY | 京都

京都観光はさわやかな5月がいい!おすすめしたい20の理由

2018.05.02

京都は紅葉や雪化粧も素敵だけれど、観光におすすめしたいのはやっぱり5月!5月の京都は暑くもなく寒くもなく、1年の中で一番観光に適した季節です。もちろん、イベントも充実!今回は特に人気のイベントをご紹介します。ベストシーズンのド真ん中、5月こそ京都に行こう!

目次

  1. ①5月の京都観光は『新緑』が美しい!
  2. ②5月の京都は『つつじ』が美しい!
  3. ③5月の京都観光は『さつき』が美しい!
  4. ④5月の京都は『バラ』が美しい!
  5. ⑤5月の京都は「たけのこ」がおいしい!
  6. ⑥5月の京都は『山菜』がおいしい!
  7. ⑦大迫力!5月の京都観光で『競馬足汰式・賀茂競馬』のイベントを鑑賞!
  8. ⑧重要文化財を見るチャンス!5月の京都観光で『神護寺・寺宝虫払行事』のイベントを鑑賞!
  9. ⑨競馬にご利益あり?5月の京都観光で『藤森祭』のイベントに参加!
  10. ⑩特に女性に人気!5月の京都観光で『藤の巫女神楽』のイベントを鑑賞!
  11. ⑪舞妓さんの芸を見るチャンス!5月の京都観光で『鴨川をどり』のイベントを鑑賞!
  12. ⑫恋愛成就に効果あり?5月の京都観光で『例大祭地主祭り』のイベントを鑑賞!
  13. ⑬これはフォトジェニック!5月の京都観光で『御蔭祭』のイベントを鑑賞!
  14. ⑭元は宮中行事、5月の京都観光で『新日吉(いまひえ)神宮の神幸祭』のイベントを鑑賞!
  15. ⑮酒造関係者の方はぜひ!5月の京都観光で『還幸祭』のイベントを鑑賞!
  16. ⑯京都三大祭のひとつ、5月の京都観光で『葵祭』のイベントを鑑賞!
  17. ⑰稚児行列に癒されよう!5月の京都観光で『嵯峨祭(神幸祭・還幸祭)』のイベントを鑑賞!
  18. ⑱迫力ある太鼓が人気!5月の京都観光で『宮津祭』のイベントを鑑賞!
  19. ⑲清少納言登場!5月の京都観光で『三船祭』のイベントを鑑賞!
  20. ⑳男の子のいるご家族におすすめ!5月の京都で『冨田屋・町家の大将さん』のイベントに参加!
  21. 5月の京都観光のまとめ

「城南宮の青紅葉と青苔」はインスタ映え間違いなし!

「城南宮」は、都の守護と国の安泰を願って、平安遷都(794年)の際に創建された神社。引越・工事・家相の心配を除く「方除(ほうよけ)の大社」としても人気です。また城南宮の「菊水若水」の水は、江戸時代の初め、霊元法皇の身体の傷みを治したという記録があり、伏見の名水として知られています。こちらの神社は、もみじと青苔の名所でもあり、5月中旬から真夏にかけては新緑が美しいと有名。江戸時代の御伽草子の中に城南宮とのゆかりが記されている「一寸法師」のお守りも人気です。竹田駅下車徒歩15分。各種バスも便利。

詳細情報

快適指数120%!5月に人気の「嵯峨野トロッコ列車」

嵯峨野の四季を満喫できるトロッコ列車で新緑の緑に染まりましょう。トロッコ列車の平均速度は時速約25㎞。アールデコ調の5両編成の客車には、木製椅子と裸電球。ノスタルジックな気分に浸りながら、初夏の京都を楽しめる人気の列車です。トロッコ列車の駅は嵯峨野、嵐山、保津峡、亀岡。乗車区間にかかわらず大人620円、小人310円。当日券もありますが、一か月前よりみどりの窓口や旅行会社で前売り券が販売されますので、特にピーク時は前売りを購入する方が無難です。

詳細情報

神幸祭と一緒に「梅宮大社」で、つつじを見よう!

平戸つつじが5月上旬、サツキが5月中旬に見頃を迎える「梅宮大社」。5月2日には宵宮祭、3日には神幸祭・祭礼があり、みこしが氏子町内を巡行します。拝観料は大人550円・小人350円。酒造の神様ということもあり、お神酒の授与も人気です。またぐと子宝に恵まれるといわれている「子宝の石 ”またげ石”」もあります。(※子授けの祈祷を受けたご夫婦にのみご案内)。市バス「梅ノ宮神宮前」または「松尾大社」下車徒歩15分。

詳細情報

3000株のつつじが圧巻!「妙満寺」

「妙満寺」には、山門周りのつつじ園をはじめ、境内には約3,000株のつつじが植えられています。見頃は例年5月初旬~中旬。睡蓮も5月中旬から見頃を迎えます。このお寺には歌舞伎の題材などで人気の「安珍・清姫の鐘」もあり、芸能関係者も多くお参りに訪れています。叡山電鉄「木野駅」下車徒歩5分。市バス「幡枝(妙満寺)」下車すぐ。

1 / 7