Gdpyclrxl82hig1jzrrk

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄のおすすめタコライス店8選【2018年度版】~国際通りなど~

2018.09.16

沖縄県内にはたくさんのタコライス店がありますが、お店によってサイズも味も違い、その店のオリジナルメニューを食べることができるお店もあります。ここでは、国際通りにある沖縄旅行にきた観光客におすすめのお店から遠出してでも食べたいタコライス店をご紹介します。

  1. 沖縄の人気メニュー「タコライス」
  2. 沖縄タコライス発祥のルーツは?
  3. 沖縄のおすすめタコライス店1:キングタコス
  4. 沖縄のおすすめタコライス店2:チャーリー多幸寿
  5. 沖縄のおすすめタコライス店3:ポッケファーム
  6. 沖縄のおすすめタコライス店4:セニョールターコ
  7. 沖縄のおすすめタコライス店5:赤とんぼ
  8. 沖縄のおすすめタコライス店6:ボートレースアンテナショップ
  9. 沖縄のおすすめタコライス店7:タコライスカフェ きじむなぁ 瀬長島ウミカジテラス店
  10. 沖縄のおすすめタコライス店8:吉野家
  11. 沖縄のタコライスには食べ方がある?
  12. まとめ
タコライスは、ご飯の上にタコスの具材をのせた沖縄のソウルフードです。沖縄県民はもちろん観光客も沖縄名物を食べに足を運ぶ人がたくさんいます。ここでは、国際通りにある観光客におすすめのタコライス店から遠出してでも食べたくなるおすすめのタコライス店をご紹介します。
タコライスは金武町にあった「パーラー千里」でうまれたと言われています。当時パーラー千里には米軍兵士がよく食事に来ていましたが、円高の影響で売り上げが落ちてしまいました。そこで、米軍兵士にまた来店してもらおうと安くボリュームのあるものを提供したいと考えられたのがタコライスだと言われています
。現在パーラー千里は閉店していますが、パーラー千里のオーナーが開店したキングタコスが伝統の味を受け継いでいます。キングタコスは現在沖縄でタコライスと言えばキングタコスと言われるほど有名なお店です。
キングタコスはタコライス発祥のお店の味を受け継いでいることもあり、沖縄で一番人気のあるタコライス店と言っても過言ではありません。店舗も沖縄県内にたくさんあり、とても人気のあるお店です。一番人気メニューは何といってもタコライスチーズ野菜です。ボリュームたっぷりのタコライスは、ご飯の上にたっぷりのタコミートとチーズ、レタス、トマトがのって700円です。
テイクアウトの人が多いですが、店内で食べることもできます。テイクアウトで驚くのが、テイクアウト用パックを無視した量のタコライスです。ピリ辛のサルサソースをかけて食べれば止まらなくなるおいしさです。女性ならシェアして食べてもいいくらいの量が入っています。
他にもチーズバーガーやポテト、タコスなど近くにある米軍兵士に人気があることがうかがえるメニューばかりです。沖縄でタコライスを食べたいと思ったら一番に行ってほしいのがキングタコスです。テイクアウトして海沿いで食べるのもおすすめです。
チャーリー多幸寿は、キングタコスと並ぶくらい有名なお店です。チャーリー多幸寿では、タコライスをチャーリーライスと呼ぶオリジナリティーで、創業は60年を超えています。開店当初から販売されていたタコスはとても人気があり、タコスの皮が品切れすることが多かったようです。従業員が余った具材をご飯の上にのせてまかないとして食べたのがチャーリーライスのはじまりと言われています。
オリジナルソースのかかったご飯の上には、タコミートと2種類のチーズがのっています。トマトとレタスは横にそえられていて好みで混ぜながら食べることができます。サイズは3種類から選べるのも嬉しいポイントで、辛さも3種類から選ぶことができるため辛いものが苦手な人にもおすすめです。
さらにチャーリー多幸寿に来たらチャーリーライスの他に、オープン当初から販売しているタコスはぜひ食べてほしいおいしさです。チキン、ビーフ、ツナの3種類があり、食べ比べできるのも楽しみのひとつです。さらに、チャーリーライスかタコスのどっちを食べていいか迷って決められない人には両方合わせたセットもあるため安心です。
チャーリー多幸寿はいくつか店舗がありますが、観光客におすすめなのは国際通りにある店舗です。観光の合間にもよることができる国際通り店は旅行中の食事にもとても便利です。
ポッケファームは、11種類のスパイスを使ったこだわりのタコライスが食べられるお店です。さらにチーズも3種類使用していて、コクのあるタコライスが楽しめます。テラス席があるため、天気のいい日は気持ちいい太陽の下でタコライスを食べることができます。
セニョールターコは、沖縄のショッピングモールであるプラザハウスの中にあるお店です。タコス専門店なので人気メニューはタコスですが、タコライスも絶品だと話題です。サルサソースの辛さが絶妙で止まらなくなる味です。
タコスはパリパリに揚げられた皮に中はもちもちの食感でやみつきになるおいしさです。タコスは1つ200円ですが、3つ入りのプレートは550円とお得です。タコスとタコライスを両方食べるのもおすすめです。
赤とんぼは、国際通りに近い場所にあるので観光客にとても人気のあるお店です。メニューはタコライスとタコスだけのシンプルなお店で、屋台のようなスタイルなのでテイクアウトするのがおすすめです。タコミートとチーズ、レタス、トマトがご飯と相性抜群のタコライスです。
タコライスはサイズが3種類から選べるのも嬉しいポイントで、小腹がすいた時や食べ歩きしたい時でも残すことを気にせず注文することができます。Sサイズは300円という安さなのも驚きです。
タコスは揚げられたハードシェルタイプで、タコライスとセットで購入する人も多いです。女性でもSサイズのタコライスとタコスなら完食できそうです。
ボートレースアンテナショップは国際通りにあるため、観光客におすすめのタコライス店です。ボートレースアンテナショップは競艇に興味がない人でも気軽に入れるカフェのようなお店で、女性客も多いです。タコライスは550円ととても安く、他にもオムライスやタコミートドリアなどメニューも豊富です。
タコライスカフェ きじむなぁ 瀬長島のタコライスは、ふわふわの卵がのったオムタコライスと言われるメニューです。沖縄県内にいくつか店舗がありますが、最近SNS等でも話題の瀬長島ウミカジテラスにある店舗がおすすめです。テラス席では海を眺めながら食べることができます。アボカドものって少しアレンジされたタコスは絶品です。空港からも近いためとても便利です。
実は、牛丼チェーンの吉野家でもタコライスを食べることができます。タコライスはもちろん沖縄限定なので沖縄で安いタコライスが食べたいと思ったら吉野家もおすすめです。吉野家ならテイクアウトもできるため、一人旅で食費を抑えたい人などは、吉野家でテイクアウトしてホテルなどで食べるのもおすすめです。
タコライスを食べるときは最初に具材とご飯をまぜてから食べたくなりますが、まぜずに端からご飯と具材を適量撮りながら食べていくのが沖縄のタコライスの食べ方なんだそうです。好きなように食べてもいいですが、量が多すぎてまぜるとこぼれてしまうというのも大盛にもられたタコライスならではの悩みなのかもしれません。
沖縄のソウルフードにもなっているタコライスの発祥についてや、おすすめのお店をご紹介してきました。タコライスと言えばキングタコスが有名ですが、お店によって味や盛り付けも違うため、タコライスの食べ比べをしてみるのもおすすめです。さらに国際通りにもタコライスのお店がいくつかあるため、観光中にも立ち寄りやすいのも嬉しいポイントです。テイクアウトして海沿いで食べるのも沖縄ならではの食べ方で、ぜひ沖縄の綺麗な海を見ながらタコライスを楽しんでください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/photo-677989/