Hht0egttewapmtv2ulzw

京都

CATEGORY | 京都

京都観光はさわやかな5月がいい!おすすめしたい20の理由

2018.05.02

京都は紅葉や雪化粧も素敵だけれど、観光におすすめしたいのはやっぱり5月!5月の京都は暑くもなく寒くもなく、1年の中で一番観光に適した季節です。もちろん、イベントも充実!今回は特に人気のイベントをご紹介します。ベストシーズンのド真ん中、5月こそ京都に行こう!

  1. ①5月の京都観光は『新緑』が美しい!
  2. ②5月の京都は『つつじ』が美しい!
  3. ③5月の京都観光は『さつき』が美しい!
  4. ④5月の京都は『バラ』が美しい!
  5. ⑤5月の京都は「たけのこ」がおいしい!
  6. ⑥5月の京都は『山菜』がおいしい!
  7. ⑦大迫力!5月の京都観光で『競馬足汰式・賀茂競馬』のイベントを鑑賞!
  8. ⑧重要文化財を見るチャンス!5月の京都観光で『神護寺・寺宝虫払行事』のイベントを鑑賞!
  9. ⑨競馬にご利益あり?5月の京都観光で『藤森祭』のイベントに参加!
  10. ⑩特に女性に人気!5月の京都観光で『藤の巫女神楽』のイベントを鑑賞!
  11. ⑪舞妓さんの芸を見るチャンス!5月の京都観光で『鴨川をどり』のイベントを鑑賞!
  12. ⑫恋愛成就に効果あり?5月の京都観光で『例大祭地主祭り』のイベントを鑑賞!
  13. ⑬これはフォトジェニック!5月の京都観光で『御蔭祭』のイベントを鑑賞!
  14. ⑭元は宮中行事、5月の京都観光で『新日吉(いまひえ)神宮の神幸祭』のイベントを鑑賞!
  15. ⑮酒造関係者の方はぜひ!5月の京都観光で『還幸祭』のイベントを鑑賞!
  16. ⑯京都三大祭のひとつ、5月の京都観光で『葵祭』のイベントを鑑賞!
  17. ⑰稚児行列に癒されよう!5月の京都観光で『嵯峨祭(神幸祭・還幸祭)』のイベントを鑑賞!
  18. ⑱迫力ある太鼓が人気!5月の京都観光で『宮津祭』のイベントを鑑賞!
  19. ⑲清少納言登場!5月の京都観光で『三船祭』のイベントを鑑賞!
  20. ⑳男の子のいるご家族におすすめ!5月の京都で『冨田屋・町家の大将さん』のイベントに参加!
  21. 5月の京都観光のまとめ

詳細情報

「鴨川をどり」は、先斗(ぽんと)町の芸妓さん、舞妓さんたちの華やかな演技や踊りを鑑賞する行事であり、公演は一部が舞踊劇、二部は純舞踊と二部構成になっています。1872年(明治5年)がはじまりという伝統ある行事。「ぽんと町」の名前の由来は、ポルトガル語のponta(先)、ponte(橋)、ponto(点)や、鴨川と高瀬川の川(皮)にはさまれた鼓にたとえ、ポンと音がするのをもじったなど、諸説が伝わっています。先斗町歌舞練場へのアクセスは、京阪電鉄「三条駅」下車6番出口より徒歩5分、阪急電鉄「河原町駅」下車 1番出口より徒歩10分、市バス「河原町三条」下車徒歩5分など。 お茶券付特別席/4,800円、特別席/4,200円、普通席/2,300円、お茶券/700円。チケットの購入は電話か公式サイトから。

詳細情報

5月1日に「地主神社」で行われる例大祭 地主祭り(神幸祭)は、家内安全・土地守護・事業繁栄・良縁達成を祈願するお祭りであり、約1000年前の天禄元年、円融天皇行幸の際、勅命により行われた「臨時祭」がその起源。雅楽、白川女、武者、稚児などの行列は時代絵巻さながらです。地主神社は「縁結び」の神さま。主祭神の大国主命は因幡の白兎を助けた、心の優しいご利益のある神さまとしても人気です。京阪清水五条駅から徒歩30分、五条坂・清水道(きよみずみち) 各バス停から約10分。
午後1時より『地主神社』ののぼりを先頭に、神官、巫女、白川女などの列が、地主神社本殿前を出発します。途中、稚児、武者、神輿と合流して、雅楽の調べも賑やかに清水坂、三年坂、茶碗坂などを練り歩きます。午後2時30分頃には神社に還り、本殿で家内安全、無病息災、事業繁盛、世界平和などを祈願する祭典が行われます。

詳細情報

下賀茂神社の「御蔭祭(みかげまつり)」は、賀茂(かも)の祭の前儀として、5月12日(もとは陰暦4月の中の午(うま)の日)に行われる下鴨神社の祭礼。比叡山麓の御蔭神社から神霊を本社に移す神事です。 また5月15日には葵祭も行われ、10時30分御所出発→11時40分、下鴨神社到着→14時20分、下鴨神社出発→15時30分上賀茂神社到着というスケジュールで行われます。京阪東福寺駅出町柳駅徒歩12分、市バス下鴨神社前すぐ。
5 / 7