Hht0egttewapmtv2ulzw

京都

CATEGORY | 京都

京都観光はさわやかな5月がいい!おすすめしたい20の理由

2018.05.02

京都は紅葉や雪化粧も素敵だけれど、観光におすすめしたいのはやっぱり5月!5月の京都は暑くもなく寒くもなく、1年の中で一番観光に適した季節です。もちろん、イベントも充実!今回は特に人気のイベントをご紹介します。ベストシーズンのド真ん中、5月こそ京都に行こう!

  1. ①5月の京都観光は『新緑』が美しい!
  2. ②5月の京都は『つつじ』が美しい!
  3. ③5月の京都観光は『さつき』が美しい!
  4. ④5月の京都は『バラ』が美しい!
  5. ⑤5月の京都は「たけのこ」がおいしい!
  6. ⑥5月の京都は『山菜』がおいしい!
  7. ⑦大迫力!5月の京都観光で『競馬足汰式・賀茂競馬』のイベントを鑑賞!
  8. ⑧重要文化財を見るチャンス!5月の京都観光で『神護寺・寺宝虫払行事』のイベントを鑑賞!
  9. ⑨競馬にご利益あり?5月の京都観光で『藤森祭』のイベントに参加!
  10. ⑩特に女性に人気!5月の京都観光で『藤の巫女神楽』のイベントを鑑賞!
  11. ⑪舞妓さんの芸を見るチャンス!5月の京都観光で『鴨川をどり』のイベントを鑑賞!
  12. ⑫恋愛成就に効果あり?5月の京都観光で『例大祭地主祭り』のイベントを鑑賞!
  13. ⑬これはフォトジェニック!5月の京都観光で『御蔭祭』のイベントを鑑賞!
  14. ⑭元は宮中行事、5月の京都観光で『新日吉(いまひえ)神宮の神幸祭』のイベントを鑑賞!
  15. ⑮酒造関係者の方はぜひ!5月の京都観光で『還幸祭』のイベントを鑑賞!
  16. ⑯京都三大祭のひとつ、5月の京都観光で『葵祭』のイベントを鑑賞!
  17. ⑰稚児行列に癒されよう!5月の京都観光で『嵯峨祭(神幸祭・還幸祭)』のイベントを鑑賞!
  18. ⑱迫力ある太鼓が人気!5月の京都観光で『宮津祭』のイベントを鑑賞!
  19. ⑲清少納言登場!5月の京都観光で『三船祭』のイベントを鑑賞!
  20. ⑳男の子のいるご家族におすすめ!5月の京都で『冨田屋・町家の大将さん』のイベントに参加!
  21. 5月の京都観光のまとめ

詳細情報

「賀茂競馬(かもくらべうま)」は5月5日に行われる堀河天皇の寛治7年(1093年)にはじまった伝統行事。その様子は「徒然草」などにも書かれており、市の無形民俗文化財に登録されています。これに先立ち5月1日には、5日の競馬に出場する馬足の優劣を定める足汰式(あしぞろえしき)が行われます。また15日には賀茂祭(葵祭)があり、華やかで美々しい行列が賀茂川の堤を渡ります。世界文化遺産の「上賀茂神社」は、天武天皇の御代(678年)に造営。百人一首にも詠まれている伝統のある神社です。市バス上賀茂神社前下車。

詳細情報

「寺宝虫払行事」とは、5月1日から5日に行われる「虫干し」のこと。これに伴って絵画や古文書、重要文化財など65点の特別展観が行われます。寛延年間からの年中行事。神護寺は真言宗のお寺であり、愛宕山(924メートル)山系の高雄山の中腹に位置する山岳寺院です。天応元年(781年)の建立。824年には弘法大師空海も住していました。市バス「高雄」下車徒歩約20分。

詳細情報

「藤森神社」は京都洛南深草の里に、平安遷都以前より祀られている古社。神功皇后によって創建された皇室ともゆかりの深いお寺です。また「勝運と馬の神様」として、競馬関係者や競馬ファンの参拝者で賑わっています。もちろん、絵馬やお守りにお馬の絵。この神社では、5月1日から5日までの「藤森祭」が有名。クライマックスは、5月5日の「神幸祭」。朝渡、皇馬、七福神、払殿の4つの行列が氏子地区を巡行します。

詳細情報

「城南宮・藤の巫女神楽」は、藤の花を冠にさした巫女が、神楽殿の表舞台で、藤の枝を手に持ち神楽を舞います。 2018年のスケジュールは、5月1日~6日、12日、13日、19日、20日、26日、27日の午前10時と午後3時。初穂料1000円。美容健康と招福を祈願した 花守りが授与されます。
4 / 7