Hht0egttewapmtv2ulzw

京都

CATEGORY | 京都

京都観光はさわやかな5月がいい!おすすめしたい20の理由

2018.05.02

京都は紅葉や雪化粧も素敵だけれど、観光におすすめしたいのはやっぱり5月!5月の京都は暑くもなく寒くもなく、1年の中で一番観光に適した季節です。もちろん、イベントも充実!今回は特に人気のイベントをご紹介します。ベストシーズンのド真ん中、5月こそ京都に行こう!

目次

  1. ①5月の京都観光は『新緑』が美しい!
  2. ②5月の京都は『つつじ』が美しい!
  3. ③5月の京都観光は『さつき』が美しい!
  4. ④5月の京都は『バラ』が美しい!
  5. ⑤5月の京都は「たけのこ」がおいしい!
  6. ⑥5月の京都は『山菜』がおいしい!
  7. ⑦大迫力!5月の京都観光で『競馬足汰式・賀茂競馬』のイベントを鑑賞!
  8. ⑧重要文化財を見るチャンス!5月の京都観光で『神護寺・寺宝虫払行事』のイベントを鑑賞!
  9. ⑨競馬にご利益あり?5月の京都観光で『藤森祭』のイベントに参加!
  10. ⑩特に女性に人気!5月の京都観光で『藤の巫女神楽』のイベントを鑑賞!
  11. ⑪舞妓さんの芸を見るチャンス!5月の京都観光で『鴨川をどり』のイベントを鑑賞!
  12. ⑫恋愛成就に効果あり?5月の京都観光で『例大祭地主祭り』のイベントを鑑賞!
  13. ⑬これはフォトジェニック!5月の京都観光で『御蔭祭』のイベントを鑑賞!
  14. ⑭元は宮中行事、5月の京都観光で『新日吉(いまひえ)神宮の神幸祭』のイベントを鑑賞!
  15. ⑮酒造関係者の方はぜひ!5月の京都観光で『還幸祭』のイベントを鑑賞!
  16. ⑯京都三大祭のひとつ、5月の京都観光で『葵祭』のイベントを鑑賞!
  17. ⑰稚児行列に癒されよう!5月の京都観光で『嵯峨祭(神幸祭・還幸祭)』のイベントを鑑賞!
  18. ⑱迫力ある太鼓が人気!5月の京都観光で『宮津祭』のイベントを鑑賞!
  19. ⑲清少納言登場!5月の京都観光で『三船祭』のイベントを鑑賞!
  20. ⑳男の子のいるご家族におすすめ!5月の京都で『冨田屋・町家の大将さん』のイベントに参加!
  21. 5月の京都観光のまとめ

「宮津祭」は、5月13日から15日にかけて、「山王宮日吉神社」と「和貴宮神社」で同時進行で行われる江戸時代から続く祭礼。宮津祭の名は「藩祭・山王祭」の俗称です。神輿が宮津市街地をめぐり太鼓の音が鳴り響く賑やかなお祭り。 最終日(15日)は、午前中から各所で神事が行われ、夜7時頃から始まる『御宮入(おみやいり)』はこのお祭りのクライマックスです。

詳細情報

「三船祭」は、昭和3年より始められた「車折(くるまざき)神社」例祭の延長神事です。毎年5月の第3日曜日に嵐山の大堰川で、平安時代の船遊びを再現します。車折神社には「枕草紙」で有名な「清少納言」を祀る「清少納言社」があり、「才色兼備」のご利益があるとのことで、女性には特におすすめ。ピンクのお守りも大人気。

詳細情報

京都の町家で「武者人形を見学」し、「しきたりのお話」を聞き、「端午の節句の祝い弁当」を食べるイベント。5月5日の「端午の節句」に行われます。参加費は8000円(税別)。会場の冨田屋は、明治期の典型的な大店の町家として国の登録有形文化財の指定を受けています。ほかにも町家見学は2000円(税別)。舞妓さんとのディナーは2名参加の場合1名39,000円(税別)となります。市バス一条戻橋・晴明神社前下車徒歩約3分。今出川大宮下車徒歩約3分。

詳細情報

京都は山に囲まれた盆地。そのため、夏は暑くて冬は寒い。もちろん晩秋の紅葉や真冬の雪景色もおすすめなのですが、快適に旅をしたいのなら、断然5月!5月は葵祭や賀茂競馬をはじめとする神事の多いシーズンでもあります。そして「バラ」や「さつき」をはじめとする色とりどりの花々が咲き乱れる季節。今年の5月は京都に行こう!※掲載の情報は2018年4月現在の情報になります。最新情報は公式サイトをご確認ください。