Hht0egttewapmtv2ulzw

京都

CATEGORY | 京都

京都観光はさわやかな5月がいい!おすすめしたい20の理由

2018.05.02

京都は紅葉や雪化粧も素敵だけれど、観光におすすめしたいのはやっぱり5月!5月の京都は暑くもなく寒くもなく、1年の中で一番観光に適した季節です。もちろん、イベントも充実!今回は特に人気のイベントをご紹介します。ベストシーズンのド真ん中、5月こそ京都に行こう!

  1. ①5月の京都観光は『新緑』が美しい!
  2. ②5月の京都は『つつじ』が美しい!
  3. ③5月の京都観光は『さつき』が美しい!
  4. ④5月の京都は『バラ』が美しい!
  5. ⑤5月の京都は「たけのこ」がおいしい!
  6. ⑥5月の京都は『山菜』がおいしい!
  7. ⑦大迫力!5月の京都観光で『競馬足汰式・賀茂競馬』のイベントを鑑賞!
  8. ⑧重要文化財を見るチャンス!5月の京都観光で『神護寺・寺宝虫払行事』のイベントを鑑賞!
  9. ⑨競馬にご利益あり?5月の京都観光で『藤森祭』のイベントに参加!
  10. ⑩特に女性に人気!5月の京都観光で『藤の巫女神楽』のイベントを鑑賞!
  11. ⑪舞妓さんの芸を見るチャンス!5月の京都観光で『鴨川をどり』のイベントを鑑賞!
  12. ⑫恋愛成就に効果あり?5月の京都観光で『例大祭地主祭り』のイベントを鑑賞!
  13. ⑬これはフォトジェニック!5月の京都観光で『御蔭祭』のイベントを鑑賞!
  14. ⑭元は宮中行事、5月の京都観光で『新日吉(いまひえ)神宮の神幸祭』のイベントを鑑賞!
  15. ⑮酒造関係者の方はぜひ!5月の京都観光で『還幸祭』のイベントを鑑賞!
  16. ⑯京都三大祭のひとつ、5月の京都観光で『葵祭』のイベントを鑑賞!
  17. ⑰稚児行列に癒されよう!5月の京都観光で『嵯峨祭(神幸祭・還幸祭)』のイベントを鑑賞!
  18. ⑱迫力ある太鼓が人気!5月の京都観光で『宮津祭』のイベントを鑑賞!
  19. ⑲清少納言登場!5月の京都観光で『三船祭』のイベントを鑑賞!
  20. ⑳男の子のいるご家族におすすめ!5月の京都で『冨田屋・町家の大将さん』のイベントに参加!
  21. 5月の京都観光のまとめ

詳細情報

こちらのバラは購入可能!「まつおえんげい」

バラを購入したくなった方には、「まつおえんげい」がおすすめ。700品種以上のバラを揃え、店内はまるでバラ園さながら。スタッフは全員、植物のスペシャリストなので安心して相談できます。京都市西京区大枝西長町3-70。定休日は毎週木曜日。

詳細情報

1年に一度は贅沢を!「うお嘉」

地元名産のたけのこを使用した、たけのこづくしの会席料理が人気の「うお嘉」。創業は明治5年。芳名録には、皇室の歌のご指南をされた五島茂・美代子ご夫妻、小説家の瀬戸内寂照氏や水上勉氏、随筆家の岡部伊都子氏などの名前があります。たけのこ会席、15000円、10000円、たけのこ弁当5000円など。京都市西京区大原野上里北ノ町1262。

詳細情報

安全安心な食材を提供「筍亭」

「筍亭」は、昭和46年のオープン。もともとは、筍をはじめ米、野菜などを生産、出荷していた農家だったお店。現在も一級品筍の産地、塚原の持ち藪で栽培土作りから収穫、調理まで一貫して行っています。昆布、かつお節、塩などの調味料から、お米、野菜なども安心、安全な食材で揃えています。お茶は最高級品のルイボスティー。開運御膳7,560円[税込]~、西山御膳3,000円[税込]~など。阪急電車京都線桂駅西口よりタクシー7分、JR東海道線桂川駅西口よりタクシー10分。

詳細情報

司馬遼太郎の作品にも登場する「美山荘」

司馬遼太郎 作「街道をゆく」の「洛北諸道」の項や、雁屋哲作「美味しんぼ」にも登場する人気の料理旅館。市バス「大悲山」下車(1日4往復)。摘草料理25,000円(税・サ別)など。完全予約制となっています。明治28年(1895年)に峰定寺参詣の宿坊として建てられたお店。まさに隠れ家ですね。
美山荘(みやまそう)(野草一味庵「美山荘」)は、京都の奥山、花背(はなせ)の里にある「摘草料理」で有名な料理旅館で、摘み取った季節の草花や旬の野菜に魚を取り入れた美しい料理は、立原正秋や白洲正子など多くの文化人から愛され、京都から「門外不出」といわれてきた。 また、フランスのシェフ、アラン・デュカス(Alain Ducasse)やミシェル・ブラス(Michel Bras)などもここを訪れ、かなりの興味を示したといわれている。

詳細情報

人間の知恵で草を食べつくす「なかひがし」

「草を喰む」毎日沢野を駆け巡り、畑に寄り、命ある作物を戴き持ち帰る。その作物は、調理方法を煩く語ります。「食べられる物は全て食べ尽くせ」と。「美味しい物だけをつまみ喰いするな」と。人間の知恵で食べ尽くす事が、命ある食べ物を成仏させる事だと。(公式サイトより)季節の山野草や京野菜を極限までおいしく調理したお料理がいただけるお店。昼の献立は6000円から12000円。完全予約制です。京阪鴨東線出町柳駅車8分。
3 / 7