Cxwx4uctjzb1orceiwtz

山梨

CATEGORY | 山梨

山梨県のおすすめ博物館5選!アクセス・入館料情報などもご紹介【2018年】

2018.09.14

山梨県といえば桃やぶどうなど美味しい果物が有名ですよね。でも実は興味深い内容の博物館がいくつも点在しているのです。せっかく山梨県にいくのならこんな面白い博物館を見逃していてはもったいない!今回はそんな魅力的なスポットをまとめて紹介したいと思います!

  1. 山梨県のおすすめ博物館①「甲斐黄金村湯之奥金山博物館」
  2. 山梨県のおすすめ博物館②「なるさわ富士山博物館」
  3. 山梨県のおすすめ博物館③「石とガラスの博物館」
  4. 山梨県のおすすめ博物館④「山中湖テディベアワールドミュージアム」
  5. 山梨県のおすすめ博物館⑤「山梨県立博物館」
  6. まとめ
Xnuvmuyuxcjoebcsxl8r
引用: https://goo.gl/images/9Nqe7Z
Amxlz9y5gfmu1sajjxwi
引用: https://goo.gl/images/DVjm17
信玄の隠し金山として知られた遺跡の近くにあるのがこちらの「甲斐黄金村湯之奥金山博物館」です。この博物館の目だもといえば、入館者たちがそれぞれ砂金探し体験ができるという点です。上の写真のようにそれぞれに用意されたよ容器の中から、網目の細かいざるで砂金をすくい上げます。探し出した砂金は記念に持ち帰ることができるのでいいお土産になりますね。入館料金は500円で、砂金採り体験は700円です。アクセスはJR身延線下部温泉駅下車すぐ、中央道甲府南ICから50分河口湖ICから50分です。
Ipnnbuyqcfz3kskhdlpz
引用: https://goo.gl/images/u7Fn2c
Bhtz4iel8lc6d8gkuv5w
引用: https://goo.gl/images/Wf4HPG
F99eywfcmgyr7zwobuwk
引用: https://goo.gl/images/GsvJGL
こちらはエントランスからしてとても特徴的な「なるさわ富士山博物館」す。こちらは功績を紹介する博物館なので、入り口には大きな鉱物が並べられています。館内では地球の活動期、恐竜にまつわるエリア、富士山の内部を紹介しているエリア、溶岩を含む火山活動・鉱物の展示エリア、水晶原石や天然石などを展示販売している鉱石ミュージアムがあります。そんなに大きな施設ではないのですが、中身が凝縮されていて誰が来ても楽しめる内容となっています。日本で好物をメインに扱っている博物館は多くはないので、珍しい石を見れて貴重な経験ができるでしょう。また、お子さんとこられる方は恐竜のコーナーをきっと気に入ってもらえると思います。さらに嬉しいことに以前は800円だった入館料がリニューアルオープン後無料になったようです。アクセス方法は、富士急行河口湖線「河口湖駅」から富士急バス本栖湖方面行きで23分、富士緑の休暇村下車、徒歩3分です。
Jq65jrefzlddkfkqhrxi
引用: https://goo.gl/images/voXFbT
Bfhudg5lqpkoca7wcp3x
引用: https://goo.gl/images/QhnUVV
鉱物にはなんとも言えない魅力がありますよね。鉱物の中にはパワーストーンとして知られている不思議なものも多く存在しています。山梨県でははるか昔から水晶などの鉱物が豊富に取れることで有名でした。この博物館もそんな山梨県の鉱物との歴史を知るきっかけを与えてくれる貴重な資料館です。エントランスに堂々と置かれている巨大なアメジストの原石は一見に値します。また鉱物好きにはたまらない世界各地の珍しい天然石も展示されています。併設されているショップではパワーストーンや好物を購入することもできます。入館料は高校生以上は500円で小・中学生は300円です。アクセス方法は、中央道甲府昭和ICより県道5、R52経由、県立美術館方面へ10分です。
Gdlf6eajhl4wj9iadtfz
引用: https://goo.gl/images/qgQFuq
Suihdzl3qmqwsbnqobj4
引用: https://goo.gl/images/nHFuWR
今や世界中の誰もが知っている有名な人形テディベアの歴史の軌跡をたどることのできる博物館です。誕生してもうすでに一世紀以上が経つテディベアですが、現在に至るまでに様々なストーリがあり、それを丁寧に紹介しています。初期のテディベアが展示してあり、現在のテディベアとの違いを比較して楽しむこともできます。併設されたカフェではこのようなテディベアをイメージした可愛らしいパンケーキなどもいただくことができます。家族連れ、カップル、友達同士できても楽しめるオススメのスポットです。アクセス方法は、東富士五湖道路山中湖ICよりR138経由、山中湖方面へ7分です。
Xkmuonmkpzf2w2wcuxnl
引用: https://goo.gl/images/qpx7Hx
山梨県立博物館はメインテーマを「山梨の自然と人を活動の基本におき、山梨の豊かな自然と人々がどのように向き合ってきたのかという歴史を総合的に調査研究し、それらの成果をこれからの地域振興の重要な指針として提示できるような博物館を目指す」ということに重点を置いており、上のような恐竜とのつながりや動植物に関する展示会を定期的にに開催しています。内容は大人から子供まで楽しめるものばかりで、地元の人の憩いの場にもなっています。
山梨県には今回紹介しきれなかった興味深い博物館がまだまだたくさんあります。家族で行くのもよし、カプルでデートに行くのもよしの楽しめるスポットとしてぜひ積極的に訪れてみてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://goo.gl/images/UWiCAj