Hht0egttewapmtv2ulzw

京都

CATEGORY | 京都

京都観光はさわやかな5月がいい!おすすめしたい20の理由

2018.05.02

京都は紅葉や雪化粧も素敵だけれど、観光におすすめしたいのはやっぱり5月!5月の京都は暑くもなく寒くもなく、1年の中で一番観光に適した季節です。もちろん、イベントも充実!今回は特に人気のイベントをご紹介します。ベストシーズンのド真ん中、5月こそ京都に行こう!

  1. ①5月の京都観光は『新緑』が美しい!
  2. ②5月の京都は『つつじ』が美しい!
  3. ③5月の京都観光は『さつき』が美しい!
  4. ④5月の京都は『バラ』が美しい!
  5. ⑤5月の京都は「たけのこ」がおいしい!
  6. ⑥5月の京都は『山菜』がおいしい!
  7. ⑦大迫力!5月の京都観光で『競馬足汰式・賀茂競馬』のイベントを鑑賞!
  8. ⑧重要文化財を見るチャンス!5月の京都観光で『神護寺・寺宝虫払行事』のイベントを鑑賞!
  9. ⑨競馬にご利益あり?5月の京都観光で『藤森祭』のイベントに参加!
  10. ⑩特に女性に人気!5月の京都観光で『藤の巫女神楽』のイベントを鑑賞!
  11. ⑪舞妓さんの芸を見るチャンス!5月の京都観光で『鴨川をどり』のイベントを鑑賞!
  12. ⑫恋愛成就に効果あり?5月の京都観光で『例大祭地主祭り』のイベントを鑑賞!
  13. ⑬これはフォトジェニック!5月の京都観光で『御蔭祭』のイベントを鑑賞!
  14. ⑭元は宮中行事、5月の京都観光で『新日吉(いまひえ)神宮の神幸祭』のイベントを鑑賞!
  15. ⑮酒造関係者の方はぜひ!5月の京都観光で『還幸祭』のイベントを鑑賞!
  16. ⑯京都三大祭のひとつ、5月の京都観光で『葵祭』のイベントを鑑賞!
  17. ⑰稚児行列に癒されよう!5月の京都観光で『嵯峨祭(神幸祭・還幸祭)』のイベントを鑑賞!
  18. ⑱迫力ある太鼓が人気!5月の京都観光で『宮津祭』のイベントを鑑賞!
  19. ⑲清少納言登場!5月の京都観光で『三船祭』のイベントを鑑賞!
  20. ⑳男の子のいるご家族におすすめ!5月の京都で『冨田屋・町家の大将さん』のイベントに参加!
  21. 5月の京都観光のまとめ

詳細情報

夢窓国師作の庭園が必見!「等持院」

「等持院」は、暦応四年(1341年)、足利尊氏が天龍寺の夢窓国師を開山にお迎えして、衣笠山の南麓に創建したお寺。足利家歴代の菩提所であり、足利15代、230余年の歴史を語る貴重な文化財が保存されています。夢窓国師作の庭園では、5月中旬にさつきや平戸つつじが見られます。参拝料は大人300円、小人 200円。市バス「等持院南町」下車徒歩約8分、京福電鉄北野線「等持院駅」下車徒歩約10分。

詳細情報

ゴールデンウィークに人気のイベント目白押し!「清水寺」

音羽山「清水寺」の開創は778年。1994年にはユネスコ世界文化遺産「古都京都の文化財」のひとつとして登録されています。「月の庭」と称された成就院庭園特別公開は、2018年4月28日~5月6日(9:00~16:00)。5月中旬にさつきや平戸つつじが見られます。またゴールデンウィークにはさまざまなイベントが開催されますので、公式サイトの「お知らせ」のページをご確認ください。市バス「五条坂」下車徒歩10分、京阪電鉄「清水五条駅」下車徒歩25分。

詳細情報

さつきと一緒に丈山翁遺宝展も!「詩仙堂」

「詩仙堂(しせんどう)」は、江戸時代初期の文人石川丈山の山荘跡。国の史跡に指定されています。現在は曹洞宗の寺院でもあり「丈山寺」とも呼ばれています。5月中~下旬に見頃をむかえるさつきが人気。造営は、寛永18年 (1641年)。市バス「一乗寺下り松町」下車、叡山電鉄「一乗寺」駅下車。拝観料は大人500円、高校生400円。5月23日は拝観休止日です。毎年5月25日~27日には丈山翁遺宝展を開催しています。

詳細情報

バラだけではなく、さつきやサボテンも!「京都府立植物園」

京都府立植物園は、1924年1月1日に「大典記念京都植物園」として開園。5月18日(金曜)から20日(日曜)の「春のバラ展」でオールドローズ・モダンローズ鉢バラ約150鉢を展示します。バラ以外にもサボテン展、長生蘭展、さつき展が5月中に開催予定。5月17日(木曜)から20日(日曜)午後5時から5時45分には、夕暮れに染まるばら園を職員が案内する無料の「ばら園散歩」のイベントもあります。ぜひ、公式サイトをご確認ください。入園料と温室観覧料をセットにした「入園・温室観覧券」は一般400円。京都市営地下鉄「北山駅」下車3番出口すぐ。
2 / 7