Lggyzzpghhsfeiosfpgd

カナダ

CATEGORY | カナダ

カナダのおすすめ絶景スポットランキングTOP5【2018年度版】

2018.09.16

カナダには絶景スポットがたくさんあります。日本ではなかなか見ることのできないスケールの大きい大自然の絶景が多く、写真に残したい美しい場所ばかりです。ここでは、カナダでおすすめの絶景スポットをランキング形式でご紹介します。

  1. カナダは写真に残したい絶景スポットがたくさん!
  2. カナダで写真に残したい絶景ランキング5位:グロスモーン国立公園
  3. カナダで写真に残したい絶景ランキング4位:ローレンシャン高原
  4. カナダで写真に残したい絶景ランキング3位:ナイアガラの滝
  5. カナダで写真に残したい絶景ランキング2位:カナディアンロッキー
  6. カナダで写真に残したい絶景ランキング1位:イエローナイフ
  7. まとめ
カナダには、大自然を感じることができる美しい絶景スポットがたくさんあります。ワーキングホリデーでも人気のある国なので日本人も多く見かけることができる国です。ここでは、カナダで写真に残したい絶景をランキング形式でご紹介します。
グロスモーン国立公園は、大陸移動でできた岩の層や地殻変動の跡を見ることができます。世界遺産にも登録されている重要な場所です。公園内では珍しい動物を見ることもでき、自然を満喫することができます。ツアーではアウトドアガイドが同行してくれるため、安心して公園内を楽しむことができるのも嬉しいポイントです。
ハイキングコースなどもあるため、大自然を間近で感じることができます。ツアーは日本語ガイド付きのものもあるため、英語に不安がある人でも安心です。
ローレンシャン高原は、紅葉の名所です。カナダで見ることができる紅葉はメープルの葉で、人間の顔ほどの大きさがあると言われています。ローレンシャン高原は四国と同じ位の広さほどの大きな場所で大自然の景色を見ることができます。
標高が高いため紅葉の時期が早く、9月下旬あたりがピークだと言われています。紅葉は早く終わってしまうのでピーク時に合わせて旅行を計画する必要がありますが、行く価値のある絶景です。
ナイアガラの滝は日本人にとても人気のある場所で、ニューヨークから飛行機で日帰りできるツアーもあります。ナイアガラの滝はアメリカとカナダの国境にありますが、カナダ側の方がおすすめです。間近で見る滝は大迫力で、虹を見れることも多いです。時期によっては船に乗って滝の近くまで行くこともできます。
日本人には日帰りツアーが人気ですが、夜には滝のライトアップもあるため時間に余裕のある人はナイアガラの滝周辺に宿泊するのもおすすめです。
カナディアンロッキーは、北米大陸を縦にまたがるロッキー山脈のカナダ側にある部分をさします。1万年も前から残る氷河を見ることができます。カナディアンロッキーは世界的にも有名で多くのツアーがあるため、日本人でも行きやすい場所です。さらに、人気のナイアガラの滝やオーロラも一緒にまわることができるツアーもあるため、自分の行きたい場所や予算に合わせてツアーを決めてみてください。
モレーン湖は、バンフ国立公園の中にある湖で、カナディアンロッキー内で一番の透明度と言われています。おすすめの時期は6月から8月でカナダドル紙幣にも描かれていた景色を見ることができます。カヌーを借りてモレーン湖を漕ぐこともできます。
一生に一度は見たいと多くの人が思っているのがオーロラです。カナダのイエローナイフは、オーロラの発生率が高い地域であるオーロラベルトの真下に位置しています。実はオーロラは夏でも見ることができますが、おすすめは冬の時期です。冬は日本では考えられないような寒さで、現地で防寒着のレンタルが必要になってきます。
さらに、冬の11月や2月は閑散期にあたるため、ツアー代が安くなることもあります。夏だと日没が遅いためツアーの開始時間が遅くなります。ただし、オーロラ以外にも観光したい場所があるならやはり冬よりも夏の方がツアーの種類は豊富です。自分の行きたい場所によって時期を決めるのがおすすめです。
カナダの絶景をご紹介しました。日本ではなかなか見ることのできない大きなスケールの大自然を見ることができるため遠い日本から行く価値のある場所ばかりです。ぜひカナダの絶景をその目で確かめてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://unsplash.com/photos/Pa8ofq11OGg