Gbckiigbtcaib2p6dh5f

東京

CATEGORY | 東京

モルドバ料理の特徴は?定番料理や東京にあるおすすめ店をご紹介【2018年】

2018.09.14

モルドバと聞いてどこにある国か正確にわかる日本人はおそらく一握りでしょう。でもしれば知るほど、モルドバ料理は日本人の口に合いそうなので、旅行に行く際ぜひモルドバ料理を試せるようにその特徴とおすすめ料理、おすすめのお店を紹介します。

  1. モルドバ料理の特徴
  2. 旅行で食べたいおすすめモルドバ料理①「ボルシュ」
  3. 旅行で食べたいおすすめモルドバ料理②「ママリーガ」
  4. 旅行で食べたいおすすめモルドバ料理③「バリェーニキ」
  5. 旅行で食べたいおすすめモルドバ料理④「サルマーレ」
  6. 東京にあるモルドバ料理店「NOROC」
  7. まとめ
Elngizkpbco3megbfstn
引用: https://unsplash.com/photos/oHk5Km4ACpI
日本人にとって馴染みのない国の一つがこのモルドバでしょう。モルドバは東ヨーロッパに属する元ソ連の国の一つです。1991年に独立したまだとても若い国です。そんなモルドバの料理の特徴はというと、その他多くの旧ソ連国家がそうであったように当時優勢だったオスマン帝国、つまり現代のトルコの影響を色濃く受けています。そして、旧ソ連となったのちはロシアやウクライナの影響を受けてきたという特徴もあります。
Suf3kig8ibqkeegrdwu1
引用: https://goo.gl/images/N1HdPC
Wmgjr6lskznvauwpqnrr
引用: https://unsplash.com/photos/TmjyLCUpcDY
「ボルシュ」は日本人に馴染みのある名前で言い換えるなら「ボルシチ」です。元々はウクライナの家庭料理であったボルシチですが、旧ソ連時代にモルドバへ持ち込まれ今ではモルドバの一般家庭でもよく食べられる料理の一つとなりました。原材料は上の写真にある真っ赤な野菜ビーツです。これを玉ねぎや牛肉とグツグツ煮込んで行くと不思議とこの真っ赤なスープが出来上がります。ビーツ自体が非常に甘みの強い根菜なので、国の中にも甘みのある絶妙なスープになります。通常はt口調的な香りを持つディルの葉とスメタナと呼ばれるサワークリームを上に添えていただきます。冬はとても寒くなる国なので、こうしたスープ類は特に人気が高いです。
O9srkn8bofzbdkozgtrd
引用: https://goo.gl/images/anwgKA
Xg5oqkpfkqrvez3kq5uu
引用: https://goo.gl/images/D5kBhR
こちらは「ママリーガ」と呼ばれるモルドバでは家庭で見ない日はないというくらいよく食べられている国民食です。材料はこちらの’トウモロコシで作られた粉コーンミールです。コーンミールと水を鍋にかけ、水分を飛ばしふっくらしてきたら少量の塩を加えるだけというなんともシンプルな料理です。モルドバ人は皆これをおかゆだと言うそうです。ママリーガは基本的にこれだけで食べると言うことはせず、お肉料理やチーズ、クリームなどと一緒にいただきます。日本でいう米のようなものでしょうか。味付けがほとんどされておらずマイルドなフレーバーなので、味の恋おかずと一緒に食べると美味しいんだそう。
Osqslaj1bxfgbwdfdk24
引用: https://goo.gl/images/LCc11A
Afrzox3ubeewf1m5bumk
引用: https://goo.gl/images/AupjPJ
こちらはロシアから影響を色濃く受けた料理です。モルドバでは「バリェーニキ」と呼ばれていますがロシアでは「ピエロギ」と呼ばれています。中身はマッシュドポテトのようなものが包まれているようです。そこにサワークリームとディルを添えていただきます。アジアでいう水餃子のような感覚です。これは確実に日本人の口にも合う料理だと思います。中には、チェリーとクリームを包んだデザート感覚でいただけるようなものもあるようです。日本ではまだあまりポピュラーではないですが、口に合うこと間違いなしなので旅行に行った際はまず真っ先に注文してみてください。
J1vjab72rzqjkiykdozx
引用: https://goo.gl/images/ahqFhZ
Dnk7copoyvotcognenlu
引用: https://goo.gl/images/eiZijT
こちらは同じ東欧諸国の一つルーマニアにルーツを持つ郷土料理「サルマーレ」と呼ばれる煮込み料理です。見た目はロールキャベツそっくりなのですが、実は使われている葉はぶどうの葉なんです。中身は一般的に炒めたひき肉と玉ねぎを包むことが多いですが、そこにお米とケチャップを混ぜたチキンライスのような餡を込めることもあるそうです。一口にサルマーレといってもぶどうの葉で包まれたものもあれば、ザワークラフトのようなキャベツの葉で包まれたものもあるようです。各家庭によって包むもの、中身、味付けがオリジナリティが出て腕の見せ所なんだとか。レストランでも食べられますので是非一度お試しあれ。
Bpjq55wfa68sdriy061w
引用: https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/1505006
Hdwqxnehowizkcgyvybw
引用: https://goo.gl/images/ujcTZa
こちらは東京亀有区にあるモルドバ料理のお店「NOROC」。見た目は完全に日本の居酒屋ですが、日本人の旦那さんとモルドバ人の奥さん2人で切り盛りしているれっきとしたモルドバ料理店なんです。先ほど紹介したサルマーレやピエロギの他にも、東欧諸国の料理が数多く取り揃えられていて現地の味を楽しむことができます。たまには気分を変えて東欧の料理に舌鼓を打ってみては?
いかがでしたか?日本人にとってはまだまだ馴染みの少ない国モルドバですが、ロシア料理に由来を持つ郷土料理も多く案外聞いたことのある料理も多かったのではないでしょうか?日本人の口にも合うと噂の東欧料理、ぜひ一度お試しください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://unsplash.com/photos/lFl3wCY_xtM