Wz6jwviy7toxciogxbyp

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

グアムのココス島完全攻略【2018年度版】~ココパームと比較して教えます~

2018.09.20

グアムには、「ココス島」という離島があります。毎年多くの旅行者が日常から離れて、心と身体を癒しに訪れます。そんな「ココス島」を思う存分満喫するための、施設情報やアクティビティなどをご紹介しています。グアムの離島を余すこと無く楽しむための参考にしてみましょう。

  1. グアムの「ココス島」ってどんなところ?
  2. グアムからココス島までどのくらい時間がかかるの?
  3. 【比較】グアムのココス島のアクティビティ
  4. 【比較】グアムのココパームガーデンビーチのアクティビティ
  5. グアムのココス島にはどんな施設があるの?
  6. ココス島のディナーショー「ココス&サンドキャッスル」
  7. 日常を忘れて「ココス島」を思う存分満喫しよう!
ココス島は、白い珊瑚砂が広がるビーチと自然のジャングルに囲まれている、グアムの離島です。この島には、多くの野生の生物が住んでいて、熱帯植物がたくさん生えています。そして、水深の浅いので水の透明度が高く、目の前にはエメラルドグリーンの海が広がる島になっています。
ココス島に行くには、グアム南部にあるメリッソ村の桟橋から、専用のシャトルボートを使って移動します。そして、シャトルボートに乗っている時間は約10分間で、とても近いです。また、シャトルボートが出発するメリッソ村までは、タモンから車で60分かかりますので、主要ホテルから送迎バスを利用しましょう。
ココス島には、多くのアクティビティがあります。たくさんあるアクティビティの中でも人気のある、「ジェットスキー」や「パラセーリング」をはじめ、「シュノーケリング」があり、その他にもまだまだたくさんのアクティビティがあります。ここでは、ココス島を代表する3つのアクティビティをご紹介していきます。

ココス島のアクティビティ①「ジェットスキー」

「ジェットスキー」は、日本で行う場合「小型船舶免許」が必要になります。それが、グアムでは免許を持っていない人でも、「ジェットスキー」の講習を受けることで乗ることができます。ただし、運転は16歳以上からすることができ、1人乗りと2人乗りから選ぶことができます。

ココス島のアクティビティ②「パラセーリング」

「パラセーリング」は、モーターボートに引かれることで浮き上がり、上から海や周りの景色を楽しむことができるアクティビティです。このアクティビティは、5歳以上から参加することができ、「1人乗り」と「2人乗り」を選ぶことができます。ただし、お子様の場合には保護者が一緒ではないと、参加できないので注意しましょう。

ココス島のアクティビティ③「シュノーケリング」

「シュノーケリング」は、ココス島のビーチから直接海に入って、サンゴ礁を観たりきれいな魚達と触れ合うことができるアクティビティです。ココス島のアクティビティの中でも、「シュノーケリング」はお子様でも気軽に参加することができるので、家族揃ってココス島のきれいな海に潜ってみましょう。
ココーパームガーデンビーチには、「アーチェリー」や「シーカヤック」をはじめ、「釣り」などひと味違ったアクティビティを楽しむことができます。そしてここからは、「ココス島」と「ココパームガーデンビーチ」のアクティビティの違いを比較していきます。

ココパームガーデンビーチのアクティビティ①「アーチェリー」

「アーチェリー」は、アクティビティとしては珍しく、ココス島にはありません。そんなココパームガーデンの「アーチェリー」は、的がブイやココナッツで作られていて、グアムらしさがでています。そして、的の中心を射抜くとプレゼントをもらうことができるので、試してみましょう。

ココパームガーデンビーチのアクティビティ②「シーカヤック」

ココパームガーデンのアクティビティの中でも、「シーカヤック」は無料で楽しむことができ、グアムの透き通った海を自由に移動することができます。初めての人でも、ココパームガーデンのきれいな海で、風を感じながら海からの景色を堪能することができるので、試してましょう。

ココパームガーデンビーチのアクティビティ③「釣り」

ココパームガーデンのアクティビティの中でも、「釣り」は無料で楽しむことができます。ココパームガーデンでの釣りは、目の前に魚が見えていても、なかなか釣れないこともあるとは思いますが、ココパームガーデンでは簡単に「釣り」をすることができるので、試してみましょう。
「ココス島」と「ココパームガーデンビーチ」にある、アクティビティの比較をしていきました。ここからは、ココス島にあるさまざまな施設をご紹介していきます。

センターハウス&マリンハウス

「センターハウス」では、お客さまの受付やクーポン券の発行をはじめ、アクティビティの予約を行うことがでいます。そして「マリンハウス」では、ビーチで使う「パラソル」や「椅子」をはじめ、マリングッズのレンタルを行うことができます。その他にも、自転車を借りることができるので、島をまわる際に借りましょう。

プール&ビーチバレーコート

ココス島の「プール」は、ハート形をしていて周りが緑で囲まれているので、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。そして、ココス島には「ビーチバレーコート」が1面だけあるので、ビーチバレーをしたい人は、ロッカールーム棟に借りに行きましょう。

レストラン&バー

ココス島の「レルトラン&バー」では、ランチはビュッフェスタイルで食事を楽しみ、ディナーになると外にあるテラスで、ココス島のサンセットを観ながらバーベキューを楽しむことができます。そして、雨が降ってもレストランは屋根があるので安心して食事を楽しむことができます。最後は、ココス島のディナーショーの「ココス&サンドキャッスル」をご紹介していきます。
「ココス&サンドキャッスル」は、ラスベガススタイルのステージを豪華シアターで行っています。そして、好きなドリンクを飲みながら楽しむ「カクテルショー」や、食事がセットになった「ディナーショー」を楽しむことができます。ココス島に来た際には、「ココス&サンドキャッスル」のディナーショーを味わってみましょう。
グアムの「ココス島」と「ココパームガーデン」のアクティビティの比較や、ココス島へのアクセスの仕方、ココス島にある施設など、ココス島を完全攻略するための情報をご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?時間に縛られずに、最高の休暇を過ごすための参考にしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/davidstanleytravel/24636046575/in/photolist-Dx1bkH-bLjrbX-EmGXTb-jEjurB-bwDohR-26GwUge-bYJXfd-i4xxub-ndRyb7-qvLVVd-cJivZ7-cJimcG-i4xxtE-i4xBYU-23jetZq-pLtx7C-cJiruj-cJivkJ-cJiobm-6dR6MY-cJiwsj-b2CsHa-dKgnp2-93KRs3-cJicG5-21Ymzza-CA3mcF-CJ7nfg-cJidPy-cJirYs-8F74cj-cJigKu-pZWVzL-q1WsJi-8uWVTf-cJitos-WWuSXj-o3k6Y9-hV4hTm-DtttBA-WgKFKN-cJiyRm-cJiiqL-cJissj-hTtbB-qooEQD-XeM8yw-EkaLd5-WdS4Dd-4FYAj5