Cr9q9nyqx43nxw6xf6dv

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄10月旅行の観光スポット11選【2018年度版】~気温や海情報も~

2018.09.16

沖縄といえばきれいな海!10月に沖縄旅行してもまだ海に入れる?どこへ行くべき?旅費は夏よりも安い?本州とは気候も異なるため疑問もいっぱいですよね。今回は沖縄で10月におすすめする海や気温などの役立つ情報とあわせてご紹介していきます。

  1. 【沖縄】10月おすすめの海:気候
  2. 【沖縄】10月おすすめの海:服装
  3. 【沖縄】10月おすすめの海:海は入れる?
  4. 【沖縄】10月おすすめの海①万座ビーチ(恩納村)
  5. 【沖縄】10月おすすめの海②残波ビーチ(読谷)
  6. 【沖縄】10月おすすめの海③アラハビーチ(北谷)
  7. 【沖縄】10月おすすめの海④豊崎美らSUNビーチ(豊見城市)
  8. 【沖縄】10月おすすめの海⑤あざまサンサンビーチ(南城市)
  9. 【沖縄】10月おすすめの海⑥コンドイビーチ(竹富島)
  10. 【沖縄】10月おすすめの海⑦トカシクビーチ(渡嘉敷島)
  11. 【沖縄】10月おすすめの海⑧与那覇前浜ビーチ(宮古島)
  12. 【沖縄】10月おすすめの海⑨古座間味ビーチ(座間味島)
  13. 【沖縄】10月おすすめの海⑩北浜ビーチ(阿嘉島)
  14. 【沖縄】10月おすすめの海⑪マングローブカヤック
  15. おわりに
沖縄は亜熱帯気候の温暖な気候に恵まれており、1年を通しての平均気温が20℃を越します。10月の上旬は夏の気候がまだ続いている時期となり、残暑にあたります。ただ、とは言っても10月です。沖縄にも秋が近づいているのは確実に感じられ、それまでの灼熱の日差しが弱まり、紫外線量は夏の時期に比べると約半分にまで下がります。降水量においても、9月と比べるとグンッと減る時期となり、10月の平均気温は25.2℃と過ごしやすく、気候が安定するこの季節は、観光に最適なシーズンと言えます。
10月の平均気温からもわかるように、日中にはまだ暑さを感じる沖縄です。一方で秋の気配も近くなってきますので、少しづつ朝晩の気温が下がりヒンヤリしてきます。さらに突然の雨が多い地域でもあり、同時に風が吹くと気温よりも肌寒く感じることもあると思います。10月の沖縄旅行では、薄手の羽織りが1枚あるといいですね。日によっては長袖に長ズボンになることも。
10月の平均気温は25.2℃なので、海で遊べるラストチャンスとなります!青の洞窟などのツアーをはじめ、シュノーケリングにダイビング、パラセーリングとマリンスポーツも夏のシーズン同様にイベントを楽しんでいただけます。さらに、夏のハイシーズンに比べ断然安い料金で旅行が楽しめる時期ですので、そういう意味でも是非10月はおすすめしたい季節です。沖縄では3月末に海開きが行われ、10月後半まで楽しめる期間があります。ただ、10月後半になると沖縄本島の海は寒くなってくるので、海水浴を楽しみたい方は南に位置する離島へ行きましょう。離島は透明度も高いので、海で泳いだりダイビングなどのイベントも楽しんでいただけます。
【万座ビーチ(恩納村)】沖縄本島の数あるビーチの中でも最も人気のある万座ビーチ。環境省による「快水浴場百選」では、特選の海水浴場として県内3ヶ所のみ選ばれているうちの一つです。3月上旬から11月末までの期間限定「万座オーシャンパーク」では、大人から子供まで一緒に楽しめる、ロッククライミングやトランポリン、すべり台などが設置されており、たくさんの人で賑わっています。またリゾートホテルでは、ビーチで体験ダイビングやシュノーケリングと、マリンレジャーなどのイベントも充実しています。
【残波ビーチ(読谷)】残波岬の西側に位置する天然のビーチ。本島中部を代表するビーチとして知られており、残波岬ロイヤルホテルに隣接する形になっています。隣には残波岬公園もあり、そちらではアスレチックから広場など充実した施設になっていますので、ご家族で楽しい時間を過ごしていただけると思います。真っ白の砂浜では、歩く度にキュッキュッと砂が鳴り、サラサラの肌触りが心地いいビーチでのんびりされるのもいいですね。
また体験ダイビングやシュノーケリングとマリンレジャーもなどのイベントも豊富に用意されており、夕陽がキレイに見えるビューポイントとしても有名なスポットです。真夏のシーズンとは夕陽も少しづつ見え方が変わってきますので、秋のシーズンお得に安い旅費でぜひ満喫してください。
【アラハビーチ(北谷)】沖縄の人気観光スポットである、「アメリカンビレッジ」の近くに位置するビーチ。バーベキューエリアも設置されているため、家族でアットホームな雰囲気で過ごしたり、ビーチパーティーをしたりと、いつも地元の人々や旅行者などたくさんの人で賑わう人気のビーチ。ちゃんと監視員の方もいらっしゃるので、安心して海で遊べます!
【豊崎美らSUNビーチ(豊見城市)】那覇空港から車でなんと約15分の距離にあるビーチなので、沖縄旅行の最初と最後に海入りたい!という方にピッタリの場所です。豊崎海浜公園内に位置し、県内において最大級となる全長700mにおよぶ白い砂浜が続き、美しい人工ビーチは夕陽のビューポイントとしても人気のスポットです。水平線に沈んでいく夕陽を一望できる展望台もありますので、ぜひお立ち寄りください。
【あざまサンサンビーチ(南城市)】太平洋に面し、沖縄本島の南部に位置する人工ビーチ。2000年にオープンした比較的新しい場所のため、ちょっとした穴場スポットです。沖縄ならではの自然が存分に楽しめ、静かに過ごせる場所は、地元の家族連れや旅行者からも人気を集めています。他の施設に比べ新しい分、更衣室やシャワールームなどの設備が充実しているのも魅力の一つですね。
【コンドイビーチ(竹富島)】真っ白の砂浜は眩しいほど!透きとおる青い海がとても美しいことで知られるビーチ。遠浅に位置するため、波はほとんどありません。そのため小さなお子様連れでも安心して、海で遊ぶことができます。深さは大人の膝ぐらいが続きますので、水着にならなくても足だけ入る海の散歩も気持ちいいです!竹富島自体は小さい面積なので、レンタサイクルで周るのもおすすめします。
【トカシクビーチ(渡嘉敷島)】ウミガメが住んでいることでも有名なビーチです。運が良ければシュノーケリングで一緒泳ぐことができるかも知れません!体験ダイビングやシュノーケリングなど、海で泳ぎたい方には透明度の高いこうした離島がおすすめです。きれいなグラデーションになっている海がどこまでも続き、正面に阿嘉島と座間味島を望みまさに絶景を味わえる場所です。10月なら比較的安い料金で沖縄の離島へ行くことができます。沖縄本島から日帰りで行ける距離ですので、ぜひ足を伸ばしてみてください。
【与那覇前浜ビーチ(宮古島)】言わずと知れた宮古島を代表とするビーチであり、「全日本宮古島トライアスロン大会」ではスタート地点となる有名な場所です。きめ細やかなサラサラの砂浜は全長約7kmにも及び、グラデーションの美しい青い海が人気のビーチ。どのシーズンも混雑することはなく、静かにゆっくり過ごせる穴場スポットですね。夏には体験ダイビングやシュノーケリングなどジェットスキーにパラセーリングも楽しめる所ですので、ご家族や大切な方々と海のイベントを満喫されてはいかがでしょうか?10月の沖縄は、お得に安い料金で存分に遊べるベストシーズンです。
【古座間味ビーチ(座間味島)】座間味島において最も人気を呼んでいるビーチ。島の南に位置し、とてもきれいなサンゴ礁が見られ、さらに少し泳ぐだけで可愛い熱帯魚まで見られる貴重な場所です。夏のシーズンにはビーチパラソルが並び、たくさんの人が訪れ、海水浴にシュノーケリングやダイビングと、マリンレジャーもなどのイベントや、デッキからの眺めも格別なものがあり、思い思いに過ごしていただけるスポットです。
【北浜(にしはま)ビーチ(阿嘉島)】ニシハマと読みますこちらのビーチ、阿嘉島へ行くなら絶対おすすめしたいビーチです!人が多くなくとても良い雰囲気の中、白い砂浜と高い透明度の美しい海を満喫できる場所なんです。天気のいい日の海は格別で、自然の美しさに圧倒されます。阿嘉港から徒歩で約20分の距離になりますので、レンタサイクルもしくは送迎バスを利用されると便利ですね。夏のシーズンよりも安い料金で、存分にきれいな海を満喫できる最高のスポットです。
真夏の日差しが少しづつ弱まり、過ごしやすくなってきたこの季節に楽しみたい沖縄でのカヤック。東村慶佐次に生息する慶佐次川マングローブは、国の指定天然記念物に指定されている貴重な自然の一部です。アマゾンを想わせるマングローブ林は壮大でダイナミック、まるで自然と一体化したような気分を味わえる沖縄ならではのイベントです。そんな大自然をカヤックで間近に感じてみませんか?
10月の沖縄おすすめスポットとして海を中心にご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?沖縄旅行するにあたって、10月は過ごしやすい気温となり、海にも入れてダイビングなどのアクティビティやイベントも楽しめる最適のシーズンです。さらに、ハイシーズンに比べ安い旅行費用で行ける嬉しいこと尽くし!秋の沖縄をお得に安い旅費で満喫できるのが10月です。今回の場所を参考にしていただき、楽しい旅行をなさってください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BntJA8HnELL/?tagged=%E6%B2%96%E7%B8%84%E6%97%85%E8%A1%8C